EAが「Star Wars Jedi: Fallen Order」の好調な販売動向を報告、デジタル販売とPC向けのローンチ記録を更新

2019年11月27日 18:47 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Star Wars Jedi: Fallen Order」

11月15日に待望のローンチを果たし、近年の“スター・ウォーズ”ゲームの中でも出色の出来として非常に高い評価を獲得したRespawn Entertainmentの新作「Star Wars Jedi: Fallen Order」ですが、新たにEAが本作の販売に関するプレスリリースを発行し、幾つかの記録を更新する好調な販売を達成したことが明らかになりました。

EAの報告によると、本作は発売から2週間で最も優れたデジタル販売を達成した“スター・ウォーズ”ゲームとなったほか、EAの“スター・ウォーズ”作品として、最大のPC版ローンチを達成したとのこと。

今のところ、“Star Wars Jedi: Fallen Order”の具体的な販売規模は不明ですが、EAは本作の販売に関する初年度の目標を800万本出荷と掲げており、後期“God of War”シリーズの成功を支えたベテランStig Asmussen氏を迎えて挑んだRespawn Entertainmentの野心作が見事この目標を上回るか、今後の動向に改めて期待が掛かるところです。

参考:「Star Wars Jedi: Fallen Order」のローンチトレーラー
参考:「Star Wars Jedi: Fallen Order」の実写トレーラー“Become a Jedi”

Respawn Entertainmentが手掛ける新たな3人称視点アクション・アドベンチャー「Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー」で銀河を旅して冒険を繰り広げよう。『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』に続く時代、オーダー66による粛清をかろうじて逃れた一人のパダワンを主人公にした波乱に満ちたシングルプレイヤー・アドベンチャーが幕を開ける。帝国とその恐るべき尋問官たちが迫りくる中、ジェダイ・オーダーの復活を目指すために、引き裂かれた自らの過去を拾い上げ、ジェダイの訓練を完了し、新しい強力なフォース・アビリティを身に着けて、ライトセーバーの技をマスターせよ。

自らのアビリティをマスターする中で、プレイヤーはStar Wars映画そのままのシネマティックなライトセーバー戦闘とフォース戦闘をプレイすることができる。敵との戦いには戦略が求められる。それぞれの力や弱点を把握し、ジェダイの訓練を活かして賢く戦い、先に待ち受ける謎を解き明かそう。

Star Warsのファンなら誰もが知るロケーションや武器、装備、敵などはもちろん、シリーズ初となるキャラクターやロケーション、クリーチャーやドロイド、恐るべき敵も登場する。Star Warsの歴史に忠実に、待ち受けるのは帝国に支配されたばかりの銀河系。ジェダイが人々の英雄から追われる立場へと貶められた時代、帝国がジェダイの根絶やしを目論む中で、プレイヤーは残されたジェダイ・オーダーの復活を図るために、生き延びて、滅びた古代文明の謎を探らなければならない。

■ 主な特徴

  • シネマティックで、臨場感あふれる戦闘 – 「ジェダイ:フォールン・オーダー」では、ストライク、パリー、ドッジなどを駆使する画期的なライトセーバー戦闘システムと一連の強力なフォース・アビリティにより、さまざまな障害を打ち破りながら、ジェダイそのものとなって戦うことができる。戦闘システムは直感的だが、マスターするには訓練も必要だ。冒険の中で新しいパワーやアビリティを手にしつつ実践を重ね、そのすべての力を引き出せるようになろう。
  • 新しいジェダイの物語が始まる – 主人公は帝国に追われるかつてのパダワン。ジェダイ・オーダーの復活を目指す計画を帝国の尋問官に悟られる前に、ジェダイとしての訓練を終えなければならない。元ジェダイの騎士や気難し屋のパイロット、恐れ知らずのドロイドの助けを借りながら、邪悪な帝国の手を逃れる波乱に満ちたアドベンチャーが待ち受けている。銀河を旅して、戦闘・探索・謎解きにフォーカスした幅広いチャレンジを乗り越えよう。
  • 銀河を旅しよう – 「ジェダイ:フォールン・オーダー」では、古代の森、荒涼とした岩の大地、不気味なジャングルなどの個性的な世界が探索を待っている。いつ、どこへ向かうかはプレイヤーの自由だ。新たなパワーやアビリティを獲得する中で、以前に訪ねた場所にも新たな探索の可能性が開けるだろう。フォースを駆使して前に進もう。ただし、残されたジェダイを根絶やしにするため、帝国は常に追ってくる。立ち止まることは許されない。
情報元及びイメージ:Dualshockers, Business Wire

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.