待望の早期アクセスローンチを果たした「EVERSPACE 2」の販売動向や今後の改善に関する取り組みがアナウンス、ベータパッチの運用も開始

2021年2月1日 23:22 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「EVERSPACE 2」

2019年8月のアナウンスを経て、1月18日にPC向けの早期アクセスローンチ(Steam/GOG)を果たし、非常に高い評価を獲得したスペースシューティングゲーム「EVERSPACE 2」ですが、週末にROCKFISH GamesがSteamページを更新し、早期アクセスローンチの成功や価格、今後の改善、ロードマップ等について興味深い情報を公開しました。

また、幾つかのオプションや改善を導入するパブリックなベータパッチの運用もスタートしています。

■ “EVERSPACE 2”の早期アクセスローンチについて

  • Steamで26万件を超えるウィッシュリスト入りを果たし、発売直後にグローバルなSteam販売チャートで1位を獲得。6日連続でTOP10入りを果たし、先週のトップセラー2位となり、当初の予想をはるかに上回る販売を達成した。
  • 海外メディアの評価やユーザーレビューも非常に高く、発売後には初代の記録を2倍以上上回る3,000人強の同時接続ピークを記録。

■ マウス/キーボード、ゲームパッド、HOTAS操作について

  • 一部でマウス/キーボードの操作にラグがある、もしくは遅く感じるという意見が上がっているが、本作のWSAD操作はタイトさで高く評価された前作から変更されていない数少ないコードの1つで、操作そのものではなく戦闘ペースが幾分かスローになったことが原因と思われる。よりダイレクトな入力を好む場合は、設定の“Mouse Position”を“Operating System”に変更することで改善される。
  • クラシックなスペースフライトシムを愛好するベテラン向けに、マウスの照準を中央に固定するオプションに加え、マウスのデッドゾーンと画面中央の小さなドットの表示を切り替えるオプションが次回のパッチにて導入される予定。
  • HOTAS/HOSASサポートについては、LogitechのSaitekシリーズとThrustmaster製品の全モデルで動作確認済み。問題が生じている場合はSteam Inputを無効化することで改善される場合がある。正常に動作しない問題については、引き続き調査が行われるほか、キーバインド専用のスレッドがフォーラムに開設される予定。

■ 最適化について

  • 最高設定の“EVERSPACE 2”はCPUとGPUに大きな負担が掛かるが、早期アクセス版発売の段階で、NVIDIAとAMDの協力を得て、既に多くのパフォーマンス最適化が施されているが、改善の余地はまだ残されているとのこと。

■ 価格について

  • フォーラムやソーシャルメディアにおいて、本作の39.99ドル/37.99ユーロ(4,750円)という価格設定が議論を呼んでいる。この価格は、一般的なインディゲームの早期アクセス価格と比較した場合、高く感じるかもしれないが、本作は25人のベテランチームによる4年以上の開発サイクルを持つAAタイトルで、長期の契約社員や外部のAAAアートサービスも含まれており、ROCKFISH Gamesは今回の価格設定が適切だと考えている。
  • 本作の価格は、製品版の発売時に高品質なオープンワールドスペースゲームジャンルの一般的な価格に適合するよう値上げが行われる予定。
  • 早期アクセス中に行われるセールは、10~15%オフ程度に留まる。これは、クラウドファンディングの後援者を尊重するための決定。
  • 一部の国で“EVERSPACE 2”の価格が高くなっており、ROCKFISH Gamesはこれを最悪だと考えている。地域毎の価格は、Steamの提案に従って設定されたものながら、ROCKFISH Gamesは特定の地域を対象とする価格調整には手を出したくないとのこと。ROCKFISH Gamesは、一部地域での価格調整が未調整の地域で怒りを生むことになるだけでなく、地域毎の価格設定を常時監視し、為替レートや購買力を考慮して個別に調整することは、大手パブリッシャーの仕事だと説明している。

■ 好まれていない要素について

  • 本作の早期アクセス版は非常に高い評価を得ているが、発電機を撃ってシールドを無効化したり、複数の発電機を作動させて電力を供給したりするようなパズル要素が一部のプレイヤーにとって苦手な要素だと受け止められている。これらの要素は、ハイペースなアーケードシューティングのフローを阻害することなく、特別な報酬を用意して、戦闘や探索の全体的な経験に変化を加えることを目的としている。
  • このパズル要素は続編の重要な要素として今後も残るが、将来的に追加する戦闘やその他メカニクスとのバランスを考慮している。今後、より魅力的なパズルが追加されるが、大部分のパズルは従来通りオプションとなる。
  • 本作の舞台となる宇宙は擬似的なオープンワールド環境で、エリア間移動のローディングが没入感を損なっている。これについてROCKFISH Gamesは、ローディングを無くすさらなる最適化を検討しているが、現段階でロードプロセスを隠す(例:エレベーターやトンネルの通過等)手段がなく、ストリーミングにも限界があることから、実現は難しいとのこと。
  • また、抜本的なオープンワールド化については、技術的に不可能ではないものの、作業量が膨大でゲームを破綻させる可能性もあり、労力とリスクに見合わないと伝えている。
  • “EVERSPACE 2”のマップ上に表示されるロケーションは、全て手作業で作成され、それぞれに少なくとも1つ以上のチャレンジやミッション目標、オプションとなるアクティビティが用意されており、100を超えるエリアの実装を計画している。

