人気シリーズ最新作「Fallout 76」の舞台となるウェストバージニア州への関心が急増中、地元メディアも報道

2018年6月19日 10:21 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Fallout 76」
“Fallout 76”に登場するウェストバージニア州の遊園地“Camden Park”

先日、待望のお披露目を果たし、Bethesda Game Studios初の本格的なオンラインタイトルとして大きな注目を集めている「Fallout 76」ですが、本作の情報解禁に伴い、最新作の舞台となるウェストバージニア州に多くの関心が寄せられており、地元メディアがこれを期待混じりに報じ話題となっています。

ウェストバージニア州の地元TV局WCHSによると、地元の観光情報を扱う“WVExplorer.com”は、これまで1日あたりの利用者数がおよそ2,000人程度だったのに対し、“Fallout 76”のトレーラー公開に伴い、利用者数が1日当たり3万人(15倍!)にまで増加。サイトを運営するDavid Sibray氏は、この増加が観光客の増加につながり、ウェストバージニア州に対するイメージが変わるのではないかと説明しています。

また、ロケーションの1つとして登場することが判明したウェストバージニア州の遊園地“Camden Park”の従業員Autumn Smithersさんによると、“Fallout 76”のお披露目以降、遊園地のTシャツを買い求めるファンの問い合わせが多く寄せられているとのこと。WCHSのインタビューに応じたAutumn Smithersさんは、これまで“Fallout”のゲームをプレイしたことはないものの、ゲーム内の“Camden Park”を見るために“Fallout 76”の購入を考えていると伝えています。

一方、同遊園地のライドスーパーバイザーを務めるShawn Wellman氏は、人気ゲームへの登場が同パークのマネジメントに何らかの影響を与えるだろうと説明。“Camden Park”が日頃から全国的な宣伝を行っていないことから、今後何が起こるのか、その動向を注視していると強調するなど、実在の地域をビデオゲーム向けに解釈しなおす取り組みにおいて、右に出る者はいないBethesda Game Studiosの最新作に熱い期待が寄せられています。

WCHSの記者Gil McClanahan氏がCamden Parkへの問い合わせ増を報告している

なお、“Fallout 76”には以前にご紹介した政府の極秘シェルターを擁するグリーンブライアホテルの登場が判明しており、ホテルに隣接するゴルフ場の存在も確認されていました。

E3における“Fallout 76”のプレゼンテーション、Camden Parkの登場は15分56秒あたり
参考:“Fallout 76”のE3トレーラー
「Fallout 76」
参考:“Fallout 76”に登場するグリーンブライアホテル
「Fallout 76」
参考:実際のグリーンブライアホテル
こちらは“Camden Park”の公式プロモーション映像
グリーンブライアホテルのプロモーション映像
情報元:Kotaku

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.