「ボーダーランズ3」に人間の腸内細菌研究を支援する本格的なミニゲームが実装、ガイド役はビッグバン★セオリーのエイミー役でお馴染みメイム・ビアリク博士

2020年4月8日 12:17 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Borderlands 3」

先日、2つのミニイベントがスタートした「ボーダーランズ3」ですが、新たに2KとGearbox Softwareがマギル大学やMassively Multiplayer Online Science、カリフォルニア大学サンディエゴ校医学部のMicrosetta Initiativeと提携したゲーム内アーケードゲーム「ボーダーランズ・サイエンス」をアナウンス。ゲームをプレイすることで、人間の腸内細菌環境研究に関連するDNA解析に協力しながら、多彩な特典が獲得できる、まさにジェーン・マゴニガル氏が予てから提唱してきたゲームフルデザインのビジョンを体現するような革新的なコンテンツを導入したことが明らかになりました。

これは、Microsetta Initiativeが収集した腸内細菌の膨大な未整理のDNA配列をマッチングパズル化し、ユーザーのプレイを通じてマッピングするもので、プレイヤーは4種の塩基をヴォルト・ハンターに見立てたパズルを解くことでXPやゴールド、ドロップの質、与ダメージ等を強化する多彩なブースターが獲得できます。

また、今回の取り組みと仕組みを分かりやすく解説する解説映像(日本語版のゲーム内は吹き替え済み)も登場しており、なんと人気ドラマ“ビッグバン★セオリー”のエイミー・ファラ・ファウラー役でお馴染みメイム・ビアリク博士がガイドを務めていますので、プレイ中の方は素敵な解説映像とコンテンツのディテールを確認しておいてはいかがでしょうか。

メイム・ビアリク博士がガイドを務める“ボーダーランズ・サイエンス”の解説映像
参考:ジェーン・マゴニガルがゲームフルデザインについて語ったTEDの講演「ゲームで築くより良い世界」
「Borderlands 3」
“ボーダーランズ・サイエンス”を通じて購入可能な報酬のラインアップ

『ボーダーランズ3』で遊べるインタラクティブなゲーム「ボーダーランズ・サイエンス」実装!

東京 – 2020年4月8日(水)‐ 本日、ビデオゲーム企業であるGearbox Softwareと2Kは、大人気ゲーム『ボーダーランズ3』内でプレイできるインタラクティブなゲーム、「ボーダーランズ・サイエンス」をゲーム本編に実装いたしました。このゲームでプレイヤーは、人体の腸内微生物叢をマッピングすることにより、重要な医学研究の発展に貢献し、その一方でゲーム内報酬も受け取ることができます。この一大プロジェクトは、マギル大学Massively Multiplayer Online Science(MMOS)、そしてカリフォルニア大学サンディエゴ校医学部によるThe Microsetta Initiativeの国際的協力関係から生まれました。エミー賞にノミネートされた「ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則」に出演した女優で科学者のメイム・ビアリク博士も、「このゲームに挑戦してくれるプレイヤーの皆さんへのお役立ちガイド」でこのプロジェクトを応援しています。

「私たちは「ボーダーランズ・サイエンス」を、『ボーダーランズ3』の絶大な人気をソーシャルグッドの発展に活用する好機と捉えています。「ボーダーランズ・サイエンス」は、エンタテインメントと健康に新たな関係性をもたらす先駆者です。スコア、進捗、報酬といった要素をすべて備えているこの革新的なゲーム内ゲームをプレイすることで得られる現実のデータは、研究の改善や病気治療の支援、その他医療分野全般に貢献することでしょう。」

ランディ・ピッチフォード/Gearbox Software共同創設者

人間の腸内には何兆もの微生物が生息しており、その中には炎症性腸疾患や糖尿病、自閉症、パーキンソン病、アルツハイマー病、肥満、アレルギーなど、様々な病気や健康状態に関わっているものも多くあります。こうした微生物叢をマッピングすることは、科学者がそれらについて理解を深め、より正確な診察と患者一人ひとりに合った治療を可能にする今後の微生物叢研究の重要な土台を築くことに役立つものと期待されています。しかし、微生物叢の規模はあまりにも大きく、コンピュータによる解析が容易ではないため、完璧なマッピングは不可能に近い状態にあります。

そこで登場するのが『ボーダーランズ3』のゲーム内でプレイできるミニゲーム、「ボーダーランズ・サイエンス」です。膨大なビデオゲーム人口を活用するこのプロジェクトでは、クラウドソーシングしてプレイヤーのスキルを腸内微生物叢のマッピングに役立てます。これにより、医療研究者がコンピュータに同じことをさせようとした場合と比較して、何十万時間も節約することが可能となります。

