新たな始まりを描く「Call of Duty: Black Ops Cold War」のゾンビモードが遂にお披露目、幾つかの新情報も

2020年10月1日 3:02 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Call of Duty: Black Ops Cold War」

先日、短いティザーフッテージと情報解禁の予告が報じられた「Call of Duty: Black Ops Cold War」のゾンビモードですが、先ほど予定通り最新作のゾンビモードをお披露目する9分弱の本格的な解説映像がお披露目され、一部前作の設定やシステムを踏襲した新しいストーリーの始まりを描く興味深い新モードのゲームプレイ映像が登場しました。

また、公式Blogも更新され、お馴染み“Nacht der Untoten”を進化させた新マップ“DIE MASCHINE”の概要をはじめ、初代のウィーバーやソ連のオメガグループが登場するプロットの概要、サマンサの存在など、非常に興味深いディテールが多数判明しています。

CALL OF DUTY®: BLACK OPS COLD WAR ゾンビ – 新たな始まり

ゾンビとの戦いは新章へ!

Black Ops Cold Warでは、心理戦が印象的な「キャンペーン」と次世代「マルチプレイヤー」の戦闘に加えてBlack Opsの中核を成す「ゾンビ」モードも楽しめます。

この4人制のCo-opでは、ベテランも初心者も一緒にCall of Dutyでお馴染みの背筋が凍るような体験へと誘われます。往年のプレイヤーなら、この新章にお馴染みの要素を見つけられるでしょう。その内容は、旅の途中で発見するまでのお楽しみです。

Black Ops Cold Warのゾンビモードでは、これまでのシステムを踏襲しながらも、新たな設定と新たな(?)キャラクターたちを始めとするフレッシュな要素が満載です。新たなゲームの進め方、ファン人気の高いPERK、そして冷戦時代の武器を駆使してアンデッドの大群に立ち向かいましょう。

「Call of Duty: Black Ops Cold War」

Black Ops Cold War ゾンビ – DIE MASCHINEのストーリー

ゾンビモードの原点であるマップ「Nacht der Untoten」をさらに進化させた「DIE MASCHINE」は、80年代初頭を舞台としてはいるものの、その起源はさらなる過去へと遡ります。

レクイエムのメンバーであり、Black Opsの第1作目に登場するグリゴリー・ウィーバー率いるCIAの対策チームは、何者かによって荒らされた第二次世界大戦時代のバンカーを探索します。

レクイエムチームのメンバーは、世界で起こる異常現象の原因をたどって、この落書きだらけで封鎖状態のバンカーに到着します。そして今にも崩れそうなこの建物に隠された秘密を解明すべく調査を開始します。調査が完了したとき、レクイエムは現在の世界秩序を覆し得る大きな秘密を暴くことになるでしょう。

また、レクイエムのライバルであるソ連の師団、オメガグループもこの争いに加わります。オメガグループもまた、世界中で起きている不測の異常事態を解明し、利用しようと目論んでいたのです。

レクイエムとオメガグループには、あなたの旅路を助けたり、妨害したりしてくる多様なキャラクターがいます。それぞれが個別の目的を抱えており、旅路の途中で彼らと出会い、新たな情報が明らかになるかもしれません。その中において、KGBの機密情報を共有してくれるサマンサは唯一継続して登場します。

プレイヤーがゲーム内で発見できる様々な情報を基に、ゾンビモードの物語はあっと驚くような展開へと進んでいくでしょう…。

Call of Duty®: Black Ops Cold Warゾンビの新たな物語やキャラクターに関する詳細情報につきましては、Treyarchのブログでご確認いただけます。

「Call of Duty: Black Ops Cold War」

モードやプラットフォームを問わない、連帯感のあるスリリングなゲーム体験を

今回のゾンビモードは、あなたがマルチプレイヤーに慣れ親しんだゾンビモードのベテランであろうと、ゾンビモードどころかCall of Dutyが初めてのプレイヤーであろうと、プラットフォームやコンソールの世代に関わらず、フレンドやコミュニティと共にすぐにゲームに没頭できるように作られています。

以下は、Black Ops Cold Warのゾンビモードに実装された新要素の一部です:

