「Call of Duty: Black Ops Cold War」のクロスプレイとバトルパス、Modern Warfareアイテムの取り扱いに関する詳細が解禁

2020年9月10日 11:02 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Call of Duty: Black Ops Cold War」

昨晩、マルチプレイヤーのお披露目を果たしたTreyarchの人気シリーズ最新作「Call of Duty: Black Ops Cold War」ですが、新たにActivisionが国内外の公式サイトを更新し、次世代機と現世代機、PCを含む本作のクロスプレイとクロスプログレッション、クロスジェンレーションプレイに関する詳細に加え、バトルパスの概要、さらにWarzoneにおけるModern Warfareアイテム(武器、オペレーター、設計図、装備、外観アイテム等)の取り扱いに関する具体的な情報を公開しました。

来る“Call of Duty: Black Ops Cold War”のWarzoneは、Modern Warfareにて獲得したアイテムが引き続き利用可能となりますので、プレイ中の方はクロスプレイとアイテムの取り扱いに関する仕様を確認しておいてはいかがでしょうか。

CALL OF DUTY®: BLACK OPS COLD WARクロスプレイおよびバトルパスの概要

Call of Dutyシリーズの最新作はクロスプレイ、クロスプログレッション(進捗互換)、クロスジェネレーションプレイ(世代互換)、Warzone™との統合などを特徴としています。

昨年、Call of Dutyチームは発売後のコンテンツについて新たなアプローチを発表しました。発売後に配信される新しいマルチプレイヤーマップやモードなど、誰でも無料でお楽しみいただけるようになります。

クロスプレイ、クロスプログレッション(進捗互換)、クロスジェネレーション(世代互換)

シリーズ史上初めて、Black Ops Cold Warをプレイするプラットフォームや使用コンソールの世代を問わず、全てのファンが1つのコミュニティとして次世代的な世界規模の戦闘を体験できます。

Black Ops Cold Warでは、次世代機、現行機、PCを含む5つのプラットフォームの垣根を超えて、プレイヤーは最大5人のマルチプレイヤーパーティーを組むことが可能です。

クロスプラットフォーム、クロスジェネレーションプレイに伴い、プレイヤーのプロフィール、進行状況、ステータスはActivisionアカウントと連携します。これにより、プレイヤーはゲーム内の進行状況やIDを失うことなくプラットフォーム間の切り替えが可能になります*。

バトルパス、ストア、武器庫がWarzoneと統合

WarzoneはCall of Duty: Black Ops Cold Warの発売後も進化し続けます。Black Ops Cold Warのテーマ、武器、オペレーターも、この基本プレイ無料の大人気バトルロイヤルに組み込まれます。

具体的には、復活するバトルパスシステムやストア、進行状況の共有を通じて、どちらのゲームも発売後のシーズンコンテンツを共有可能です。Black Ops Cold Warには発売時に最新のレベルシステムが組み込まれ、後々それがWarzoneと結びつき、プレイヤーは両タイトルで使える新コンテンツをアンロックできるようになります。さらに両ゲームは、復活するバトルパスシステムやストアを通じて発売後のシーズンコンテンツを共有します。

新たなBlack Ops Cold Warのコンテンツに加え、Warzoneプレイヤー は引き続きこれまでに獲得したコンテンツ、つまりModern Warfareで獲得した武器、オペレーター、設計図、装備、コスメティックを利用できます。なお、これまでに獲得したModern WarfareのコンテンツはModern WarfareとWarzoneでしか利用できない点にご注意ください。

詳細は以下の通りです。

  • Modern WarfareまたはWarzoneでModern Warfareのアイテムを獲得した場合、今年11月にCall of Duty: Black Ops Cold Warが発売されてもコンテンツは維持されます。
  • 基本武器やアタッチメントなどBlack Ops Cold Warの新コンテンツは全て、Black Ops Cold WarおよびWarzoneをプレイすることでアンロックできます。
  • バトルパスシステムには、Modern Warfareのバトルパスシステムと同じように無料ティアが含まれ、その中にはプレイヤーがゲームをプレイするだけで獲得できる様々なカテゴリーのアイテムに加え、新しい基本武器も含まれます。
  • バトルパスは発売後のシーズン毎に配信され、各シーズンの内容に沿ったテーマのコンテンツが含まれます。
  • プレイヤーはバトルパスまたはストアで獲得または購入するコンテンツを確認できます。
  • バトルパスおよびストアにはオペレーター、武器、設計図、プレイヤーIDアイテムなどを含む、様々なコスメティックコンテンツが登場します。
  • 本作はシーズンパス方式ではありません。発売後のマルチプレイヤーマップおよびモードは無料で全プラットフォーム、全てのプレイヤーに同時に配信されます。

Call of Duty: Black Ops Cold WarはTreyarchとRaven Software、そしてHigh Moon Studios、Beenox、Activision Shanghai、Demonware、Sledgehammer Gamesによる協力のもと、複数のスタジオが協同で本コンセプトの継続に取り組んでまいります。

今後のBlack Ops Cold WarおよびWarzoneのシーズン配信および発売後コンテンツの予定などの最新情報につきましては、この場で随時更新する予定です。

来月のオープンベータで、皆さまと共に新しい体験を味わえることを楽しみにしております!

情報元及びイメージ:Activision

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.