「ボーダーランズ・サイエンス」では、腸内微生物叢のDNAを4種類の色と形を持つブロックの連なりとして暗号化します。プレイヤーがこれらのブロックを並べることは、科学者が各微生物叢の類似性を検討する助けになります。パズルを解けば解くほど、プレイヤーは人体の腸内微生物叢の解析に貢献できますし、『ボーダーランズ3』で使える報酬も手に入るので、まさに一石二鳥です。ビアリク博士が「ボーダーランズ・サイエンス」について説明している短編動画は、こちらからご視聴いただけます。

「私たちはゲーム分野での新しいパートナーを常に探していますが、今回の提携はまさに渡りに船でした。シームレスなゲーム体験として科学研究とビデオゲームを結びつけるため、私たちはMMOSを創設しました。今回はまさにその理念の結実です。『ボーダーランズ3』プレイヤーによる微生物叢の研究促進は、ビデオゲームに対する認識を一変させることでしょう。」

アティラ・スザントナー/MMOS CEO兼共同創設者

「「ボーダーランズ・サイエンス」を実現するためにGearboxとそのパートナーを選ぶことに迷いはありませんでした。ゲーム・コミュニティーと生物医学分野が協力し合う環境を整えることにより、この2つの情熱的なグループは、力を合わせることなしには実現できない結果を目指して共に進んでいけることでしょう。」

ジェローム・ヴァルドシュピュール/マギル大学教授

「Borderlands Science」プロジェクトの詳細については、オンラインの「Borderlands Science」にもアクセスしてください。

「ボーダーランズ・サイエンス」をプレイしよう!

『ボーダーランズ3』の「ボーダーランズ・サイエンス」をプレイして、報酬を獲得し、人間の腸内微生物叢の研究を援助しよう。

次に『ボーダーランズ3』のサンクチュアリ IIIに乗船したときは、ドクター・タニスの診療所にある新作アーケードゲーム「ボーダーランズ・サイエンス」をチェックしましょう。マギル大学、Massively Multiplayer Online Science、The Microsetta Initiativeの共同開発から生まれたパズルゲーム「ボーダーランズ・サイエンス」は、プレイすることによって現実世界の科学研究コミュニティを援助できます。

「ボーダーランズ・サイエンス」はDNA鎖をもとにしたシンプルなブロックパズルで、パズルを解くことで腸内微生物叢をマッピングし、それぞれを比較する研究を援助することができます。パズルを解くとゲーム内通貨も獲得できます。通貨を使って、ヴォルト・ハンターの頭部やスキン、ステータスの強化や戦利品の質を上げたり、より多くの経験値を獲得できるようになるブースターを獲得しましょう。「ボーダーランズ3」の戦いの中できっと役に立つはずです。

コンピューターはこうしたデータの解析を常に完璧に行ってくれるとは限らず、小さなミスを重ねることによってその後の分析が台無しになってしまう場合もあります。「ボーダーランズ・サイエンス」はそうした穴を埋める役割を担っています。本作はこの難題を解決するために開発された、極めてシンプルかつ誰にとっても遊びやすいゲームなのです。色のついたタイルは、それぞれがDNA鎖上のヌクレオチドを表しています。それぞれをあるべき場所に動かして、正しい順番に並び替えてください。全てのタイルを正しく並べられるとは限りませんが、皆さんがこのパズルを解くことによって、現実世界のコンピューターの解析エラーを検出するのに役立ちます。

「Borderlands 3」

「ボーダーランズ・サイエンス」のパズルには、ゲームの進行やクリアに必要な目標スコアが定められています。ですが、目標スコアを達成したらすぐに次のパズルに進まなければいけない、というわけではありません。多くの場合は、さらにパズルの配置を工夫する余地が残されているはずです。定められたスコアをクリアし、さらにその先を目指すこともできます。タニスがあらかじめたたき出しているハイスコアを目指してもいいですし、重要な微生物叢研究のデータ収集に邁進するのもいいでしょう。

「ボーダーランズ・サイエンス」で集めたデータが、実際に何に使用されるのか気になるという方もいることでしょう。人間の腸は、糖尿病、うつ病、自閉症、不安障害、肥満などをはじめとした、さまざまな病気や健康状態に深く関わっています。腸内微生物叢をマッピングすることで、研究者たちが腸内環境をよりよく理解し、今後の研究の中で新たな治療薬や治療法を生み出す手助けとなることが期待できます。詳細はThe Microsetta Initiativeをご確認ください。

情報元及びイメージ:Borderlands, MMOS

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.