コスモドロームと新たなNPCを用意した導入パートや改造パーツの仕様変更を含む「Destiny 2: 光の超越」の新情報が解禁

2020年10月10日 10:59 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Destiny 2」
新たに新規プレイヤーを導くガーディアン“ショー・ハン”

先日、今年の“死者の祭り”が始動した「Destiny 2」ですが、新たにBungieが2020年10月8日分の“今週のBungie”を更新し、11月11日の“光の超越”ローンチ後に導入される新規プレイヤー向けの新たな導入パートに加え、改造パーツの仕様変更に関する興味深いディテールが明らかになりました。

“光の超越”以降の冒頭パートは、コスモドロームが復活を果たし、新たなNPCガーディアンが案内役となり新規プレイヤー向けに丁寧なチュートリアルが提供されるほか、改造パーツの変更点には、強化版パーツの廃止やレイドパーツ向けの新ソケット、シーズン改造パーツ用ソケットの仕様変更といったディテールが含まれますので、プレイ中の方は予め変更点の概要を確認しておいてはいかがでしょうか。

「Destiny 2」
馴染み深いコスモドロームのロケーション
「Destiny 2」

明るく輝け、新たな光よ

この1年、Destiny 2の新規プレイヤー体験について、数多くの素晴らしいフィードバックをいただきました。これまで、プレイヤーは基本的なゲームプレイに慣れるためのミッションを1つだけ与えられ、そのミッションを終えた後は、次はどこに行けばいいのか、何をすればいいのかといった指示もないままタワーで解放されていました。このことが、何から始めたらいいのか分からないという混乱を招いていました。オートライフルを隅々まで磨いているあのロボットは誰? このエングラムは一体どうすればいいの? ザヴァラって何? そこでチームは、Destiny 2の導入部分の再構築を進めてきました。本日は「新たな光」の体験を少しだけご紹介します。

11月11日以降も、新規プレイヤーは私たちが経験したのと同様の形で始まりを迎えます。ガーディアンを探し求めていたゴーストに見出され、最初の蘇生をされます。今までと異なるのは、すぐに船を見つけることにはならないという点です。代わりに、とあるガーディアンに出会うことになるでしょう。

彼の名前はショー・ハンです。ファイアチームと共に、コスモドロームでハイヴが何を企んでいるのかを調査する任務に就いています。彼がプレイヤーにあらゆるコツを教え、Destiny 2のゲームプレイやシステムを理解する手助けをしてくれます。

最初のミッションをいくつかこなしながら、新規プレイヤーはDestiny 2世界の仕組みを徐々に知っていきます。武器を何種類か試してみたり、エングラムを見つけて様々なアーマーを装備してみたり、進行システムを確認したり… また、ユーザーインターフェースの操作方法に慣れる時間を取ることで、クエストやバウンティ、コレクションなどの仕組みを理解することができます。以上のことは全て、タワーに足を踏み入れる前に経験することになります。私たちは、新しくなったこの「新たな光」の体験が、初めてDestiny 2をプレイするガーディアンへのより温かな歓迎になることを願っています。

Destinyコンテンツ保管庫(DCV)からのコスモドロームの復活は、新規プレイヤーの体験を全面的に見直す絶好の機会となりました。ベテランプレイヤーにとっては、懐かしい思い出の地を散策する機会になるでしょう。バンガードの命令で災いの地は厳重に隔離されていますが、それでもガーディアンになったばかりの頃のあらゆる懐かしい記憶を辿ることができます。モスヤードを駆け回ってスピンメタルを集めたり、ステップの階段を下りて強力なハイヴ・ナイトと戦ったり。また、見たことのない失われたセクターに出くわすなど、時折新しい発見もあるでしょう。「新たな光」のクエストに興味があれば、既存プレイヤーの方も11月11日より挑戦することが可能です。

新規プレイヤーの方々が刷新された「新たな光」の体験にどのような反応を見せてくれるのか、ワクワクしています。そして皆さんがコスモドロームの地に再び足を踏み入れる様子を見るのも楽しみにしています。

目覚めの時です、ガーディアン。

改造パーツの変更

「光の超越」まであと1か月余りです。正確には、あと33日です。サンドボックスの更新からあらゆるエコノミーの更新まで、それまでにお話しなければならないことがたくさんあります。サンドボックスは常に注目を集めるトピックです。今日はアーマー改造パーツを使ってゲームプレイ体験をカスタマイズする方法について、少し深く掘り下げてみましょう。

アーマー改造パーツは、リロード速度やスキル回復などのレベルを上げるために使用されます。11月には、皆さんがよく使っている改造パーツの一部に調整が加えられます。一部の改造パーツが強化される一方で、完全に削除されるものもあります。ここでは、開発チームからのコメントを交えながら、パッチノートのプレビュー的なものを見ていきたいと思います。

エネルギータイプ要件

  • 武器関連のアーマー改造パーツ(「装填機(ハンドキャノン)」、「弾薬探知機(フュージョンライフル)」など)は全て、任意のエネルギータイプに変更されました。
    • 上記の変更の結果、アークの光のチャージ改造パーツは全て、同じアーマーに他のアーク改造パーツを装備している場合、または装備中の別のアーマーに他のアークの光のチャージ改造パーツを装着している場合に、2つ目のパークを発動するようになります。

