Wolfenstein II: The New Colossus

[Update] 暗号解読第6回:「Call of Duty: Black Ops」の暗号サイトにログインフォームが登場、そして……さらなる超展開が

2010年5月27日 3:19 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp

UPDATE:5月27日10:05

公式トレーラーに登場した”GK”のロゴ画像を本文中後半部分に追加しました。以下、アップデート前の本文となります。

短い暗号と不可思議な短音のメロディ、そして奇妙な音から構成される今回の暗号

ここまで5回に渡ってお届けしてきた「Call of Duty: Black Ops」の暗号サイトGKNOVA6の謎ですが、恐らく暗号は5回分だろうと予想された内容の解読が終わり、このサイトとTreyarchの関連、冷戦に絡む様々なモチーフ、そして前回は本作への布石とも考えられるような謎の組織や何らかの人体実験に纏わる文書などが登場し、ますます本作との関わりが気になって仕方がない状態になっています。

5回で暗号が終わりと思われたGKNOVA6ですが、先日なんとサイトが再び更新され、新たな暗号と共にTVモニターの画面にログインフォームが登場しました。どうやら今度はログインする為のパスワードを入手する事になるようです。

という事で解読の方を進めていきますが、今回はこれまでの展開さえ準備段階だったのかとも思える様な超展開が待ち受けています。これまでの経緯と今後について興味がある方は以下のリンクからご確認頂ければと思います。

ここからの解読内容はARG的なネタバレになりますので、閲覧にはくれぐれもご注意下さい。

という事でまずは新たな暗号の内容を確認して行きます。今回の文字として認識出来る暗号は以下の様になっています。

M O D G K 0 9 8 4 2 4 2 P
TRD * SRA * SRC * DRB * IRE

さらに暗号の後に続く謎の音波の様な箇所はこれまでの流れから画像が埋め込まれていると予想できます。前回のswfファイルに記された音声ファイルへのリンクから今回の暗号に使われているmp3ファイルをTemporal Frequency解析で覗いてみると次の様なイメージが発見されました。

「Call Of Duty: Black Ops」 コールオブデューティブラックオプス

/(- -FREEDOM)+-“と書かれたこの画像はどうやら数式に見えますが、これに絡む材料が必要な様なので暗号の方を読み解いていきます。暗号の1行目”M O D G K 0 9 8 4 2 4 2 P“のGK0984242Pに着目すると、これが前回4つのパーツから復元した書類の番号である事が判ります。まず以下に前回発見された文書”GK-0984242-p”のイメージとテキストを掲載します。

「Call of Duty: Black Ops」 コールオブデューティ ブラックオプス

Translation Dept.
received: March 2nd ’68
returned: March 3rd ’68
5 SEPT 1944
[GK Logo]

GK-0984242-p

to:[スミによる消し]

Subject: NOVA project –

We are on schedule thus far. Stability has been our biggest hurdle. The effecrts, however, are promising and yield results beyond that which was requested.

The remaining issues and action items are as[スミによる消し]

a) Stability is still an issue – we are hoping version 4 will be stable. Reference
– Stability Report No: NOVA. SR. 2010032 Stress investigations and Long-Term-Testing with trial batches to derive the shelf-life for batches in phase II.

b) Further testing into modes of dispersion are currently underway – Initial findings are positive and lead us to believe only slight modifications will be needed retrofit current chemical dispersion techniques. Reference – Dispersion Report NO: NOVA. DR 0510032.

c) Long term storage testing is in phase III The Containers are currently being tested in various environments. Phase III includes Long-term testing at 25 degrees Celsius / 60 {not sure of what comes after 60}. for confirmation of findings. Reference – Stability Report No: NOVA. SR 2010022

d) Means of protection for handlers and handling protocols must be investigated. Tests with chimpanzees show current protocols are insufficient. Suggesting moving to human trials to speed research. Reference – Trial Report No: NOVA. TR 1915032

e) Current facilities are inadequate – The scope of this project has vastly increased and as such our needs have outgrown our current facility. The incident last month only reiterated our need for a more permenant and isolated laboratory. Reference Incident Report No: NOVA. IR 0002036

[スミによる消し]nd we are expecting your

Signed,
[スミによる消し]

この書類の内容を確認すると、今回の暗号2行目のTRD * SRA * SRC * DRB * IREの文字列と上記書類のa~eまで存在する項目に一致する次の様な箇所が見つかります。

