「Modern Warfare 2」 モダンウォーフェア 2

米国の調査会社NPD Groupが11月のゲームタイトル売り上げとハードウェアの売り上げについての調査結果を公開しました。それぞれの11月売り上げランキングは以下のようになっています。

■ ゲームタイトル売り上げランキング

1. Call of Duty: Modern Warfare 2: 420万本 (Xbox 360)
2. Call of Duty: Modern Warfare 2: 187万本 (PS3)
3. New Super Mario Bros. Wii: 139 万本 (Wii)
4. Assassin’s Creed II: 79万4700本 (Xbox 360)
5. Left 4 Dead 2: 74万4000本 (Xbox 360)
6. Wii Sports Resort: 72万0200本本 (Wii)
7. Wii Fit Plus: 67万9000K (Wii)
8. Assassin’s Creed II: 44万8400本 (PS3)
9. Dragon Age: Origins: 36万2100本 (Xbox 360)
10. Mario Kart w/wheel: 31万5000本 (Wii)

なんとゲームタイトルランキングのトップ3のうち2本が「Modern Warfare 2」という結果になっています。MW2強し。さらに、1位のXbox 360版「Modern Warfare 2」は2位のPS3版よりも2倍以上の本数を出荷しているようです。

また、10月に公開されたゲームタイトル売り上げランキングと比較すると11月のデータでは「Uncharted 2」「Borderlands」「Forza Motorsport 3」の3本がランキングリストから外れる事となりました。

そして3位の「ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii」を筆頭に、既にリリースされているタイトルである「マリオカートWii」「Wii スポーツ リゾート」「Wiiフィット プラス」など任天堂タイトルの売り上げは好調のようです。

■ ハードウェア売り上げランキング

1. Nintendo DS — 170万本
2. Wii — 126万本
3. Xbox 360 — 81万9500本
4. PlayStation 3 — 71万0400本
5. PSP — 29万3900本
6. PlayStation 2 — 20万3100本

最近任天堂ブランドの人気低下が囁かれる事が多いですが、まだまだWii、DSといった任天堂製品が1、2位を獲得するなど先ほどのゲームタイトルランキングと合わせて見てもやはり任天堂は強い!といったところでしょうか。さらに年末商戦の最終決戦となる12月、さらにはプチ年末商戦の様相を呈してきている2月のセールスなど、しばらく目が離せない状況が続きそうです。

情報元:GameInformer
「Dante’s Inferno」 ダンテズ・インフェルノ

PS3版が先行してリリースされる事となったVisceral Gamesの新作「Dante’s Inferno」、本日とうとうデモが公開されゲーム性等も含め想像以上のクオリティに仕上がっている事が明らかになりました。さらにPS3では価格はそのままに、いくつかの特典がついた”Divine Edition”がリリースされる事が明らかになりました。本エディションに付属する特典は次の様になっています。

  • デベロッパによるコメンタリー映像
  • Wayne Barlowe氏によるデジタルアートブック
  • サウンドトラック
  • 原作「神曲 地獄篇」のデジタル版
「Dante’s Inferno」 ダンテズ・インフェルノ
Divine Editionのパッケージ画像
本日公開されたインタビュー映像

さらに本日公開されたデモの映像やインタビュー映像、インプレッションなども各所からリリースされ、God of Warクローンと揶揄される事も多かった本作が、その評価のままに素晴らしい作品であるとの高い評価を得ている事も明らかになってきました。プレイ映像を見ているだけでも相当に楽しそうな作品である事がありありと感じられ、さらに発表当初から印象的だったゴア表現や性的な描写など、これでもか!と一切妥協や出し惜しみのない潔い内容になっています。ここまでおっぱいが当たり前に描かれているともはや清々しいという物です。国内版がどうなるか気になる所ですが……。

さらにダンテの動きも爽快感が高く、これまでのビルドに比べてバランスに調整が入ったと思われる “Holy Cross”の攻撃などは、コンボにも組み込みやすくなっており、バリエーション豊かなプレイ感が実現されています。フィニッシュ動作の豊富さも相当な物で、様々なプレイ動画を見てみても同じ敵でも状況に応じて異なったフィニッシュ動作が実現されています。

デモ版のプレイ映像

さらにこの高クオリティな状態で60fps動作を実現しており、非常に滑らかなプレイが可能になっています。Dante’s InfernoはGoWが築き上げたジャンルの再構築を実現するような物では無いものの、それをリズム感良く、残忍で、残酷で、そして何よりも楽しい物に仕上げた素晴らしい作品と言えそうです。Xbox 360のデモ版リリースも12月24日に控えており、2月のリリースがいよいよ楽しみになってきました!さらにデモ版のウォークスルーを25分にわたって収録した動画も公開されています。こちらは完全にネタバレ&性的な表現も多い映像になりますので、閲覧にはくれぐれもご注意下さい。完全プレイ映像をご覧になりたい方は続きからご確認下さい!