開発からのコメント:アーマー2.0がリリースされて以来、コミュニティからは武器関連の改造パーツからエネルギータイプ要件を削除することを求めるフィードバックが多く寄せられてきました。しかし、エネルギータイプ要件を削除すると、全ての改造パーツソケットに一度に表示される改造パーツの数が3倍になり、煩雑になることを意味していました。

強化版改造パーツの再調整

  • 強化版がある改造パーツ(例: 「強化版装填機(ハンドキャノン)」)については全て、基本改造パーツの効力を強化版と同じ効力まで引き上げました。
    • 結果、これらの強化版改造パーツは廃止され、基本改造パーツのエネルギーコストがわずかに上がりました(ただし、同等の強化版改造パーツに比べるとまだ低コストです)。
  • アーマー全体の改造パーツソケット間における競争を促進するために、異なるスロットに移動した改造パーツもいくつかあります(例: 準備速度効果の改造パーツはアームアーマーのソケットに移動しました)。

開発からのコメント:強化版改造パーツを装備するか、基本改造パーツを2つ装備しないと、改造パーツの効果を感じられない場合が多いというフィードバックをよく目にしてきました。そこで、この2つの問題を解決するために、私たちは全ての改造パーツの効果をプレイヤーが影響を感じられるレベルまで引き上げ、改造パーツの2段階制を廃止することにしました。これまでは、同じ改造パーツを重複させないとあまり効果を感じられませんでした。ですがこの変更により、同じカテゴリーに属する2つの異なる改造パーツ(例えば、「装填機(ハンドキャノン)」と「装填機(ショットガン)」)を同時に装備することが、以前よりも魅力的に感じられるはずです。

要するに、私たちは強化版改造パーツをより低コストで、よりアクセスしやすいものにし、劣等改造パーツを廃止しています。

レイド改造パーツ

  • シーズン12より、「最後の望み」、「救済の庭園」、そして「光の超越」で登場するレイドでドロップするアーマーには、5つ目のアーマー改造パーツソケットが付きます。このソケットは、各レイドの関連改造パーツの専用ソケットです。
    • シーズン12以前に獲得済みの「最後の望み」と「救済の庭園」のアーマーには、この専用アーマーソケットはありませんが、各レイドの関連改造パーツを新しいレガシーアーマー改造パーツソケットに装着することができます。
  • 「最後の望み」の対宿られた兵改造パーツは、レイド「最後の望み」でのみ機能します。
  • レイド「リヴァイアサン」の対ハイヴ改造パーツは廃止されます。
  • 「過去の惨劇」の対フォールンレイド改造パーツは廃止されます。

開発からのコメント:レイドアーマーにレイド改造パーツ専用の5つ目のソケットを設けることで、レイドアーマーがより価値のある報酬になるだけでなく、そのアーマーを使用してレイド内外で使えるビルドを構築できるようになり、これらのレイド改造パーツの使用制限を補うことができます。

対ハイヴと対フォールンの改造パーツの廃止と、対宿られた兵の改造パーツの「最後の望み」限定という制限は、私たちがしばらくの間考えていたことです。これまで、敵の種族に特化した改造パーツは意図されたコンテンツ(この場合、DCVに移されたレイド)の外では非常にバランスが悪いというフィードバックが多くありました。これらはどんな場合でも特定の戦闘員の種族に対して有用であるため、アクティビティのデザイナーやサンドボックスのデザイナーは、これらの改造パーツが各アクティビティのプレイにどのような影響を与えるかを常に把握する必要がありました。これらの改造パーツはギャンビットで問題となる(「装備している」か「装備していない」かで大きな差が生まれる)こと、迷宮では難易度を大幅に下げることが判明しました。

改造パーツの入手源となっていたレイドがDCVに移るにあたり、私たちはこれらの改造パーツとその長期にわたる影響を排除する機会を得ました。対宿られた兵の改造パーツを念頭に置いてデザインされ、バランスが取られていた「最後の望み」については、ゲームの一部として残り、その改造パーツを報酬として提供し続けます。ただし、上記のような広範囲に及ぶ影響を防ぐために、これらの改造パーツを他のレイド改造パーツのように、ドロップしたレイドでのみ機能するようにします。「救済の庭園」のメカニズムに特化した改造パーツに対しては前向きな反応が得られており、今後のレイドではこういった改造パーツがより多く登場することになるでしょう。

戦闘改造パーツ

  • 「光の超越」とシーズン12でリリースされるアーマー、シーズン12以降「最後の望み」と「救済の庭園」で獲得するアーマー、そしてアーマー2.0のエキゾチックアーマー(プレイヤーが既に所有しているものも含む)には、全て戦闘スタイル改造パーツソケットが付きます。シーズン12では、このソケットには光のチャージ改造パーツとウォーマインド・セル改造パーツをはめ込むことができます。
  • シーズン8〜11の間に獲得したアーマー2.0のアーマーは全て、シーズン改造パーツソケットが、単一の統合されたレガシー改造パーツソケットに置き換えられます。このソケットには、光のチャージ改造パーツ、ウォーマインド・セル改造パーツ、ナイトメア狩り改造パーツ、救済の庭園改造パーツ、最後の望み改造パーツを装着することが可能です。
情報元及びイメージ:Bungie

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.