共産主義国の入国審査を描いた傑作「Papers, Please」の短編映像化が始動、素敵な撮影現場のイメージも

2017年5月30日 17:26 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Papers, Please」

2013年8月のローンチを経て、その年を代表する傑作として高い評価を獲得した傑作「Papers, Please」ですが、新たに本作を生んだLucas Pope氏が自身のTwitterを通じて“Papers, Please”の短編映像化を報告。見事に再現されたグレスティンの国境検問所と入国審査官となった主人公を撮影した素晴らしい撮影中のイメージが登場しました。

今のところ、短編映像作品の公開時期や詳細は不明ながら、映像化は短編“Freelance”や“Gorbatov”といった作品で知られるNikita及びLiliya Ordynskiy氏が制作を進めているとのこと。

粛々と繰り返される日々の入国審査を通じて、ハードコアなモラル選択や人間の尊厳を揺さぶる厳しい問いを突きつける忘れがたい物語と体験を描いた“Papers, Please”が一体どんな映像作品に生まれ変わるのか、今後の進捗に大きな期待が掛かるところです。

「Papers, Please」
「Papers, Please」
「Papers, Please」
「Papers, Please」

情報元:PC Gamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.