(続きを読む…)

これまでも各層の地獄をご紹介してきたVisceral Gamesの「Dante’s Inferno」デベロッパーズダイアリーですが、いよいよ第七圏にあたる暴力者の地獄が公開されました。暴力者の地獄は原作でも大きく扱われており、屋内が多かったこれまでの雰囲気とがらっと変わり屋外マップらしき場所も見られます。原作での暴力者の地獄は大きく三エリアにわかれていますが、それも忠実に再現されている様子。血の河フレジェトンタや自殺者の森もしっかり確認できます。さらにダンテの親友フランチェスコも登場、変わり果てた姿に初めてダンテの人間らしい表情が見られる印象的なシーンに仕上がっています。

さらにプレイの部分でも未見のアクションが多く、日本版「ダンテズ・インフェルノ~神曲 地獄篇~」のリリースも決まり、購入を考えている方は必見の内容となっています。Dante’s Infernoは2010年の2月9日リリースの予定で、対応プラットフォームはPS3、Xbox 360、PSPとなっています。なお日本版は2月18日リリースとなっています。

「Dante's Inferno」 ダンテズ インフェルノ

来年2月18日に日本語版「ダンテズ・インフェルノ~神曲 地獄篇~」の発売が決定し、開発も順調な様子の「Dante’s Inferno」ですが、本作の開発チームが日本時間の明日午前6時から公式サイトにてライブストリームイベントを行うことがわかりました。

イベントにはエグゼクティブプロデューサーのJonathan Knight氏とシニアプロデューサーのJustin Lambros氏も登場し、本作のデモンストレーションを行う予定です。またライブストリームイベント開催にあたって現在Twitterで質問を受け付けており、イベントで回答が得られる可能性もあるようです。

「Dante’s Inferno」は2010年の2月9日リリースの予定で、対応プラットフォームはPS3、Xbox 360、PSPとなっています。

情報元及びイメージ:Destructoid
「大神」

おなじみGame Informer誌の201号において大神やデビルメイクライを手掛け、そして今は大成功を納めたベヨネッタで世間を賑わしているプラチナゲームズ神谷英樹氏へのインタビューが行われています。GI誌から過去のIPに関われるとしたらどれが良いかとの質問に”ビューティフル ジョー”が気になっているとの答えが返ってきたようです。

同氏がカプコン時代に手掛けた作品の数は多数に登り、今も一線で活躍するタイトル達ばかりですが、同氏は自分が関わったIPのうちどれに対しても権利を持っておらず、企業がそれらの続きを作る権利を持っていると明かした上で、率直に言えば自分自信でそれらに取り組んでみたいと作品への愛情を示しています。

これに対して、どのIPに再び関わってみたいかとのGI誌の質問をしたところ、同氏は当初大神の続編を自分で作りたいと考えていたが、実際に続編が作られる(恐らくはDS版の大神伝)と聞いて興味が無くなったと述べ、一旦誰か他の人が自分の作った世界に触れてしまえば、それはもう自分の物ではなく続編を作る事の意味は無いと続けています。さらに同氏はビューティフル ジョーの名前を挙げ、同シリーズの物語が不完全なまま終了しておらず、いつかそれを自らの手で完了させたいとの希望を述べています。

同氏はビューティフル ジョーへの思いに対して、それが非常に難しい事である事も明らかにしていますが、本当に愉快で素敵なタイトルだったビューティフル ジョーが神谷氏の手によって再生するような事があればどんなに素敵かと夢想せざるを得ません。

情報元及びイメージ:GameInformer
Smithsonian

アメリカを代表する博物館と言えるスミソニアン博物館が「ビデオゲームは私たちの文化の一部となった」として「アート・オブ・ビデオゲーム」というタイトルの展覧会を2012年3月6日から9月9日まで3ヶ月にわたって開催する事が明らかになりました。

