戦前のウエストバージニアで話題となった都市伝説を紹介する「Fallout 76」のラジオドラマ的なホロテープ映像が5本公開

2018年11月1日 18:32 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Fallout 76」

本日深夜にスタートする11月1日分のB.E.T.A.セッションが目前に迫る期待作「Fallout 76」ですが、新たにBethesdaが来る製品版の発売に先駆けて、戦前のウエストバージニア州で放送された“トワイライト・ゾーン”的な架空のラジオドラマ“テイルズ・フロム・ウエストバージニアヒルズ”のエピソードを収録した5つのホロテープを公開しました。

今回公開された5つのエピソードは、それぞれ“Fallout 76”にも登場するウェンディゴやスナリーギャスター、モスマン、グラフトン、フラットウッズといったクリーチャーをテーマにした内容となっていますので、気になる方は概要と併せて英語版のエピソードをチェックしておいてはいかがでしょうか。

ウェンディゴの呪い

金は諸悪の根源である、と言われます。金銭欲には果てがなく、求めだすとキリがない。ですが限界のある欲もあるのでは? 「ウェンディゴの呪い」は、きっとその疑問に答えてくれます。

「Fallout 76」

見世物屋のスナリーギャスター

「見世物屋のスナリーギャスター」では、カーニバルがタイラー郡移動遊園地にやってきます。ゲームや乗り物を楽しむビリー・ハーディングと父親。そこに現れたバーカーは、世にも恐ろしいアトラクションへとふたりを誘います。

「Fallout 76」

モスマン現る!

怪物が必ずしも地面から這い出てくるとは限りません。ウエストバージニアでは、昔から空を飛ぶ怪物の話が語り継がれています。「モスマン現る!」の舞台は、モーガンタウン市民病院。とある少女、メアリー・スカーベリーがベッドで目を覚ましますが、どうやら少し具合が悪いようです。

「Fallout 76」

グラフトンの獣

「グラフトンの獣」の舞台はグラフトン郊外の丘。奇妙な獣の目撃情報が相次ぐ場所です。それを知らないロビー・コックレルとペギー・マンスフィールドは、ドライブに出かけます。それは満月の夜、ペギーの誕生日のこと…

「Fallout 76」

そこにいるのは誰? フラットウッズの奇妙な出会い

「そこにいるのは誰? フラットウッズの奇妙な出会い」の始まりは、とある夜。ボーイスカウトの少年、フレッド・フィッシャーがいるのは一面の闇の中。どうやら、何かが起き、彼は転落してしまったようです…

「Fallout 76」
情報元及びイメージ:PC Gamer, PC Gamer, PC Gamer, Bethesda.net

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.