53番目のWarframe“Kullervo”を導入する「Warframe」の最新アップデート“Kullervoの7つの罪”が配信

2023年6月22日 12:54 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Warframe」

先日、6月アップデート“Kullervoの7つの罪”のディテールが報じられた「Warframe」ですが、新たにDigital Extremesが国内向けのプレスリリースを発行し、“Kullervoの7つの罪”の配信開始を正式にアナウンスしました。

53番目のWarframe“Kullervo”や新たなクエストを含む“Kullervoの7つの罪”の概要を紹介する最新のリリース情報は以下からご確認ください。

Warframe「KULLERVO:7 つの罪」アップデートで悲劇のヒーローを解放し、デュヴィリの奥深くに隠された暗い秘密を暴け

Digital Extremes、新たなストーリー駆動型クエスト、ゲームプレイシステム、そして 53 番目のユニークな Warframe「Kullervo」でデュヴィリのワイルドな世界を拡張、全プラットフォーム向けに本日配信開始

Digital Extremes は、ストーリー重視の最新アップデート「Kullervo の 7 つの罪」で、Warframe のプレイヤーを荒野のフロンティア、デュヴィリに再び招待します。本日、全プラットフォーム向けに登場する「Kullervo:7 つの罪」は、「デュヴィリ・パラドックス」を発展させ、裏切りと犠牲の悲劇的な物語を探求するストーリー重視のアップデートです。プレイヤーは、横暴な Dominus Thrax によって追放され、デュヴィリの浮遊ダンジョンの奥深くに幽閉された深紅の反逆者「Kullervo:7 つの罪」を暴きながら、複雑なパズルを乗り越え、デュヴィリの新たなゲームプレイシステムを駆使し、何十種類ものカスタマイズオプションを追加してお馴染みの敵を巧みに撃破していきます。プレイヤーは、ゲームプレイを通じて裏切りの力を手に入れ、53 番目のユニークな Warframe Kullervo を獲得することができます。また、Kullervo コレクションで復讐への渇望を即座に解き放つこともできます。

新しいトレーラーを視聴: https://www.youtube.com/watch?v=mAWpM2jBw9c

死刑執行人の無限刑務所の秘密を探る

Dominus Thrax の圧政に逆らう者を投獄するために作られた要塞ダンジョンが再び出現しました。

空虚な地形に覆われた、かつて失われた浮遊島デュヴィリが、歪んだ秘密に覆われ、裏切りに荒廃した姿を現します。デュヴィリ・パラドックスの世界を拡大するストーリー主導型の新しいクエスト「Kullervo:7 つの罪」では、Warframe のプレイヤーを分断されたフロンティアに再び迎え入れ、戦いに傷ついた近接戦闘の戦士であり、53 番目にユニークな Warframe である Kullervo の流浪の裏に隠された謎を解き明かします。

Sorrow Spirals、Anger Spirals、Fear Spirals の期間中にデュヴィリを訪れたプレイヤーは、Kullervo’s Hold を見ることができ、サイド・オブジェクティブとして島を訪れたり、ストーリーのバウンティーのオブジェクティブとして体験することができます。

Kullervo’s Hold にすぐにアクセスしたいプレイヤーは、デュヴィリの現在のムードスパイラルに関係なく、ダンジョンに挑むための特別なノードをデュヴィリ Star Chart で見つけることができます。

Kullervo’s Hold では、プレイヤーはミニボス戦で近接攻撃ベースの Warframe である Drifter と対峙し、彼の強力なアビリティと対決することになります。

勝利したプレイヤーは、アクリシスで Kullervo の設計図と交換できるドロップされたリソースを収集し、クラフトに使用することができます。また、プレイヤーはゲーム内の Warframe マーケットからプラチナで投獄された戦士のロックを即座に解除することができます。

