「サイバーパンク2077」に登場するMad Max風のカスタム車輌“Reaver”と未見のロケーションが確認できるフッテージが公開

2020年5月16日 1:32 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Cyberpunk 2077」

先日、謎の新キャラクター“Takemura”さんを含む可愛いPop!フィギュアの情報をご紹介した期待作「サイバーパンク2077」ですが、先ほどCD PROJEKT REDが映画“マッドマックス 怒りのデス・ロード”の公開5周年を祝うメッセージと共に、“Reaver”と呼ばれるカスタムビークルのごっつい外観と未見のロケーションを紹介する興味深いフッテージを公開しました。

公式Twitterの説明によると、このビークルは“Wraith”と呼ばれるギャングがクアドラ TYPE-66をベースに改造した車輌で、1,000馬力近いパワーを誇るとのこと。

余談ながら、CD PROJEKT REDが“サイバーパンク2077”を通じて映画“マッドマックス”を祝うメッセージに違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、実のところオリジナルの“Cyberpunk”シリーズとMAD MAXの関係は深く、本シリーズの最初期はブレードランナーやニューロマンサーよりも(初代Cyberpunkに参加したライターの1人でもある)ウォルター・ジョン・ウィリアムズの小説ハードワイヤードやロジャー・ゼラズニイの地獄のハイウェイにインスパイアされたMAD MAX系の荒廃したSci-Fi世紀末感の影響が強く、この要素は“Cyberpunk 2020”のプレイアブルなロールの1つ“ノーマッド”達の文化に色濃く受け継がれていました。

また、今回の映像には従来のナイトシティとは大きく印象が異なる荒廃した屋外環境が描かれており、前述のギャングやいかついカスタムビークル“Wraith”がどんな登場を果たすのか、さらなる続報に期待が掛かるところです。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.