Wolfenstein II: The New Colossus

Frogwaresが“クトゥルフ”を描く「The Sinking City」の都市生成技術を紹介する解説映像が公開

2017年11月14日 22:36 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Sinking City」

シャーロック・ホームズシリーズで知られるFrogwaresが開発を進めている“クトゥルフ”テーマの新作「The Sinking City」ですが、新たにFrogwaresが本作の舞台となる都市“Oakmont”のオープンワールド環境を生成する技術にスポットを当てる解説入りの技術デモ映像を公開しました。

数百種のカスタマイズ可能な建築物を特定のルールと様式に沿うプリセットとして用意し、都市の区画と各地区のプリセットを決定することで、あっというまにプリセットのテーマに沿った区画を持つオープンワールド都市が生成され、個別の建築物修正や区画の名称設定、固有の建築物も任意に追加可能な独自技術の最新映像は以下からご確認下さい。

“Sinking City”はラヴクラフトの作品世界とクトゥルフをテーマに描くオープンワールドの探索/調査ゲームで、超自然的な現象により広範囲な洪水の被害に苦しむ1920年代のニューイングランドを舞台に、主人公である私立探偵が町の調査と超常現象の原因究明に臨む物語を描く作品となっています。

また、舞台となるオープンワールド環境の都市Oakmontのデザインにあたって、都市計画と地理学者の博士号を持つKonstantinos Dimopoulos氏が“The Sinking City”の開発に参加しており、しばしば見られるシェアワールドやマクガフィン的な装置としてクトゥルフを扱わず、都市機能と神話が実際に共存しうる真のラヴクラフト的都市環境の構築を目指すためのアプローチが話題となっていました。(参考:過去記事

余談ながら、本作は元々Focus Home Interactiveが発表したケイオシアムの人気TPRG“クトゥルフの呼び声”のビデオゲーム化プロジェクトとしてアナウンスされた作品で、FocusとFrogwaresの提携終了に伴いこのプロジェクトが“The Sinking City”としてリブート。一方、Focus側の計画についてはフランスのCyanideが現行の“Call of Cthulhu”として全く異なるアプローチの新作開発を進めています。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.