「Dying Light 2」に本格的な銃器は登場しないが、手作りのショットガンが登場する、Techlandが続編初のAMA映像を公開

2021年4月27日 11:27 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Dying Light 2」

先日、“C-Engine”の改善やオープンワールド環境の規模に関する話題をご紹介した期待の続編「Dying Light 2」ですが、年内発売の実現に向けた進捗や現状に注目が集まるなか、新たにTechlandがファンの様々な質問に答える初のAMA映像を公開。なんと続編には初代にあったような現代的な銃器が一切存在せず、ショットガンを含む僅かな射撃武器しか登場しないことが明らかになりました。

これは、世界規模の戦争によって文明が崩壊し、プロフェッショナルな銃器を作る技術が失われてしまったことによるもので、代わりに調達した部品を組み合わせた手作りのショットガンを左手に装着し、近接武器と同時に使用できるものの、品質が低いことからすぐに壊れてしまうとのこと。

リードゲームデザイナーTymon Smektała氏によると、ショットガンの他にも、弓を含む幾つかの射撃武器が登場するとのこと。

今回のAMAから判明した主な情報は以下からご確認ください。

新たに公開された初のAMA映像

■ AMAセッションから判明した主なディテール

  • “Dying Light 2”のマップは、初代の全マップを合わせた面積の約2倍の広さ。面積は約7平方kmだが、超高層ビルや屋根、橋など、高さの探索が大幅に増加している。
  • Volatileは続編でさらに恐ろしい存在になる。以前の映像に登場した羽付きの感染者は新種で、プレイヤーの選択次第ではプレイスルーに登場しない可能性もある。
  • 続編の昼間は人間、夜は感染者の出現率が高くなる。建築物の屋上は主に安全地帯や農場として用いられるが、日中にはぐれた感染者が出現する場合もある。
  • “Dying Light 2”に銃器は登場しない。弓や壊れやすいショットガンなど、クラフトアイテムが重要な要素となる。
  • グラップリングフックは再登場するが、機能は刷新され、武器としても使用可能となる。
  • 搭乗可能なビークルが登場するが、アクションは主にパルクールやジャンプ、ランニングに焦点を当てている。またパラグライダーが登場するとのこと。
  • プレイヤーの選択は、主に3つのレベルに分類される。1つはストーリーを変化させ、エンディングに影響する。2番目のレベルはその時点でプレイ中のクエストやサイドミッションのみに影響する選択。3番目のレベルは街とそこで活動している派閥に影響を与える選択。これにより、派閥とプレイヤー間の協力関係が変化し、街の様子が変化する。
  • 舞台となる街は主に二つの地域、工業地帯と古い町のような地域に分類され、それぞれが細かな区画に分かれている。
情報元及びイメージ:PCGamesN, GameSpot

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.