クロスプレイおよびクロスジェネレーション

マルチプレイヤーと同様、ゾンビモードでもクロスプラットフォーム/クロスジェネレーションでスクアッドを編成でき、本シリーズでは初めてCo-opモードのクロスプレイが可能となります。

バトルパス進行とロードアウト

本作から、マルチプレイヤーやCall of Duty: Warzone™と同様に、ゾンビモードのプレイ時間によってバトルパスを進めることができるようになります。レクイエムチームのメンバーは、ロードアウトサポートのガンスミスで作成した任意の武器でマッチをスタートすることも可能です。

武器のレアリティ

武器を変化させるパック・ア・パンチマシーンの再登場に加え、レアリティが全ての武器に付与されます。レアリティが高いほど武器の威力やアタッチメントの質が高まり、この要素によって、ゲームを通して特定の武器を使い続けることができるようになります。これは、ウォールバイやミステリーボックスを通して新武器を探すバリエーションや楽しさアップにも繋がっています。

フィールドアップグレード

武器以外にも、自分の判断で展開可能なフィールドアップグレードがスクアッドの戦術に厚みをもたらします。

ゾンビを倒してチャージをため、必要なときに使えるようにしておきましょう。フィールドアップグレードには攻撃的なものから、回避、回復、蘇生に役立つものまで豊富な種類があり、様々なプレイスタイルやあらゆる状況に合わせて使用できるよう調整されています。

装備

マップ上では、リーサル装備、タクティカル装備、サポート装備を見つけたり作成したりすることができます。

リーサル装備とタクティカル装備は、マルチプレイヤーのフラググレネードなどの装備に似たもので、サポート装備は強力な攻撃性の武器を支援するものです。このスロットには、高威力を擁するグレネードランチャー、セントリーターレット、爆発弓、ヘリガンナーなどを配置できます。スクアッドの危機を派手に乗り切りましょう。

PERK

ジャガーノグやスピードコーラといった人気PERKを皮切りに、お馴染みのゾンビPERKが冷戦時代の様式に合わせて帰ってきます。

今回からは消費できるPERKの種類に制限がなくなるので、所持ポイントがあるならぜひ6缶パックも手に入れてみましょう。

脱出

Black Ops Cold Warのゾンビモードでは、ゾンビの群れに囲まれてしまう前に、脱出のための新たなオプションが用意されます。

スクアッド全体が窮地に陥ったら、ヘリコプターでアンデッドとのコンバットゾーンを脱出しましょう。最後のウェーブではゾンビが大量に出現しますが、これを生き延びれば報酬を手にすることができます。

ゾンビモードの新機能につきましては、今後のTreyarchからの最新情報や発表をお待ちください。ゲームが発売されるその日まで、様々なサプライズをお楽しみに。ただし、ゾンビモードもまたBlack Opsであることに変わりありません。

「Call of Duty: Black Ops Cold War」

オンラインで先行予約受付中

ゾンビモードは、11月13日(太平洋時間)に発売予定のBlack Ops Cold War本編のゲーム体験の一部にすぎません。Cold Warで繰り広げられる次世代の世界的戦は、10月17日~19日(太平洋夏時間)の期間中に全プラットフォームで公開される本ゲームのマルチプレイヤーオープンベータで、特定のプラットフォームで先行予約したプレイヤーは表記の日時よりもひと足先に体験できます。

ウィークエンド1 – PlayStation®限定

  • 10月8日~9日(太平洋夏時間) – PS4™早期アクセス
  • 10月10日~12日(太平洋夏時間) – PS4™オープンベータ

ウィークエンド2 – クロスプレイベータ

  • 10月15日~16日(太平洋夏時間) – Xbox + PC早期アクセス、PS4™オープンアクセス
  • 10月17日~19日(太平洋夏時間) – 全プラットフォーム解禁

今すぐCallofDuty.comにアクセスしてオンラインで先行予約し、Modern Warfare®とWarzoneですぐに使用できるWoodsオペレーターパック*のような即時報酬を獲得、さらにPS4™先行のオープンベータ**の早期アクセス権も手に入れましょう。

「Call of Duty: Black Ops Cold War」
情報元及びイメージ:Activision

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.