Red Barrels Gamesの人気ホラー「Outlast」シリーズの累計販売が1,500万本に到達、次回作の話題も

2018年5月15日 11:08 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Outlast」

2017年4月下旬にPS4とXbox One、PC版ローンチを果たし、今年3月末にはNintendo Switch版の販売が開始された“Outlast 2”ですが、新たにシリーズを生んだRed Barrels Gamesを率いる共同創設者の1人Philippe Morin氏がGamesIndustryのインタビューに応じ、シリーズの累計販売がなんと1,500万本に達していることが明らかになりました。

今回のインタビューは、苦難に満ちたシリーズ誕生の道のりと成功への過程にスポットを当てたもので、Philippe Morin氏によると、初代“Outlast”の開発を開始した2011年当時は、投資が全く得られないばかりか(当時はモバイルバブルのまっただ中で、ベンチャーキャピタルはシングルプレイヤーのアクションアドベンチャー向けに50万ドルを投資するよりも、5万ドルを10種のプロジェクトに投資したいと考えていた)、パブリッシャーの興味も引けず、18ヶ月ものあいだほぼ給与無しで開発を続けたものの、最終的にカナダのメディア基金と個人の貯蓄、ローンを併せて100万カナダドルの予算を獲得。最終的に136万カナダドルの予算で初代“Outlast”を完成させたものの、2013年9月のPC版ローンチ時にRed Barrelsの口座はカラだったとのこと。

こういった背景から、コンソール版の発売時にはプロモーションに必要な費用もなく、予てから“Outlast”のフランチャイズ化を視野に入れていたRed Barrelsは、フランチャイズの存在を知る人々を増やす目的でPS4版の発売と同時にPS Plus向けの無料ゲームとして初代“Outlast”を無料で配布。Philippe Morin氏は、この困難な決断が結果的にYouTuberの興味を引いたことでフランチャイズの安定した販売を得る要因になったと説明しています。

Philippe Morin氏によると、最終的なシリーズの累計販売は1,500万本に達し、ディストリビューター向けの配分を除く収益はなんと4,500万ドルに達したとのこと。(※ コンソール版を含む初代の予算は約140万カナダドル、続編はおよそ700万カナダドルだった)

さらに、Philippe Morin氏はスタジオの次回作にも言及しており、同じユニバースを舞台にこれまでのゲームプレイ経験から距離を置く、全く異なるタイトルを強く望んでおり、既にプロトタイプ開発を開始していると伝えています。

情報元:GamesIndustry

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその130
「2コマ:想像通りの美食家」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.