キュレータはPastPixelsのChris Melissino氏が務めており、スクリーンショットの巨大なプリントやインタビュー、フィルム、アニメーションと様々な展示が行われるとの事で、Atari 2600からPlayStation 3まで40年以上に渡るゲームの歴史をカバーする物になるようです。開催はまだ先ですが展示されるタイトルリストも含めかなり楽しみなイベントになりそうです。

情報元及びイメージ:Shacknews
「Silent Hill: Shattered Memories」 サイレントヒル

いよいよ海外ではリリースとなるシリーズの原点回帰とも言えるシリーズ最新作「Silent Hill: Shattered Memories」、今でも評価の高い1作目のオリジナルサイレントヒルを今に蘇らせた本作はWiiの直感的な操作感とも相まって非常に臨場感の高い恐怖が味わえそうです。なんとも形容しがたい空気感と異様さでは右に並ぶ物のない初代サイレントヒルですが、本作には懐かしい”グリーンベレー”と”魂斗羅”の筐体が登場するようです。ちょっとしたファンサービスの小ネタで、プレイはできない様です。モニター割れてるし……残念。

情報元及びイメージ:GoNintendo
God of War III ゴッド オブ ウォーIII

ゲームの歴史を大きく変えたと言えるGod of Warシリーズ、とうとうトリロジーのフィナーレを飾るシリーズ最新作「God of War III」が来年3月にリリースを迎えます。このトリロジーを成功に導いた開発ディレクターJohn Hight氏はもう4年と7ヶ月に渡ってシリーズに関わっている訳ですが、ちょうど先日同氏のlinkedinにNewIPの文字が発見されました。

さらにはPSN向けの新IPも併記されており、次は同氏がかつて手掛けたflOwの様な粋な小品が登場するのかもしれません。いずれにしてもサンタモニカスタジオの今後の動向には注目という事でしょうか。

情報元及びイメージ:Split Screen
Dante’s Inferno ダンテズ インフェルノ

先日英語版デモ登場の際に気になってお知らせしたDante’s Infernoの日本語版登場?のお知らせは現実だった様です。先日EAが「ダンテズ・インフェルノ~神曲 地獄篇~」の公式サイトをオープンしました。しかも発売日が2月18日!英語版のローンチから1週間足らずで発売という素晴らしい快挙!前作Dead Spaceは国内では残虐性が問題になりリリース出来ませんでしたが、Wii版Dead Spaceに続いてダンテも国内で遊ぶ事が出来るようになりました。めでたい!

と、本当に素晴らしいニュースなんですが、公式サイトがちょっと面白い事になっています。まずタイトルのジャンルが”アルティメット地獄アクション“、キャッチコピーが「地獄の沙汰は、己が裁く。」、新着情報に「罪深き人間よ、地獄の予習だ。」となんかあれ?という文言が並びます。

ダンテズ・インフェルノは思いっきりゴシックでデカダン、所謂退廃的なテイストの素晴らしい世界背景を作り上げたタイトルだと思うんですが、なんだろうこの「街のダニども、全員死刑に 処す」なケビン・ベーコンの”狼の死刑宣告”か、或いはチャールズ・ブロンソンのデス・ウィッシュシリーズテイスト……大体ゲーム化された時点で原作ではへなちょこ&チキンにも程があるダンテ君が格好良くゴシックに生まれ変わった事にも驚いたのが、文化を越えて国内ではダンテがチャールズ・ブロンソンに!アメージングすぎて逆に面白くなってきました。このまま突き抜けて国内でのセールスもぶっちぎって欲しい所です。頑張れダンテ!

文明が成熟し豊かになっていくと娯楽がだんだんエクストリームな事になっていくのは、これまでの歴史がありありと証明してきており、人間の深い業がその姿を表に現すほにゃららと言う事で、やはりゲームやスポーツは、食や性産業といった娯楽に並んで最もエクストリームな事態が起こりやすいジャンルだと言えます。

ということでお馴染みのGamesradarのトップ10企画、今回はエクストリームなコントローラトップ10です。大体どっかで見たようなアイテムが並ぶ馬鹿入力デバイス企画ですが、今回はなかなか面白い物が揃っています。それでははりきってどうぞ!

