封建時代の日本が舞台となるKingdomシリーズ最新作「Kingdom Two Crowns」が正式アナウンス、日本語版を含む発売は2018年12月11日

2018年11月13日 10:25 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Kingdom Two Crowns」

美しいピクセルアートとミニマルなゲームシステムで王国の管理と運営を描く人気2Dストラテジー“Kingdom”ですが、本日Raw FuryがPS4とXbox One、Nintendo Switch、PC向けのシリーズ最新作となる「Kingdom Two Crowns」をアナウンスし、2018年12月11日のローンチを予定していることが明らかになりました。

新たにShuのCoatsinkが開発に協力するNoioの最新作“Kingdom Two Crowns”は、シリーズ初のCo-op要素を導入する新作で、アップデートを通じて導入する複数のエキゾチックなバイオームやキャンペーンモードを特色としており、ローンチ時には封建時代の日本が舞台となる“King’s Two Crowns:Shogun”がプレイ可能となるほか、既に日本語対応を果たすことが判明しています。

味わい深い日本語のナレーションと美しい日本のビジュアルが印象的な“Kingdom Two Crowns: Shogun”エピソードのティザートレーラーは以下からご確認ください。

■ このゲームについて

受賞歴のある「Kingdom」シリーズでは、プレイヤーは何もないところから王国を築き上げる君主の役割を果たす。世界中にいる数多くのプレイヤーが様々な方法を模索し、忠誠心の厚い臣下を登用し、グリードという絶え間ない脅威の夜襲から王国を守った。だが、これまではプレイヤーたちは1人でゲームを攻略し、王国はその場限りのものだった。

「Kingdom Two Crowns」は、やりがいのあるマイクロストラテジーをベースにした人気シリーズの進化系である。新しく導入されたキャンペーンモードでは、君主はグリードを完全に打倒する方法を見つけ出すまで抗うことのできる王国を築き上げなければならない。新しいタイプのユニットを雇用し、先進的な技術を開発して防備を固めよう。周囲を探索して新しい乗り物や深遠な秘密を発見しよう。キャンペーンを進める中で、王国を再訪し、完全に復興することもできる。

だが、1人きりでプレイする必要はない!「Kingdom Two Crowns」システム固有の協力プレイモードを導入したことで、従来のソロプレイで攻略するか、ローカルまたはオンラインでフレンドと協力して攻略するかを選ぶことができる。参加と退出は自由自在だ。

初心者でも、以前からのファンでも歯ごたえのあるプレイを楽しんでもらえること間違いなしだ。だから偉大なる君主よ、勇気を奮え。王が2人いれば、1人よりも強いのだから!

■ アップデートで追加される新たなる大地

「Kingdom Two Crowns」 は、発売後のアップデートで世界中のエキゾチックなバイオームを旅できるようになる。発売初日には、プレイヤーは、封建時代の日本の景観、建築物、文化を題材とする場所を冒険することができる。強力な将軍や女武芸者となり、忍者の助力を得て、兵士たちを率いて伝説の麒麟と戦い、濃密な竹林に隠れ潜むグリードを相手に勇敢に立ち向かうための新しい戦略を練れ。

他にも様々なテーマのバイオームで「Kingdom Two Crowns」の探索、発見、戦略を常に新しいものとし続ける予定だ。各バイオームには固有のスタイルと雰囲気があり、見た目の違いを楽しむだけでなく、統治方法にも変化が出る。

■ 主な特長

  • 新しいキャンペーンモード: 「Kingdom」を成功に導いた従来のマイクロストラテジーがベースとなっており、君主はマルチステージキャンペーンでグリードの襲撃を完全に食い止められる、永く続く王国を築き上げることができる。
  • 2つの王冠がすべてを支配: 1人きりで王国を築き上げる必要はない!ローカルまたはオンラインで、いつでも参加・退出可能な協力プレイで戦略を練り、王国を守り抜こう。
  • 新しい要素、新しい戦略: 技術のアップグレードからユニットタイプ、秘密、敵まで、様々な新要素が導入され、君主は王国を繁栄させるために賢く計画を立てる必要がある。
「Kingdom Two Crowns」
「Kingdom Two Crowns」
「Kingdom Two Crowns」
「Kingdom Two Crowns」
「Kingdom Two Crowns」

情報元及びイメージ:Raw Fury, Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.