TGA20:Airship Syndicateが開発を手掛ける「Ruined King」初のゲームプレイトレーラーがお披露目、League of Legends世界が舞台となる新作RPG

2020年12月11日 11:44 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Ruined King: A League of Legends Story」

本日、発売の延期が報じられた“Riot Forge”レーベルの第1弾タイトル「Ruined King: A League of Legends Story」ですが、現在放送中の“The Game Awards 2020”にて本作初のゲームプレイトレーラーがお披露目され、“Battle Chasers: Nightwar”を想起させる興味深い映像が登場しました。

Darksidersの父Joe Madことジョー・マデュレイラのAirship Syndicateが開発を担当する“Ruined King: A League of Legends Story”は、PS4とPS5、Xbox One、Xbox Series X|S、Nintendo Switch、PC(Steam/Epic Gamesストア)向けのターンベースRPGで、ルーンテラの港町ビルジウォーターとシャドウアイルを舞台に、ミス・フォーチュンとイラオイ、ブラウム、ヤスオ、アーリ、パイクが強大な敵に立ち向かう物語を描くことが報じられていました。

『Ruined King: A League of Legends Story™』

崩壊に立ち向かえ

『League of Legends』のチャンピオンからなるチームを結成し、ビルジウォーターを探検してシャドウアイルへと出帆し、恐ろしいブラックミストの謎を解き明かそう。

『Ruined King: A League of Legends Story™』について

『Battle Chasers』や『Darksiders』で知られるAirship Syndicateが開発し、同作品のクリエイターである伝説的なアメリカンコミックス作家のジョー・マデュレイラの作風を特徴とする『Ruined King: A League of Legends Story』は、『League of Legends』の世界の探索へとプレイヤーを誘うRiot Forgeのデビュー作。この没入型ターン制RPGでは、プレイヤーは自分のチームを自由に構成して、現実に起こりそうにない『League of Legends』のチャンピオンのグループをコントロールし、ビルジウォーターの活気ある町や謎深いシャドウアイルを探索し、レーン・イニシアティブ・システムを体験することになる。

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.