“Everybody’s Gone to the Rapture”を生んだ「The Chinese Room」が未発表の新作アクションアドベンチャーを開発中、プログラマの募集から判明

2021年1月20日 23:15 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Chinese Room」

2017年9月末の暫定的なスタジオ閉鎖とSumoによる買収に伴う2018年8月の復帰を経て、昨年6月に復帰後初の新作“Little Orpheus”をリリースした「The Chinese Room」ですが、次回作の動向に注目が集まるなか、新たにスタジオが開発者の募集を開始し、何やら新規IPのプリプロを薦めていることが明らかになりました。

これは、“The Chinese Room”の公式キャリアページに掲載されたリードプログラマの募集から浮上したもので、今のところ新作の詳細は不明ですが、PS5/Xbox Series X|S世代を含む複数プラットフォーム向けの一人称視点アクションアドベンチャーになるとのこと。

また、プログラマの要件にはUE4の開発経験を求める記載が確認でき、スタジオの動向に改めて注目が集まる状況となっています。

情報元及びイメージ:Sumo Digital

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.