ベスト?じゃなくて忘れられない衝撃的なゲームオーバー画面トップ10!!!

2009年8月25日 11:05 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
gameover

近頃、ゲームをやっていてもあまり見る事がない?ような気がしないでもないゲームオーバー画面。しかし失敗の体験と言う物は良く憶えている物で、石の中に居たり、復活の呪文を書き間違えていたり、不思議といつまでも忘れられないものです。そんな訳で今日はVGChartzが選んだベストなゲームオーバー画面トップ10をお届けします!

10位. 13日の金曜日 (ファミリーコンピュータ)

残念ながらいや残念でもない気がする日本では未発売の13日の金曜日(Friday the 13th)がまず10位にランクイン、13日の金曜日の舞台となるニュージャージー州ブレアーズタウンのクリスタルレイクで主にゾンビ達と戦う怖くもなんともないすぎる残念ゲーです。但し無味乾燥なテイストで友人達とプレイヤーの死を告げるゲームオーバー画面は嫌な感じ度満点!後味悪すぎです。

9位. テレロボクサー (バーチャルボーイ)

Teleroboxer

時代を先取りしすぎて誰も付いてこれなかったバーチャルボーイでリリースされたテレロボクサーが第9位です。なかなか良く動くおもしろいゲームだったんですが確かに難易度が高かった覚えがあります。しかしゲームオーバー画面こんなだったっけ……思い出せないorz

8位. 忍者龍剣伝 (アーケード)

あああ……なんどこの画面を見たことか数えられないゲーマーも多いのではないでしょうか、本当に嫌すぎる!大体レバーの握り部分のボタン操作が難しいすぎる。それだけに首刈り投げの気持ちよさも格別だった気もしますが……。しかし負けてから丸鋸が降りるまでの過程を想像するとぞっとしません。忍の目がまた本気で嫌そうで泣ける。

7位. モータルコンバット 4 (アーケード/PC/N64/PlayStation)

実写取り込みのキャラクターからポリゴンキャラに進化したモータルコンバット 4、3Dになったおかげでカメラワークや演出なども大胆になり、同様に進化したゲームオーバー画面はほんと夢に見そうな出来。10秒も落下したくない……この井戸500m近くあるのかゴクリ

6位. クロノ・クロス (PlayStation)

難易度がさほどでもなかった所為かあまりゲームオーバーの記憶が残っていないクロノ・クロス、「運命は、逆らう者には容赦しない……」というメッセージと共にスクウェアらしい素晴らしく切ない音楽でゲームオーバーを演出しています。

5位. ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 (N64)

結構本気で怖かった「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」、こんなにスケールが大きなゲームオーバーはなかなかお目にかかれません。しかし3日間のシステムといい、ムジュラの仮面は見せ方やリズム感が本当に素晴らしいですね。

4位. メタルギアソリッド (PlayStation/PC)

ゲームオーバーと言えば絶対に外せない1本。すねえええく!すねえええええええええええええええく!やはり海外でも大人気!!個人的には大佐のらりるれろ連呼が大好きです。

3位. Conker’s Bad Fur Day (N64)

3位にはコンカーズがランクイン!可愛い見た目とは裏腹に下品でブラックユーモア満載の名作ですが、エンディングもそれにふさわしい嫌な感じに仕上がっています。

2位. みんな大好き塊魂 (PS2)

いつも楽しい塊魂のお仕置きゲームオーバーが2位にランクイン!芸が細かいwwwwこういう丁寧な作りってのは本当に素敵ですね。

1位.Total Distortion (PC)

ゲームオーバーと言ったらこれしか無い!文句無しの1位は天才(奇才)ジョー・スパークスのトータルディストーション!歌も演奏もキャラクターデザインもジョー・スパークスの手によるこのゲームオーバー画面は絶対に忘れられない素晴らしい出来。

ちなみにこのトータルディストーションは音楽PVの監督として雇われたプレイヤーが謎の惑星に送り出され、作品の素材などを集めてPVを作ったり、百面相をしたり、格闘ゲームをしたり、ビートニク詩人が即興詩を歌ったり、なぜかギターを担いだ宇宙人やゾンビと戦ったりしてお金を稼いで地球に戻るゲームです。何を言っているのか自分でもよくわからないけどもそういうゲームなので他に言いようがありません。

ラディスカル&デビルドール以降作品のリリースが無いジョー・スパークス……またゲーム作らないかなorz

という事でお届けしましたゲームオーバー画面トップ10!いかがでしたでしょうか。近年はマルチプレイやMMOの増加、シングルプレイでも難易度をかなり自由に選べたりでゲームオーバーと言う物自体が若干減っている気がしないでもありません。しかしユーザーの事なんざしったこっちゃねえ!くらいの勢いで無味乾燥に、時にはどうしようもない現実を一方的に突きつけてくるゲームオーバー達という物もなかなか味のある物だと改めて感じました。

情報元及びイメージ:VGChartz、イメージ:Deviantart

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.