新生“Shadowrun”シリーズ3作品を同梱するコンソール版「Shadowrun Trilogy」が発売、ローンチトレーラーも

2022年6月22日 11:32 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Shadowrun Trilogy」

先日、コンソール対応がアナウンスされた新生“Shadowrun”シリーズを3作品を同梱する「Shadowrun Trilogy」ですが、本日予定通り本作の販売が開始され、Xbox Game Passを含むXbox Series X|SとXbox One、PS5、PS4、Nintendo Switch版が国内外でリリースされました。

また、発売に併せて、“Shadowrun Returns”と“Shadowrun: Hong Kong”、“Shadowrun: Dragonfall”のハイライトや海外メディアの高い評価を紹介するコンソール版のローンチトレーラーが登場しています。

「Shadowrun Trilogy」には、魔法が目覚め、ハイ・ファンタジーの生物たちが蘇った、ディストピア的なサイバーパンクの未来を舞台にした、3つのカルト的戦略RPGゲームが含まれています。30年以上前にテーブルトークRPGとして始まったこの唯一無二の世界設定は、その後30年にわたってカルト的な人気を得てきました。

Shadowrun Returns

「Shadowrun」のサイバーパンクとファンタジーが混ざり合うユニークな世界は、30年以上前に生まれて以来、絶大なカルト的人気を得てきました。約10年前、生みの親であるJordan Weismanが「Shadowrun」の世界へと戻り、この傑作ゲームの世界観をシングルプレイヤー用ターン制戦略RPGへと現代化しました。シアトル大都市圏のスプロール地区で謎めいた殺人犯の捜索を行うあなたは、暗がりに沈んだスラムから、都市最大の巨大企業へとつながる道をたどることになる。

他のランナーの助けを借りながら慎重に歩みを進め、技術と魔法の強大な力を自分のものにしなければ、シアトルの闇から無傷で抜け出ることはできない。

Shadowrun Dragonfall – Director’s Cut

2012年、魔法が世界へと舞い戻り、神話と伝説上の力強き生物たちを呼び起こした。その中の一つ、巨龍「Feuerschwinge」がドイツの山々から前触れもなく現れ、炎、死、そして計り知れない破壊を田園地帯に巻き起こした。ドイツ軍がようやくその龍を仕留めるまでには約4ヶ月を要することとなった――そしてそのときの勝利は「The Dragonfall(龍の陥落)」として知られるようになったのだった。

42年後――時は2054年――世界は変貌を遂げていた。歯止めの効かない技術の発達により、人間と機械の境界は曖昧なものとなっていた。エルフやトロールが往来に混じり、無慈悲な企業が世界を搾り尽くす今、Feuerschwingeの恐怖の時代は遠い記憶と成り果てていた。ドイツは散り散りになり、「Flux State」として知られる安定した無政府状態がベルリンの街を支配していた。そこでは権力とはただ儚いもの、ほとんど何もかもがまかり通り、適切なコネクションを持っているかどうかで成功と失敗が定まってしまうような世界である。

歴戦のシャドウランナーであるあなたとあなたのチームにとって、手っ取り早くを稼ぐのにこれほどよい場所はないのである。

今、新たな危険が、尋常でない混乱と荒廃をもたらしかねない危険が迫っている。それにより、近い将来あなたとあなたのチームは、生死に関わる陰謀に巻き込まれることになる。手がかりはただ一つ――Dragonfallの囁き。噂によれば、巨龍Feuerschwingeがまだ生きていて、復活にふさわしい時を待ち構えているらしい…

Shadowrun Hong Kong – Extended Edition

香港。それは、混沌、戦争、政治的騒乱の海における、安定し繁栄した寄港地である。香港自由商業地域は矛盾に満ちた場所である――第6世界における最大の商業的中枢の一つであると同時に、世界で最も危険で無秩序な地区でもある。明るい光、きらびやかなタワー、せわしない人々にあふれたこの土地では、命が安売りされ、何もかもに値段が付けられている。

シアトルで生活する元犯罪者であるあなたは真面目な生活を送ろうとしていたが、育ての親から中国で会ってほしいとせがまれてから事態は暗転し、警察があなたの逮捕に動いていることが判明する。そして「逮捕」とは、その場で殺されることなのだ!神秘や技術の力を使って戦う、一筋縄では行かない性格のシャドウランナーたちのチームを組織し、エリート企業と警察に対して形成を逆転させよう。リアルタイム探索とターン制アクションの中で、危険な陰謀、企業の強欲、麻薬組織「三合会」、社会的分離、ギャングの戦争に出会うことになる。

注目タイトルピックアップ

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.