Update:ペンタゴンが舞台となる追加エピソードや新スペシャリゼーションを含む「The Division 2」のYear1コンテンツ情報が解禁

2019年2月28日 17:05 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp

UPDATE:2月28日17:05
新たに日本語字幕入りの“Year1”トレーラーを追加しました。以下、映像差し替え後の本文となります。

「The Division 2」

3月1日のオープンベータ開幕がいよいよ目前に迫る「Tom Clancy’s The Division 2」(ディビジョン2)ですが、新たにUbisoftが海外公式サイトを更新し、ローンチ後のYear1運用を通じて導入される各種無料コンテンツやYear1パス購入者向けの特典、マイクロトランザクションを含む発売後のマネタイズに関するディテールをアナウンスしました。

また、発売後に導入される新ミッションや8人レイドに加え、多彩なYear1コンテンツを紹介する新トレーラーが登場しています。

新たに公開された“Year1”トレーラー
「The Division 2」
Year1パスに同梱されるコンテンツとアクセスのラインアップ
本日公開された“The Division 2”のTVスポット映像

■ 本編ローンチ直後に導入される無料コンテンツ

  • Tidal Basin(タイダルベイスン):ブラックタスクの拠点が舞台となる4人プレイ可能なコンテンツ。
  • Operation Dark Hour(オペレーション ダークアワーズ):シリーズ初の8人レイド。

■ Year1の無料エピソード

  • ローンチ後に順次登場するYear1のストーリーコンテンツは、全ての本編購入者に無料で開放される。各エピソードには、新しいストーリーミッションやPvP/PvEモード、全く新しいエンドゲーム用のスペシャリゼーション等が含まれる。
  • エピソード1“D.C. Outskirts: Expeditions”(2019年夏配信):ワシントンD.C.の周辺地域を舞台に、アウトキャストとブラックタスクのエリートメンバーを追う2つのメインミッションを導入。新たに開放可能なロケーションに加え、行方不明となった護送車を調査する新たなゲームモードが登場。
  • エピソード2“Pentagon: The Last Castle”(2019年秋配信):アメリカの象徴的なロケーションの1つであるペンタゴンが舞台となる。堅固なペンタゴンの迷宮に隠された何らかの秘密を解明するストーリーが描かれる。
  • エピソード3(名称未発表、2019年冬配信):Year1の展開を終え、よりスリリングな何かへの道を開く。

■ Year1の追加スペシャリゼーション

  • Year1の新コンテンツとして、(それぞれに固有の武器とスキルツリーを備えた)3種の新たなスペシャリゼーションが導入され、アンロック可能となる。

■ Year1パスについて

  • Gold/Ultimateエディションに含まれる“Year1パス”は、以下のコンテンツやアクセスを同梱する。Year1パスは、本編ローンチ後に個別販売が行われる予定。
  • Year1エピソード3種の7日間早期アクセス。
  • Year1スペシャリゼーションの即時アンロック。Year1の運用を通じて、3種導入される新スペシャリゼーションが、実装と同時に利用可能となる。Year1パス購入者以外は、ゲームプレイを通じてアンロックする必要がある。
  • “Classified Assignments”への早期アクセス:Year1パス購入者向けに、8種の“Classified Assignments”に対する専用の早期アクセスが提供される(先行アクセスの期間は不明)。これは、メインストーリー終了後のワシントンD.C.に起こったより多くのストーリーを提示するコンテンツで、クリアに伴い専用のバックパックトロフィーが報酬として得られる。
  • 追加のバウンティとプロジェクト:Year1パス購入者向けに、1週間当たり1つの追加バウンティと、1日当たり1つの追加プロジェクトが与えられる。(この特典付与は2020年3月1日まで)
  • 専用の外観アイテム:Agent Ward衣装とScoutエモート。

■ ローンチ後のマネタイゼーションについて

  • ゲームプレイに直接的なアドバンテージを与えない外観アイテムのみを同梱するアパレルキャッシュが導入され、有料通貨で購入可能となる。(キャッシュに武器やクラフト素材、その他装備品は含まれない)
  • ローンチ後からほどなく、最初のアパレルキャッシュが導入される。通常のアパレルキャッシュに加え、(通常キャッシュとドロッププールが異なる)イベント用のキャッシュも導入される予定。
  • 通常のキャッシュとイベントのアパレルキャッシュは、何れもプレミアムクレジットによる購入以外に、ゲームプレイのアクティビティを通じて入手することも可能。
  • キャッシュから得られるアイテムは重複せず、個々の出現率に(超レア等の)重み付けはない。
情報元及びイメージ:The Division, Ubisoft

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.