カルト的な人気を博した横スクロールRPGの新エディション「LISA: Definitive Edition」が正式アナウンス、日本語対応も決定

2023年6月7日 15:08 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「LISA」

2014年末にオリジナルのローンチを果たし、女性が居なくなったポストアポカリプス世界と残された男達、そして最後の女性である少女の物語を描く独創的な設定と極めてブラックながらも強く胸を打つストーリーで非常に高い評価を獲得したDingaling Productionsの横スクロールRPG“LISA: The Painful”ですが、本日Dingaling ProductionsとパブリッシャーSerenity Forgeが本作の現世代向け完全版「LISA: Definitive Edition」を正式にアナウンスし、PS4とPS5、Xbox One、Xbox Series X|S、Nintendo Switch、PC(Steam/Epic Gamesストア)向けの新作として、2023年7月18日の発売を予定していることが明らかになりました。

「LISA: Definitive Edition」は、初のコンソール対応や追加のローカライズ対応(※ 7月中旬の発売日には8言語対応。その後、日本語を含むアジア地域の言語が追加される予定)に加え、グラフィックスとUIの改善、PCと新世代機向けの120fpsモード、追加の敵やボス、新たなストーリーとマルチエンディング、20曲を超える新曲、ミュージックプレイヤー、低難易度のストーリーモード、シークレットといった拡張を特色としており、“LISA: The Painful”の新エディションが19.99ドル、“LISA: The Joyful”DLCの新エディションが9.99ドル、バンドル完全版“LISA: Definitive Edition”が24.99ドルとなっています。(※ 既存のPC版購入者には“LISA: The Painful”と“LISA: The Joyful”共に無料アップデートとしてDefinitive Editionを提供)

また、発表に併せて、DLCを含むゲームプレイのハイライトと多数の新コンテンツ、進化したビジュアルを紹介する“Definitive Edition”のアナウンストレーラーが登場しています。

「LISA」
完全版の発表に併せてLP2枚組のアナログサウンドトラックも発売
情報元及びイメージ:Gematsu, Steam, Steam

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.