フルリメイク版「System Shock」は2020年Q1の発売を目指す、Nightdiveが仕切り直しの背景と進捗に言及

2018年3月24日 17:04 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「System Shock」

2月中旬にプロジェクトの一時的な中断が発表され、方向性の見直しを図ることが報じられていたNightdive Studiosのフルリメイク版「System Shock」ですが、新たにスタジオのCEO Stephen Kick氏とビジネス開発ディレクターLarry Kuperman氏がPC Gamerのインタビューに応じ、計画を中断した経緯や新たなリリース時期の目標について言及しました。

予想を超えるKickstarterキャンペーンの成功と計画の拡張に伴い、当初のビジョンそのものが変化したことに加え、予算の肥大化やパブリッシング提携に絡む企業とのやりとり等を重ねる間にコントロールを失ったと報じられた“System Shock”ですが、Stephen Kick氏はNightdiveが後援者のフィードバックによって、ゲームの方向性を見誤ったことに気付かされたと述べ、当初のUnityデモから生じた大きな変化がまさに自ら引き起こしたものだったと説明。

エンジンの乗り換えや開発を進める過程で、計画が機能過多に陥りはじめ、開発者達がそれぞれにクールだと考える再解釈を重ねたことで、オリジナルの表現から剥離したと語ったStephen Kick氏は、(エンジン乗り換え以降に見られた)新しい解釈が悪かった訳ではないものの、“System Shock”のビジョンに忠実ではなかったとして、計画の見直しが必要だったことを強調しています。

スタジオの目標が、できるだけ早い時期に誓約したゲームを正確に実現しリリースすることだと語った氏は、現時点で2020年Q1の発売を期待していると述べ、既に幾つかのパブリッシャーが本作に興味を示しており、資金面の問題は生じないと説明しています。また、4月には後援者向けにUnreal Engine版の新たな外観が提示されるとのこと。

参考:昨年11月に公開されたUE4版の報告映像
情報元:PC Gamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその129
「4コマ:ずるずる」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.