発売10周年を迎えた初代「Plants vs. Zombies」の素敵なデザインスケッチが公開

2019年5月6日 11:35 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Plants vs Zombies」

2009年5月5日にローンチを果たし、カジュアルなタワーディフェンスゲームとして一世を風靡した「Plants vs. Zombies」ですが、現在PopCapが水面下で開発を進めているシリーズ新作の動向に注目が集まるなか、新たに初代“Plants vs. Zombies”を生んだデザイナーGeorge Fan氏が発売10周年を祝い、シリーズが誕生する直接的なきっかけとなったアイデアのデザインスケッチを公開し話題となっています。

George Fan氏によると、計画初期の“Plants vs. Zombies”はゾンビと戦うゲームではなく、クレイジーアクアリウム(Insaniquarium)のエイリアンが敵となるゲームだったほか、マジック:ザ・ギャザリングにインスパイアされたカードデッキ構築要素を持ち、6レーン構成を検討していたとのこと。

なお、2014年にPopCapを退社したGeorge Fan氏は、“Plants vs. Zombies”のアーティストRich Werner氏とプログラマーKurt Pfeifer氏と共にインディースタジオ“All Yes Good”を設立しており、昨年2月に巨大なタコとなって人類を滅亡させる独創的なスピンアクション“Octogeddon”をリリースし非常に高い評価を獲得していました。

George Fan氏が公開した素敵な初期スケッチ、氏は本作がどれほど人生を変えるか想像もつかなかったと語っている
このゾンビを描いた時に初めて“Plants vs. Zombies”が登場した
象徴的なひまわりは当初大根のようなデザインだった
5レーンのアイデアが固まった際のスケッチ、当初は迷路のような一般的なTDのプロトタイプも存在した
当初存在したカードデッキ構築とベルトコンベアでカードを運ぶシステム
Peashooterの初期デザイン、氏は敬愛する宮本さんへの思いを綴っている
こちらはRich Werner氏が公開したゾンビデザインの変遷

情報元及びイメージ:PC Gamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.