「Dragon Age」には元々ドラゴンが存在しなかった、セダスの父David Gaider氏がフランチャイズ誕生の経緯に言及

2021年8月17日 22:16 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Dragon Age」

現在、アンティヴァが舞台となる4作目の開発が進められている「Dragon Age」シリーズですが、まだ当分先と思われる最新作の動向に大きな注目が集まるなか、セダスの父David Gaider氏や初代のリード環境アーティストIan Stubbington氏、同じく初代のライターJay Turner氏とDaniel Erickson氏、初代のクリエイティブディレクターDan Tudge氏がTheGamerのインタビューに応じ、“Dragon Age”の誕生にまつわる興味深い経緯を明らかにしました。

元々“Dragon Age”にはドラゴンが存在していなかったばかりか、開発当初はそもそも“Dragon Age”の文言すらなく、開発者が作成したランダム生成プログラムによって初めて“Dragon Age”のフレーズが誕生したといった驚きの出自が判明したインタビューのハイライトは以下からご確認ください。

■ TheGamerによるインタビューのハイライト

  • “Dragon Age: Origins”の開発当初、プロジェクトの始動から1年以上経っても正式な名称がなく、一時的な仮名として“Chronicles”と呼ばれていた。ただし、チームの誰もがこの名称を気に入ってはいなかった。
  • 元々この作品の世界は、所謂ハイ・ファンタジーの時代を終えたファンタジー世界だった。既に魔法は衰退し、ドラゴンは刈り尽くされ絶滅していたが、予期せぬ事態としてハイ・ファンタジー時代の過去に存在していたダークスポーンが復活するという状況を描いていた。
  • 具体的なタイトル名の不在が続くなか、最終的にコーダーの一人が名称の簡単なランダム生成プログラムを作成し、ここにファンタジー関連の単語を追加。このプログラムが生成した幾つかの名前をもとに、開発チームの投票によって最終的に選ばれたのが「Dragon Age」だった。
  • “Chronicles”の呼び名が気に入らなかった開発チームは、徐々に“Dragon Age”の名に慣れ親しみ、もはやこれ以外の名前は考えられないと思うほど定着した。ただし、一番の問題は(前述の通り)ゲームの中にドラゴンが登場しないことだった。
  • David Gaider氏は、初代のデザイナーJames Ohlen氏に対し、ドラゴンの時代は何世紀も前の過去であり、ドラゴンを見たこともなければ戦ったこともないになぜ“Dragon Age”と呼ぶのかと文句を言った。James Ohlen氏はこの質問に、いいことを言うねと答え、David Gaider氏に対し、新しいタイトル名に併せてストーリーや設定を変えるよう指示した。これにより、ドラゴンが世界に登場し、(当初はラヴクラフト作品とファイナルファンタジーを組み合わせたような悪役だった)アーチデーモンがドラゴンとなっただけでなく、“Age”に基づく暦システムが誕生。これにより作品に描かれる時代そのものが“Dragon Age”となった。なお、アーチデーモンが巨大なドラゴンとなったのは、開発後期だったとのこと。
情報元及びイメージ:GameSpot, TheGamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.