ロックピックやセーブ機能の改善など、Warhorseが「Kingdom Come: Deliverance」の新たな取り組みについて言及

2018年2月16日 17:52 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Kingdom Come: Deliverance」

先日、待望の製品版ローンチを果たし、早くも累計50万本販売突破が報じられたWarhorse Studiosのデビュー作「Kingdom Come: Deliverance」ですが、幾つか問題が残る製品版の改善に注目が集まるなか、WarhorseやDaniel Vávra氏が今後の取り組みについて報告し、現状ではやや簡単すぎるロックピックの調整やセーブ機能の改善、アンチエイリアスオプションの拡張、クエストDLCなど、興味深いディテールが明らかになりました。

製品版の発売を報告する第18弾の開発映像
  • 多くフィードバックが寄せられているロックピックの改善が進行中。
  • 現行のオートセーブとベッドでの睡眠、クラフト可能なSavior Schnappsによるセーブに加え、セーブして終了する機能が実装される予定。
  • 次期パッチはフレームレートの低下やクエストバグといった多くの問題を修正予定。およそ2週間程度で配信される予定。なお、Daniel Vávra氏はお気に入りのバグとして愉快なキックバグの映像を紹介している。
  • 同じく次期パッチでアンチエイリアスモードの設定オプションが実装される予定。
  • 既にクエストDLCの開発が進行中。プレイアブルな女性キャラクターの登場が示唆されている。
  • “Kingdom Come: Deliverance”は、今後長期的なサポートを計画しており、現在バグ修正のためにライブ配信とフォーラムを専門に閲覧する10名のスタッフを用意しているとのこと。
  • MODツールのリリースを検討中ながら、今のところ確約はできず、Crytekとの交渉も必要とのこと。
  • ローンチやフィードバックに対する対応に伴い、ドキュメンタリーの製作が遅れている。
75分に及ぶDaniel Vávra氏のインタビュー

情報元:Polygon, PC Gamer, Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその133
「2コマ:やすい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.