「Deus Ex: Mankind Divided」のオーグメンテーションデザインにバイオニック義肢の専門家が協力、幾つかの新情報も

2015年4月13日 11:33 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Deus Ex: Mankind Divided」

先日、“Human Revolution”の2年後を描く新作として正式にアナウンスされ、オーグメンテーション利用者が迫害される世界の状況を描いたハイクオリティなCGIトレーラーがお披露目された人気シリーズ最新作「Deus Ex: Mankind Divided」ですが、新たにGame Informerが特集の一環として本作のダークな未来世界の構築にスポットを当てたインタビュー映像を公開し、本作のメカニカルなオーグメンテーションデザインに現在実際に活躍するバイオニック義肢のエキスパート達が協力していることが明らかになりました。

また、本作の製作総指揮を務めるEidos MontrealのJean-Francois Dugas氏がTwitterでファンの質問に応じ、難易度や開発体制など、幾つかの新情報を明らかにしています。

  • Game Informerのインタビュー映像に登場したナラティブディレクターMary DeMarle女史によると、本作のオーグメンテーションデザインに著名なMIT Media LabのBiomechatronicsなど、バイオニック技術のエキスパートが参加し、ゲーム内に登場するオーグメンテーションが現実的で科学的な根拠を持つよう徹底的な調査が行われている。
  • また、Game Informerが公開した映像にはキャラクターの3Dモデルなど、幾つか未見のアセットが収録されている。
  • 製作総指揮を務めるJean-Francois Dugas氏によると、来る“Deus Ex: Mankind Divided”はボス戦でさえも完全なステルスプレイが可能とのこと。
  • Dugas氏によると、前作で印象的だったボスとの会話シーンは“Deus Ex: Mankind Divided”にも引き続き導入される。
  • “Deus Ex: Mankind Divided”には、ハードな難易度を誇る“Give me Deus Ex”モードが再び搭載される予定。
  • “Deus Ex: Mankind Divided”の開発は、前作“Deus Ex: Human Revolution”を手がけた開発者が多く集う同じチームによって進められている。
参考:先日公開された“Deus Ex: Mankind Divided”のアナウンストレーラー

情報元及びイメージ:VG247, Game Informer, Dualshockers

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその119
「4コマ:このババア」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.