10位:ブーツフェティシスト用Pongコントローラ

コントローラー

もうのっけからぶっ飛ばし過ぎなコントローラの登場です。イギリスの発明者が考案したブーツフェチの為のPongコントローラです。これは対戦用のデバイスで、ミスしたプレイヤーには電動ムチによるwhip!と電気ショックが褒美として用意されるというなんだかよくわからない事になっているコントローラです。さらにムチの強さはお好みでダイヤル調整可能と言う実用的なんだか実用的じゃないんだか、そもそも好きな人にはたまらないのか……これ?なんか違う様な気がするのがやはりエクストリーム足る所以。

コントローラー

しかしこれをMの人が二人で対戦するかと思うと色んな事が判らなくなります。ちなみにブーツフェチは戦争倒錯に派生するフェティシズムの一つで多くの場合ミニスカートとセットで機能します。両性の性的な象徴とされる足をミニスカートで露出し、ブーツで隠すという一件矛盾するこのフェティシズム自体がそもそもエクストリームであるとも言えそうです。しかし……いきなり素晴らしいスタートダッシュでこの先が思いやられます。

(続きを読む…)

UMD

UMDドライブを廃してデジタル流通に本格的にシフトし革新的なハードとなったPSPgoですが、国内でのセールスは苦戦しているとの話が多く聞こえてきており、やはりこれまでのUMDディスクが使えない事がかなり敬遠される理由になっている様子です。そんな中、外付け外部UMDドライブの噂が聞こえてきました。

海外情報サイトのCVGによると、Logitechに近い情報筋が同社が外部接続のUMDドライブを開発中であると語ったとの事。それ以上の詳細は明らかになっていませんが「一つ問題は、PSPgoが少しかさばる事になる」とだけ加えられています。CVGがLogitech UKに問い合わせた所、「私たちには判りませんが、USオフィスが取り組んでるのかもしれません」と返事があったとの事で、現在他所からのレスポンス待ちの様です。

すでに新型PSPの噂も出てきている上に、UMDドライブを復活させたPSP-4000の登場まで囁かれるPSPですが、革新的なハードであるはずのPSPgoがこれからどうなってしまうのか、外付けUMDドライブも本末転倒な気がしないでもない今後の動向に注目です。

情報元及びイメージ:VG247

映画版Prince of Persia: The Sands of Timeの素晴らしいトレーラー

商標登録が発見され、シリーズの生みの親Jordan Mechner氏が復活すると噂されているPrince of Persiaシリーズ最新作「Prince of Persia: The Forgotten Sands」がUbisoftから正式に発表されました。先日お伝えした近日アナウンスのはFar Cry 3ではなく、PoP新作という事になりました。

Prince of Persia: The Forgotten Sandsはまだ対応プラットフォーム等についてはコンソールと携帯機器向けとだけ明かされており、リリースは5月に行われるとの事。UbisoftのボスYves Guillemotは今回の発表で「PoPではカジュアルゲーマーとコア層の両方に訴求できる作品をゴールとしている」と述べています。

Jordan Mechner氏開発のPoP前作に登場した短剣The Sands of Timeの時間を操る能力も要素として再び登場するようですが、さらなる新要素もあれこれと用意されている模様です。今作The Forgotten SandsがThe Sands of Timeとどのように絡む事になるのか、続報を待っていたいと思います。

情報元:TVG, N-Europe
Dante’s Inferno ダンテズ・インフェルノ

先日お知らせした「Dante’s Inferno」のデモリリースのニュースですが、公開日が本日明らかにされました。PS3版が来週12月10日に、Xbox 360版がクリスマスイブの12月24日に登場する事になっています。今回公開されるデモは最初のステージとなる地獄への入り口”Gates of Hell”を収録した物となっています。

さらにちょっと気になるのがamazonでダンテズ・インフェルノ(仮称)のPS3とXbox 360、そしてPSP版が追加されています。まだ予約も受け付けていませんが、もしかすると日本語版の発売が進められているのでしょうか。

Visceral Gamesの前作Dead Spaceは残虐描写の問題で日本ではリリースされませんでしたが、今作がどうなるのか非常に気になる所です。Dante’s Infernoは2010年の2月9日リリースの予定で、対応プラットフォームはPS3、Xbox 360、PSPとなっています。

情報元及びイメージ:VG247

アメリカとカナダにおけるゲームのレーティング審査機関ESRB(Entertainment Software Rating Board)が先日iPhoneでESRBのレーティングを調べる事ができるアプリケーションをリリースしました。実際にiPhoneにインストールして調べてみたところ、先ほどニュースにしたスーパーストリートファイター4の尻に関するサマリーもしっかり表示されており、本サイトで見られるデータと同等の物がしっかりと表示されていました。

