World of Tanks

「Epic Games」がFortniteで培ったクロスプラットフォーム機能の導入を支援するUnreal EngineとUnity向けのSDK配布をアナウンス

2018年12月13日 19:07 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Epic Games」

昨年9月、ネットワーク機能の設定ミスによって一時的にPS4とXbox One版“Fortnite”のクロスプラットフォームプレイが有効化され、予てからの公言通りスイッチ1つでクロスプレイが実現できるバックエンドを作り上げていたことが判明した「Epic Games」ですが、本日Epicが国内外のUnreal Engine公式サイトを更新し、新たに“Fortnite”で培った技術に基づくクロスプラットフォームゲームサービスのローンチを発表。2019年を通じて、PCとMac、iOS、Android、PlayStation、Xbox、Switchに対応するSDKに加え、Unreal EngineとUnity上で利用可能なインテグレーションをリリースすることが明らかになりました。

Epicのクロスプラットフォームゲームサービスは、ログインやフレンド機能、エンタイトルメントをはじめ、オーバーレイUI用のAPIやクロスプラットフォームのボイスコミュニケーション、パーティとマッチメイキング、クラウドセーブ、実績/トロフィー対応といった機能を順次実装する包括的なツールで、サービスのラインアップと導入時期をまとめた興味深いロードマップが登場しています。

Epic 2019年 クロスプラットフォーム オンラインサービス ロードマップ

オンラインゲームにおいて、ローンチを成功させ、日々の運用を続けていくには、従来のゲームエンジンの機能や枠組みを超えたサービススイートが必要となります。そうしたサービスを構築し、実戦を経て鍛えることにはお金がかかります。しかし、一度機能する段階になれば、より多くのゲーム、ユーザーに向けてスケールアップすることは比較的安価に行うことができます。

Epic のゴールは、ゲームデベロッパーの成功を助けることです。2019年に渡って、様々なクロスプラットフォームゲームサービスをローンチします。元々はフォートナイトのために作られ、実際の環境で 7 プラットフォームの 2 億人のプレイヤーにテストされ鍛えられたサービスです。これらのサービスは、すべてのエンジン、すべてのプラットフォーム、すべてのストアに対して開かれたもので、すべてのデベロッパーに無料で提供されます。デベロッパーは Epic 提供のソリューションと他のソリューションを自由に好きなように組み合わせて使用することができます。

すべてのサービスはプライバシーに配慮し、GDPR 準拠で運用されます。

Epic のオンラインサービス

オンラインサービスをカプセル化した C SDK と、Unreal Engine 向けと Unity 向けのインテグレーションをローンチ時にリリース予定です。まずはコア機能をリリースし、徐々に拡張をしていきます。具体的な内容は以下になります。

  • クロスプラットフォーム ログイン、フレンド、プレゼンス、プロファイル、エンタイトルメント (PC では 2019年 Q2-Q3、その他プラットフォームでは2019年中予定):複数セッション、デバイスに渡ってプレイヤーを持続的に認識するためのコア機能を提供します。フレンドの識別、無料と有料エンタイトルメントの管理も含まれます。7 の主要プラットフォーム (PC、Mac、iOS、Android、PlayStation、Xbox、Switch)をすべてサポートします。 各プラットフォームが個々のタイトルに対して可能にする範囲において提供されます。
  • PC/Mac オーバーレイ API (2019年 Q3 予定):ゲームタイトルとエンジンに依存しない、ログイン、フレンド、その他の機能を提供するユーザーインターフェースを提供します。
  • クロスプラットフォーム ボイスコミュニケーション (すべてのプラットフォームで 2019年 Q3 予定):Epic はすべてのプラットフォーム、すべてのストア、すべてのエンジンをサポートする新しいゲーム内ボイスコミュニケーションサービスを構築中で、このサービスは無料で提供されます。(今現在、即座に利用できるボイスのソリューションを必要とするデベロッパーの方は、Discord、Vivox、TeamSpeak、Ventrilo、Mumbleを検討してみてください)
  • クロスプラットフォーム パーティーとマッチメイク (すべてのプラットフォームで 2019年 Q3-Q4 予定)
  • クロスプラットフォーム データストレージ、ゲームクラウドセーブ (2019年 Q2 予定)
  • クロスプラットフォーム アチーブメントとトロフィー (2019年 Q3 予定)

ここで挙げたサービスは、第一歩に過ぎません。リリースしているゲームやエンジンでの仕事を見ていただければわかるように、ユーザー生成コンテンツ、ソーシャル機能の強化、アンチチート、といった内容についても開発を行っています。

信頼性

世界中の Amazon Web Service データセンターを主に使用し、次世代のオンラインゲーム、ソーシャル接続ゲームで必要となる、高信頼性と幅広い国際的なリーチを提供します.

人と人を繋ぐ

すべてのプラットフォームを越えてデベロッパーとプレイヤーを繋ぎます。既存のプラットフォームでの関係とプレイヤーアカウントを尊重します.例えば、フォートナイトは 7 個のプラットフォームで完全に相互運用をしています。Epic アカウントに追加して、家庭用ゲーム機ではログインを必要とせず、Facebook、Google、Xbox Live、PSN、ニンテンドーアカウントでのマルチプラットフォームログインをサポートしています。Twitch のアカウント接続もサポートしています。

これらの既存のアカウントとサービスの統合に加えて、シームレスな体験を向上させるため、さらなるアカウント、ゲームサービス、クラウドサービスとの接続について是非パートナーと協力していきたいと考えています。

これから数か月のうちにさらに情報を公開していきますのでお楽しみに。

情報元及びイメージ:VentureBeat, Unreal Engine 4

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.