新たな挑戦に挑み、強化されたデュヴィリのゲームプレイシステムに参加しよう

典型的な Warframe の流儀として、「Kullervo:7 つの罪」アップデートは、新しいクエストや Warframe以上のものをもたらします。

このアップデートでは、新たなデュヴィリアンダークロトタイルセットも導入され、Exterminate ゲームモードにサプライズで登場するボスを含む、おなじみの敵との新たな戦闘チャレンジが楽しめます。アップデートにより新たに 15 種類の強力な伝令が追加されたことで、プレイヤーはデュヴィリを駆け抜けるバリエーションが増え、ダメージが 50%増加するが、レアな伝令を入手する確率が+200%される「王者の担保」のような堕落したブーンも追加されます。

7 つの Decree を獲得すると、これまでアンロックされていたデュヴィリ全域のアンダークロフトポータルにアクセスできるようになります。アンダークロフトに入ると、プレイヤーはより難易度の高いチャレンジに挑戦し、より多くの報酬を得ることができる。これらの静的なアンダークロフトポータルを完了すると、プレイヤーは保証されたデュヴィリ Arcanes を獲得できます。

また、このアップデートでデュヴィリに戻ったプレイヤーは、新しいガーデニング・システムで無料で資源を獲得することができます。

デラックス・コスメティックとコレクションでアーセナルをパーソナライズ

ファッションフレーマーが熱狂するような新しいコスメティックの強化がなければ、真の Warframe のアップデートとは言えません。新しい Gauss Kresnik コレクションでは、Gauss Kresnik スキン、燃え上がるような新しい Bolide シャンダナ、そして Hermes の武器にインスパイアされた Acceltra デラックスで、ターボスピードで動き回りましょう。Orizu スーツコレクションでファッションフレーミングをさらに進化させ、折り紙にインスパイアされた Orizu コレクションの繊細でシャープなラインを、選手のオペレーターやドリフターに合わせましょう。また、ヘルメット、サドル、尻尾がセットになった新しい Aethon Kaithe バンドルや、デュヴィリの気分によって表情を変える Coronet Ephemera がセットになった Steed’s Resolve パックで、高貴な Kaithe をアップグレードさせることもできます。また、TennoGen コスメティックスの新ラウンドも登場し、武器のスキン、新しいデザインのアーマー、ランディングクラフトなどのスキンやコミュニティが作成したファン好みの強化アイテムが用意されています。

Warframe の 10 周年を記念して、Digital Extremes は Dex Fashion Frame Captura コンテストを開催します。Warframe のプレイヤーは、Captura 画像、ゲーム内のスクリーンショット、またはイラストを投稿することで、最高の Dex ファッションフレームを披露することができます。さらに 10 名の準グランプリが選ばれ、750 プラチナとエンブレム、紋章、グリフが贈られます。応募はフォーラムにて日本時間 7 月 6 日午前 2 時まで受け付けています。

最新のアップデート情報を入手するには、 Twitch, YouTube, Twitter, Facebook,Instagramwww.warframe.com/ja をご覧ください。Warframe は、PC(Steam、Epic Games Store)、PlayStation®4 および PlayStation®5、Xbox Series X|S、Xbox One、Nintendo Switch™にて無料でプレイできます。

Digital Extremes について

James Schmalz が 1993 年に設立した Digital Extremes は世界でトップクラスの独立系ビデオゲーム開発スタジオの一つに位置づけられています。Digital Extremes は『Unreal』や『Unreal Tournament』 (そしてその全バージョン) を含む、Epic Games の数百万本を売り上げる『Unreal®』フランチャイズ の共同製作から始まり、続いて『Dark Sector®』、PlayStation®3 向け『BioShock®』、『 BioShock 2』のマルチプレイヤー・キャンペーン、『The Darkness® II』の開発を行いました。このスタジオは基本料金無料のアクションゲーム『Warframe®』で同社にとって批評面・商業面で最高となる成功に達し PC, PS5®, PS4®,Xbox Series X|S, Xbox One, Nintendo Switch™では 7000 万人以上の登録ユーザーによるグローバルなコミュニティを誇っています。Extremes に関する詳細については、www.digitalextremes.com にアクセスしてください。『Warframe』に登録するには、www.warframe.com/ja にアクセスしてください。

情報元及びイメージ:プレスリリース

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.