映画的演出を強化する「Baldur’s Gate III」の開発に元Telltale Gamesの開発者が参加、現世代コンソール向けの動作に関する見解も

2020年3月2日 15:20 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Baldur's Gate III」

先日、待望のお披露目を果たし、複数のゲームプレイ映像と多数のディテールをご紹介したLarian Studiosの期待作「Baldur’s Gate III」ですが、新たにEurogamerが本作の開発を率いる製作総指揮David Walgrave氏のインタビューを公開し、“Divinity: Original Sin II”から大幅に強化されたパフォーマンスキャプチャーを含むシネマティクスを開発するために、なんと元Telltale Gamesのシネマティックプロデューサーとシネマティックディレクターを新たに雇用していたことが明らかになりました。

これは、“Baldur’s Gate III”がAAAタイトルであることを示す一例としてDavid Walgrave氏が紹介したもので、氏はLarianが本作をAAAゲームと呼び、AAA規模の予算を用意し、前述の2人を含むAAA品質のチームが開発に取り組んでいると明言。傑作“Divinity: Original Sin II”が制限のある予算内でAAA経験を目指した経緯と比較して、“Baldur’s Gate III”の開発に潤沢な予算を用意している現状を挙げ、そもそもAAA規模と呼べない“Baldur’s Gate III”が(フランチャイズの重要性とネームバリュー的に)作品として成立するわけがないと強調しています。

また、コンソール対応の可能性について言及したDavid Walgrave氏は、“Divinity: Original Sin”とその続編がコンソール対応を果たした経緯を挙げた上で、“Baldur’s Gate III”に対する関心が非常に高いことから、皆も同様の取り組みを期待しているだろうと説明。Larianもこれに取り組むとは思うが、まずはPC版に注力したいと伝えています。

続けて次世代コンソール対応の可能性に言及したDavid Walgrave氏は、“Baldur’s Gate III”が現世代コンソールでは動作しないだろうと述べ、エンジンに多くの技術的なアップデートと更新が加えられており、仮に現世代コンソール上で動作した場合、テクスチャーやその他要素の品質を落とさざるを得ず、現状のクールな外観は保てないと説明しています。(※ Baldur’s Gate IIIは内製エンジンの最新バージョン“Divinity 4.0”を採用)

■ その他、David Walgrave氏のインタビューから判明した主なディテール

  • “Divinity: Original Sin”時代のLarian Studiosに所属する開発者は非常にゼネラリストが多かったが、“Baldur’s Gate III”の開発にあたってスタジオの開発規模は250名+アウトソーシング先の50名を含む300名規模に達しており、前述のシネマティックプロデューサーやディレクターをはじめ、髪を専門に扱う開発者など、多くのスペシャリストが在籍しているとのこと。
  • Stadia対応に当たって、Googleから資金的な援助を得ているものの、クリエイティブに対する影響はない。
  • “Baldur’s Gate III”のライティングにChris Avellone氏は参加していない。今回は所謂ビッグネームを招かず、十分に経験を積んだ10人を超える内部のライターチームが担当しているとのこと。
  • 早期アクセス版は、SteamとStadia向けに同時リリース予定。SteamとStadia以外の販売プラットフォームについては未定とのこと。
  • ダンジョンマスターモードの搭載は未定。導入を実現したいと考えてはいるものの、現段階でこれに取り組んでいる開発者はいない。
参考:先日公開された“Baldur’s Gate III”の壮大なオープニングシネマティック
参考:PAX East会場でSwen Vincke氏が“Baldur’s Gate III”を自らプレイしたライブデモ
情報元:Eurogamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.