映像では母親が子供が欲しがるゲームタイトルをこのiPhoneアプリで検索してダメだしする様子が描かれており、レーティングに関するニーズや興味が年々重要視されてきた様子がありありと伺えます。

情報元:Shacknews

先日にはドイツからデモ版も登場したジェームス・キャメロン監督の新作映画Avatarのゲーム「Avatar: The Game」、すでに11月24日にリリースを迎えた本作は映画にひけを取らないシネマティックなタイトルに仕上がっています。キャンペーンモードはCo-opプレイも可能な本作ですが、今週から来週にかけてマルチプレイも可能になるとの事で新しいトレーラーが公開されました。

映像からはAvatarらしいど派手さでアバターとトルーパーが争う様子が描かれており、種族間で全く違うプレイ感での対戦はなかなか楽しそうです。Ubisoftのモントリオールスタジオが開発を手掛けたアクションアドベンチャーのAvatar: The Game、対応プラットフォームはPC、PS3、 Xbox 360、Wii、PSP、DSとなっており、PS3とXbox 360ではanaglyph 3Dを利用した3D映像にも対応しています。

情報元:Joystiq

アジアを中心にはなっからアウトなパチもの実写化作品というのが様々存在しますが、今日はス○リートファイター的な映像をご紹介します。1本目はいきなり大御所ジャッキー・チェンも登場、めちゃくちゃなワイヤーアクション、変な本田、ガリガリのガイル、ちょっと太いダルシム、そして謎のアフレコ、最後にジャッキーが春麗にコスプレまで、懐かしいシティー・ハンターの実写版の1シーン。どうしてこうなったんだろう……。

そして2本目は香港映画「Future Cops」のトレイラー、2050年の近未来を舞台にガイルにケンに変なバルログにおかしなベガ、そしてなぜか悟空?まで登場してもう何が何だか全く判らないというか、らしいというか……謎の衝動に突き動かされている素晴らしい映像が見られます。波動拳とソニックブームの撃ち合いがいやすぎる。あと後半突然現れるクレジットが唐突すぎて愉快です。そういえば最近こういう海外のアウトネタも以外と少なくなってきた様な気もしますね、なんだか懐かしい!

情報元:GoNintendo

セーレムとリオスが帰ってくる続編「Army of Two: The 40th Day」、前作の弱点を大きくカバーしてかなり魅力的なタイトルに仕上がりつつあるようです。今作ではゲームプレイの楽しさやボリュームの充実が計られ、システム的も色々追加されており、武器のカスタマイズなどもかなり柔軟な物が用意されています。

そんな本作の柔軟な武器カスタマイズの凄さが確認できる映像が公開されました。この映像ではAK-47とM107を実際にカスタマイズする様子が描かれています。M107はペイント機能の紹介ですが、AK-47の方では様々なパーツに換装されて、ドラムマガジンに銃剣にサイレンサーにスコープ、グレランのアタッチメントまで山盛りにして、元がなんなのかわからない程に魔改造されている様子が見られます。

これがマルチプレイにも適用されるのであれば、なかなかカオスで楽しそうな事になりそうです。期待の続編Army of Two: The 40th Dayはヨーロッパでは2010年の1月8日、北米では1月12日リリースの予定で、対応プラットフォームはXbox 360、PS3、PSPとなっています。

情報元:Shacknews

10月にお知らせしたBlu-rayタイトルにPSP用デジタルコピーが同梱されたBlu-rayタイトルが発売されると言うニュースですが、いよいよ対応タイトルの”Godzilla”と”The Ugly Truth”(邦題:男と女の不都合な真実)、”Angels & Demons”がリリースされ、実際にPS3からPSPにデジタルコピーのデータが転送できるようになりました。

このデジタルコピーの同梱タイトルを実際にデータ転送する様子が海外情報サイトのJoystiqで公開されています。映像では対応タイトルをPS3に挿入するとBlu-rayデータとPSP用のSDデータが2種類のアイコンとして表示される様子が見られます。さらにPSP用のデータをアクティベートする為にPSNへログインして12桁のシリアル番号を入力する必要がある事が書かれています。

PSP用データのサイズはおよそ2GBで、PS3からPSPへの転送は5分程かかる模様です。また、気になるPSP用デジタルコピーの映像品質はファンタスティックだとの事。対応タイトルが沢山出てくれば、PSPとBlu-ray共に良い付加価値と言えるのではないでしょうか。

情報元:Joystiq
sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその118
「4コマ:じじい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.