チェコの名門マサリク大学が「Kingdom Come: Deliverance」を中世史の授業に使用

2018年3月19日 11:12 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Kingdom Come: Deliverance」

2月13日のローンチを経て、初週100万本を超える大ヒットとなったWarhorse Studiosの野心的なデビュー作「Kingdom Come: Deliverance」ですが、一部コミュニティで本作の舞台となる1400年初頭のチェコにおける女性の役割や人種に関する描写が議論が呼ぶなか、新たにDaniel Vávra氏が本作の真正性について言及し、チェコの歴史ある名門マサリク大学が中世史の授業に“Kingdom Come: Deliverance”を使用していると明らかにしました。

これは、Daniel Vávra氏が“Googleでチェコの歴史を数分調べたtumblrの自称歴史専門家”による批判について触れたもので、氏は“Kingdom Come: Deliverance”の開発にあたって、大学や考古学の研究所等に所属する20人近い歴史のエキスパートの協力を得たと強調しています。

なお、マサリク大学は“Kingdom Come: Deliverance”を用いて、歴史科学とアーカイブ研究の視点から、史実と物語の関係について学ぶ4回の授業を行う予定とのこと。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその129
「4コマ:ずるずる」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.