「Dragon Age」最新作のリードプロデューサーFernando Melo氏がBioWareを退社、Dragon AgeやMass Effect: Andromedaを率いたベテラン

2019年8月19日 12:41 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Dragon Age」

先日、“Anthem”の開発を率いたリードプロデューサーBen Irving氏の退社が報じられたBioWareですが、新たに“Dragon Age: Origins”や“Dragon Age II”、“Mass Effect: Andromeda”のシニアプロデューサーを務め、「Dragon Age」シリーズ最新作のリードプロデューサーに就任していたFernando Melo氏が8月16日を以て12年間務めたBioWareを退社したことが明らかになりました。

Fernando Melo氏の報告によると、現在は次のキャリアに向けて幾つかのアイデアを検討しているとのこと。また、氏はBioWareの同僚に宛てたメールの文面を公開しており、コードネームMorrisonと呼ばれる“Dragon Age”シリーズ最新作が最も優れた“Dragon Age”経験となる道を順調に進んでいると伝えています。

なお、“The Dread Wolf Rises”のタグラインを冠した“Dragon Age”の新作については、一時Anthemの開発に回っていたお馴染みMark Darrah氏が製作総指揮として復帰したほか、かつてFailbetter GamesのCEOを務め、傑作“Sunless Sea”と“Fallen London”を生んだリードライター兼クリエイティブディレクターAlexis Kennedy氏がストーリー開発に取り組み、The Masked Empireの著者であるPatrick Weekes氏が(Mike Laidlaw氏とDavid Gaider氏の後を継いで)次回作のリードライターを務めることが判明していました。

また、Patrick Weekes氏が編集を務める新たな短編小説集“Dragon Age: Tevinter Nights”の発売も決定し、いよいよ大帝国テヴィンターが次回作の舞台になるのではないかと注目を集めていました。

参考:昨年12月に公開された次回作のティザートレーラー
情報元及びイメージ:Game Informer, PC Gamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.