CDPRのQAリードが「サイバーパンク2077」のプレイ時間を報告、175時間を超えてなおクリアならず

2020年11月24日 10:42 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Cyberpunk 2077」

昨日、ジョニー・シルヴァーハンドに関する考察をご紹介した「サイバーパンク2077」ですが、12月10日の世界ローンチが半月後に迫るなか、新たにCD PROJEKT REDのQAリードŁukasz Babiel氏が近頃流行っているミーム“How It Started vs. How It’s Going”(“始まり”と“今”を画像で紹介するもの)に乗って、本作のプレイ時間を報告。175時間43分をプレイしてなおエンディングに到達していないとして大きな話題となっています。

これは、Łukasz Babiel氏がノーマッドで始めたプレイスルーの経過を報告したもので、補足したŁukasz Babiel氏によると、これはステルス多めで最高難易度に挑むスローペースなプレイで、全ての戦利品を獲得しながら、全ての機能を利用しているとのこと。

今のところ、このプレイスルーがあとどれくらいでクリアに至るのか、具体的な進捗状況は不明ですが、“ウィッチャー3 ワイルドハント”のバニラは100%クリアに170~200時間程度必要だったことから、“サイバーパンク2077”のボリュームが“ウィッチャー3 ワイルドハント”並みかそれ以上である可能性は非常に高いと言えそうです。

なお、“サイバーパンク2077”のボリュームについては、メインストーリーが(余りに長すぎると言われた)ウィッチャー3よりも短く、サイドミッションやアクティビティは従来通りたっぷり用意されていると報じられていました。

先日公開された最新のハンズオンでは、冒頭のクレジットに辿り着くまで4~6時間掛かったという話も上がっており、マルチエンディングや3種のライフパスを含むリプレイ性の高さまで考えると、“サイバーパンク2077”が一体どんな規模の作品になるのか、来る発売に改めて大きな期待が掛かるところです。

情報元及びイメージ:VG247, Game Informer

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.