日本語版「Call of Duty: WWII」第1弾DLC“The Resistance”の字幕入り解説映像が公開、PS4向けの国内配信は1月30日

2017年12月22日 23:16 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Call of Duty: WWII」

昨晩、一部武器のバランス調整を含むアップデートが配信された「Call of Duty: WWII」(コール オブ デューティ ワールドウォーII)ですが、新たにシリーズの国内公式Facebookが第1弾DLCパック“The Resistance”(レジスタンス編)の日本語字幕入り解説映像を公開し、海外版と同じく1月30日にPS4向けの先行配信を予定していることが明らかになりました。

レジスタンスをテーマにした新マップの出自や考証、WARモードの概要、ナチゾンビの新チャプター“暗黒の岸”に関するディテールなど、来る新コンテンツの内容を分かりやすくまとめた最新映像は以下からご確認下さい。

第1弾DLC“The Resistance”のラインアップ

■ マルチプレイヤーマップ

  • Anthropoid:ナチス・ドイツ高官を標的とする暗殺計画“エンスラポイド作戦”にインスパイアされたプラハ都市部のマップ。川によって分断される中央レーンやスナイパーが活躍可能な長い側面攻撃用の経路を特色とする。
  • Occupation:Call of Duty: Modern Warfare 3のマルチプレイヤーマップ“Resistance”のリメイクマップ。ドイツによって占拠されたパリの長い脇道を備えた通りと商店が舞台となる。
  • Valkyrie:東プロイセンはマズールィの森に位置したナチスの総統大本営“狼の巣”にインスパイアされた中規模マップ。

■ ウォーモード

  • Operation Intercept:フランスはサン=ローの郊外を舞台とする救出作戦を描く。連合軍は通信施設の破壊を経て、列車を停止させ、レジスタンス兵の解放を目指す。

■ ゾンビモード

  • The Darkest Shore:ミッテルべルクで起こった恐ろしい事件から数日を経て、ドクター・ストラウブがドイツ北部の島にいる事を示唆する情報が得られた。マリーとドロスタン、デュラント、ジェファーソンは霧に覆われた島で再びゾンビ達と戦い、島に隠された秘密を暴かなければならない。
「Call of Duty: WWII」
第1弾DLCの日本語名には“フランス抵抗軍”も存在し、正式名称は今のところ不明
情報元及びイメージ:Facebook, Facebook

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその130
「2コマ:想像通りの美食家」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.