VerdunとTannenbergに続く第一次世界大戦シューターシリーズ最新作「Isonzo」の発売日が2022年9月13日に決定、新トレーラーも

2022年6月16日 10:51 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Isonzo」

西部戦線の塹壕戦を描いた2015年の“Verdun”と東部戦線の大規模戦を描いた“Tannenberg”に続く、Blackmill Gamesの第一次世界大戦シューターシリーズ最新作として、昨年3月にアナウンスされた「Isonzo」ですが、新たにM2HとBlackmill Gamesが本作の発売日をアナウンスし、PS4とPS5、Xbox One、Xbox Series X|S、PC向けの新作として2022年9月13日の発売を予定していることが明らかになりました。

イゾンツォ川の名を冠した“Isonzo”は、イタリア軍とオーストリア=ハンガリー帝国軍が川とアルプス山脈の支配権を巡り、2年以上に渡って争ったイゾンツォの戦いに焦点を当てる一人称視点のイタリア/アルプス戦線シューターで、新たなゲームモードやクラスシステム、過酷な山岳戦、これまでのシリーズを踏襲する入念な現地調査や研究に基づく史実のリアルな再現を特色としており、高低差の激しい高地で繰り広げられる戦闘を描く新トレーラーが登場しています。

『Isonzo』について

『Verdun』と『Tannenberg』の開発者が手掛けた…

第六次イゾンツォの戦いからアジアーゴの戦いまで、歴史的な攻勢に参加しましょう。実際の戦闘の趨勢を反映し、攻撃側として進軍していくと、丘の中腹の要塞から山の塹壕、激しい市街戦が繰り広げられる街まで、一度の戦闘の中だけでも戦場がめぐるましく変わっていきます。効果音や制服はもちろん、戦いの舞台となりうる家屋、ブドウ園、塹壕に至るまで、すべてが綿密な調査や実地見学をもとに再現されています。

オフェンシブゲームモード

新たなオフェンシブゲームモードでは、イタリア戦線で起きた歴史的大攻勢のまっただ中からスタートします。イタリアの美しい風景を背に勝利の道を進んでいきましょう。有刺鉄線をカットし、山道を通って敵の脇に回り込み、迫撃砲で道を切り開きます。土のうや鉄線を敷き詰め、弾薬箱を置き、塹壕潜望鏡やスナイパー用シールドを取り付けて、ダイナミックな戦場を作りましょう。

本格的な第一次世界大戦の戦闘

史実に基づいたフレアシステムで支援を要請しましょう。フレアガンを使えば砲撃援護や複葉機による機銃掃射のターゲットをマーキングでき、色付きのフレアなら部隊を誘導することもできます。大規模攻撃で敵を弱らせたら、接近戦の出番です。アルディーティの軍刀やマウンテナーのつるはしで敵を片付けましょう。より直接的な火力が必要であれば、数々の重機関銃や迫撃砲、おまけに山砲も用意されています。

クラスシステム

過去の戦争で実在した戦闘上の役割を踏まえた6つのクラスから1つを選び、そのクラスと関連する武器、装備、パークを組み合わせてロードアウトを構築しましょう。柔軟性と多様性を持たせながらも、当時の兵士たちの装備を大きく逸脱しないリアリティを追及しています。ワイヤーカッターを操作し、自分やチームメイトの負傷を手当しつつ、笛の合図と共に敵への襲撃を開始しましょう。1発の銃弾も時には命取りとなり、軽い傷から出血多量になることもありえます。

『Isonzo』において、射撃の腕を上げるだけでは優秀な兵士になれません。地形を把握することもそれと同じくらい重要です。山は敵にも味方にもなります。物陰に隠れ、敵の不意を突き、味方をうまくサポートするためにも、山との付き合い方を覚えましょう。

そして最後に… 恐怖の毒ガスにはくれぐれもご注意を。第一次世界大戦をこれほど忠実に再現したアクションゲームは他にはありません!

主な特徴

山岳戦

山の上にそびえたつ要塞を攻撃し、廃墟となった街で戦い、川を渡りましょう。これらは無数にある敵の陣地でプレイヤーが体験する一部に過ぎません

タクティカルマルチプレイヤーFPS

自分の役割とロードアウトを慎重に選びましょう。スナイパーとなって敵のエンジニアがワイヤーを切断する前に狙撃し、ライフルグレネードで敵の機銃を破壊するなどして、山岳戦を生き延びましょう

第一次世界大戦を題材としたゲームプレイ

史実に基づくオフェンシブモードは実際の戦争を基に、山岳戦で発生する独特の障害に焦点をあてたゲームモードです。第一次世界大戦当時の30種以上の武器、毒ガス攻撃、砲撃弾幕で戦い抜きましょう

勝利を手繰り寄せる陣地作り

自分の手で鉄線、土のうや塹壕潜望鏡などを配置しましょう!守るにせよ攻めるにせよ、戦場を有利に作り変えれば勝利は夢ではありません

兵士たちの外見

それぞれのクラスに史実に基づく制服、アクセサリ、ヘッドギアを装備させ、自分の好きな見た目を作り上げましょう。仕上げとして、時代の空気を感じさせる口ひげも選べます!

史実に基づく第一次世界大戦の雰囲気

地図、武器、音楽から制服まで、あらゆるものが史実に基づき、正確に再現されています。イタリア王国のため、またはオーストリア゠ハンガリー二重帝国のために戦いましょう

情報元及びイメージ:Gematsu, Epic Games

注目タイトルピックアップ

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.