「Call Of Duty: Black Ops」 コールオブデューティブラックオプス

TRD:d項のTR 1915032
SRA:a項のSR 2010032
SRC:c項のSR 2010022
DRB:b項のDR 0510032
IRE:e項のIR 0002036

ここから導き出される数字を埋め込み画像から発見された数式に順に代入していくと次の様な数式が出来上がります。

/(- -FREEDOM)+-
1915032/(2010032-2010022-FREEDOM)+0510032-0002036

残ったFREEDOMにはこれまで何度も登場してきたマーキュリー計画のアメリカ初の有人宇宙飛行を実現したFreedom7の存在と数式として登場してきたFREEDOM=7から”7″を代入、その数式を解くと以下の様な数値が導き出されます。

1915032/(2010032-2010022-7)+0510032-0002036
この解は”1146340

こうして導きだされた”1146340″をログインフォームに入力するとサイトにログインでき、その先に待っていたのは下の様な映像でした。

これまで大きく映し出されていたTVモニタの周辺が描かれ、苦しそうな呼吸音、心拍数を示すかのような測定器の音、そして画面全体が最近のCall of Dutyシリーズに見られるダメージ表現の様な赤い膜で覆われ、手前に存在しているであろう人物がどうやら危険な状態にある事が想像できます。

さらにモニタ類には不自然は幾何学模様が映し出されており、何らか意味を持つ物であるように思えます。この模様をキャプチャーし自然な形になるよう組み合わせてみると以下の様なマークが出来上がりました。これは”G”と”K”が組み合わせられた何らかのロゴマークの様に感じられます。

「Call Of Duty: Black Ops」 コールオブデューティブラックオプス

これまでの状況を総合的に判断すると、このマークは前回の暗号解読で存在が明らかになった謎の組織を表す物に違いなく、同じく前回の報告レポートの内容などから推察するにどうやら”GK”と呼ばれる企業のような組織であると考えられます。そしてその組織が人体実験も視野に人間のコントロールや細菌兵器の散布を計画しているプロジェクトの名が”NOVA計画”である事。そして”誰か”がこの組織によって実験、或いは治療や処置を受けていると考えられます。

さらに先日NBAイースタンの決勝で公開されたワールドプレミアトレイラーに、この”GK”のロゴが登場するシーンが確認されています。

「Call Of Duty: Black Ops」 コールオブデューティブラックオプス
Call of Duty: Black Opsの公式トレイラーに登場したGKのロゴ

ここまでで明らかになった内容はCall of Duty: Black Opsの最初に公開されたフラッシュバックを多用したトレイラーのシチュエーションとほぼ一致する物で、あのトレイラーで喋っていた博士かドクターらしき人物はGKの誰かである事、そして記憶を回復させられようとしている人物がNOVAプロジェクトに何らかの関わりを持つ人物であると推察できます。

さらにGKはこれまでの報告レポートやアメリカ参謀本部や大統領側でやり取りされた書類の内容などを鑑みると、CIAでもなく、アメリカ軍にも属さない組織であり、アメリカと敵対する上部組織と内通しているらしい事が判ります。

という事で、無事にログインも果たし、今回の暗号解読はこれで終了となります。しかし現在この暗号サイトに纏わる状況はさらなる新展開を迎え、とんでもない状態になっています。Treyarchは先日、海外の有力なCoDコミュニティサイトの代表者達に向けたクローズドのイベントを開催しており、今月の28日にはイベントの内容が明らかにされる予定となっています。こちらのイベントの内容については現在NDA期間中ですので、解禁され次第改めてお伝えいたします。

しかし、このCall of Duty: Black Opsに関するイベントとは別に、とある場所で小さな事件が起こり、このイベントに参加したCoDコミュニティの一人が以下のようなアタッシュケースを手に入れました。そしてこの”GK”のロゴが入ったケースの中身からGKNOVA6が新しいフェーズに突入する事になります。一体今回のプロモーションはどこまで手が込んでいるのか……圧倒的すぎて開いた口が塞がらない状態ですが、まだまだ終わりを迎えそうにないこの暗号サイトの行方、今後もしっかり追跡していきますのでお楽しみに!

「Call Of Duty: Black Ops」 コールオブデューティブラックオプス
突然登場した謎のアタッシュケース、そこには今回明らかになった”GK”のロゴが……

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.