■ 望まれている機能について

  • 本作は最高のシングルプレイヤー・オープンワールド・スペースルーターシューティングゲームを開発することに100%集中しており、全て自己資本で開発を進めていることから、実装される要素には限界があり、マルチプレイヤーやパイロットの船外活動、VR対応といった大規模な開発を必要とする機能は計画にない。

■ 今後の改善について

  • 現在、コミュニティのフィードバックに基づくQoL改善が進められている。
  • 3番目の星系は既に完成しているものの、2番目の星系のコンテンツがまだ完了しておらず、今夏の実装を計画している。
  • 最初の大型コンテンツアップデートは4月配信予定で、幾つかのクールなコンテンツが実装されるほか、4月アップデート後ほどなく2種のサブクラスシップが導入される予定。
  • 今回コンセプトアートが公開された新ロケーション“Noah Damaris Starport”が導入される。この港では、サイドミッションや様々な任務、ショップ等が見つかるほか、その他多数の新要素が用意されており、只の休憩所ではないとのこと。
  • また、近く配信中の第1弾パッチも開発中で、様々なバグ修正やQoL改善、パフォーマンスの最適化が実装される予定。このアップデートは現在パブリックなベータパッチ経由で利用可能。
  • このベータパッチExperimental Branchには、マウス用照準の中央固定オプションやマウスのデッドゾーン表示オプション、画面中央のインジケータ表示オプションをはじめ、パフォーマンス改善やセーブデータサイズの軽減、手動セーブの削除機能、カメラの調整、UI/HUDの調整、ULTのチャージ量増を含む小規模なバランス調整、多数のバグ修正が含まれる。
参考:ベータパッチビルドの紹介や質疑応答を含むライブ配信のアーカイブ
まもなく発売を迎える早期アクセス版“EVERSPACE 2”のリリーストレーラー

EVERSPACE™ 2はファストペースな一人プレイ用のスペースシューティングゲームです。プレイヤーはこの危険と秘密に満ちた手作りのオープンワールドで、奥深い探索や大量の戦利品、クラシックなRPG要素を楽しみながら人間になるための旅路をたどることになります。

キャンペーンでは、それぞれの物語を持つキャラクター達が仲間となります。サイドミッションで味方となってくれるだけでなく、素晴らしい戦利品を求めて厳しい戦いと危険なチャレンジに臨むことになるゲーム終盤でも頼もしい助けになってくれます。

胸が高鳴る冒険の旅へ:未確認種族を発見し、謎を解き明かし、隠された宝を見つけ、自分の財産を無法者の一団から守り抜きましょう。でも自分の力を過信してはなりません。超特別な装備が手に入るハイリスク・ハイリターンなエリアに挑むことにもなるでしょう。ここから生還するには卓越した操縦技術と天性の状況判断力が必要になります。

レーザーにものを言わせろ:EVERSPACE™ ならではのやり方で敵を一掃しましょう。手に汗握るドッグファイトでは回避、ダッシュ、ロールを活用し、ブーストガンを撃ちまくり、敵をスクラップにしてやりましょう。様々な武器とアビリティを使って、敵のドローンや戦闘機、重爆撃機や強力なガンシップを撃破し、やがては巨大艦艇にまで挑みましょう。常に周囲の警戒を怠らず環境をうまく利用し、数に優る敵が相手のときも優位に立ちましょう。

我が道を行け:無限とも言える数の船から、自分の宇宙船コレクションを増やしましょう。様々なクラスの船があり、自分に最適な構成にカスタマイズできます。自分のプレイスタイルと現在の目的に合わせてモジュール、武装、デバイス、パークを賢く組み合わせましょう。

素晴らしい戦利品を手に入れよう:よりよい装備を追い求め、絶えずより優れた構成を追求しましょう。自分のプレイスタイルに合った戦利品を探すのはもちろんですが、慣れ親しんだプレイスタイルを離れて、新たなことにも挑戦してみましょう。装備、パーク、デバイス、そして宇宙船間の相乗効果を発見、活用してポテンシャルを最大まで引き出しましょう。

無一文から大金持ちへ:特定の品で一番利益が出せる取引を求めてゲーム世界を旅しましょう。夢の兼業貿易商になるのです。ですが需要と供給に価格は影響されるので、次の交易ステーションに行く前に最新の市場情報をチェックした方が良いでしょう。そして星間飛行中に待ち伏せされないように用心しましょう。

情報元及びイメージ:Steam

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.