Wolfenstein II: The New Colossus

Rabbidsシリーズ3種類がパックになった「Rabbids Party Collection」が発売決定!

2010年1月28日 15:22 by okome
sp
「Rabbids」 ラビッツ

先日Ubisoftの財務予測の発表からレイマンシリーズの最新作「Raving Rabbids 4」(国内ではラビッツ・パーティーシリーズ)が来期のリリース予定の中にある事がわかっている同シリーズですが、昨日イギリスの販売サイトPlay.comのページから「Rayman: Raving Rabbids」と「Rayman: Raving Rabbids 2」、そして「Rayman Raving Rabbids TV Party」の3種類がパックになった「Rabbids Party Collection」が発売されることが明らかになりました。値段は24.99ポンド(日本円で約3,600円)で3月19日にリリース予定のようです。に、日本では出ないんでしょうか……。

今回のパッケージにも、もうレイマンとラビッツのどっちが主役なのか分からない……ぐらいの目立ちっぷりで可愛いらしいラビッツ達がわんさかいます。Bwwaaaaah可愛い!

情報元及びイメージ:GoNintendo

シド・マイヤー氏がGDC 2010でゲームデザインについて基調講演、「あなたが知っている全ては間違っている」

2010年1月28日 14:30 by katakori
sp
GDC 2010

Civilizationシリーズを始め数々の名作で知られるシド・マイヤー氏が3月9日からサンフランシスコで開催されるGDC 2010で基調講演を行う事が明らかになりました。シド・マイヤー氏の講演は12日で、”The Psychology of Game Design (Everything You Know Is Wrong)”「ゲームデザインの心理学(あなたが知っている全ては間違っている)」という物。

この講演はゲームデザインにおける推進力はプレイヤーの心理を理解する事であるべきだという主旨の物で、一見重要に思える現実世界の事実や歴史、数学的な真実という物では成功するゲームタイトルのデザインを構築する事は出来ないとのシド・マイヤー氏の見解が議論される事になります。実際の講演では氏の作品を例に様々な具体的な手法について語られるようで、ゲーム開発の真のパイオニアとも言える氏の思索のプロセスを覗くことができる良い機会となりそうです。

情報元及びイメージ:That VideoGame Blog

今秋発売予定のPS3のモーションコントローラー対応タイトルは10本程度を予定

2010年1月28日 12:26 by okome
sp
SONY モーションコントローラー

今年の年末商戦を大きく賑わすであろう各プラットフォームのモーションコントローラーですが、今秋に発売される予定のPS3のモーションコントローラーArk(仮称)の対応ソフトが10本程度予定されている事が明らかになりました。詳細等は不明ですが、スポーツやペット育成タイトルなど、広範囲なラインナップになるとの事です。

また以前Sony Computer EntertainmentのCEOである平井氏は「私たちはモーションコントローラー用の魅力的・革新的なゲームのを開発するために、SCEの世界的なスタジオだけでなくサードパーティ・ディベロッパやパブリッシャーにも働きかけ続けています」と語っており、モーションコントロール対応タイトルの熱心な開発状況を明らかにしています。

情報元:Edge

PC版「Battlefield: Bad Company 2」のベータテストが本日深夜よりスタート

2010年1月28日 12:24 by katakori
sp
「Battlefield: Bad Company 2」 バトルフィールド バッドカンパニー 2

コンソール版の順調なベータテストを経て、3月リリースに向けてシングルキャンペーンの情報なども出揃ってきた期待のシリーズ最新作「Battlefield: Bad Company 2」ですが、いよいよ東部標準時間で28日の午後12時から(日本時間では29日の午前2時)からPC版のベータテストがスタートします。なお、今回のベータテストは1月28日から2月25日まで行われる予定になっています。

PC版のBFBC2ではDX11への対応も行われており、加えてマルチプレイの対応人数もコンソール版の24人から36人へと強化されており、PC版ならではの楽しみも多く用意されています。今回のPC版ベータテストのスタートに併せてDICEのPatrick Bach氏はGamerzinesが行ったインタビューに対して「Modern Warfare 2を打ち倒す事が私たちゴールだ」と力強く語っています。Electronic Artsブランド復興への先陣を切ることになるBattlefield: Bad Company 2、リリースは北米で2010年3月2日、ヨーロッパでは3月5日、対応プラットフォームはPCとPS3、Xbox 360となっています。

情報元:VG247, VG247

続報:Red 5 Studiosがレイオフに関するプレスリリースを発表、何やら奇妙な事に

2010年1月28日 11:31 by katakori
sp
Red 5 Studios

先日クリティカルなレイオフが発生したとお知らせしたRed 5 Studiosのニュースですが、昨晩当のRed 5 Studiosがプレスリリースを発表、今回のレイオフはトリプルAタイトルのMMOをリリースするための再編成だと述べ、この再編成の一環として何人かのメンバーと別の道を辿ることになったと記されています。

しかしKotakuのレポートによると話はどうやらかなり複雑化している様子。今回の件は昨年末の重役会で同社CEOを務めていたMichael Weingarter氏が辞職を強いられた事が始まりだったようで、その後創業時のCEOでWoWのプロデューサーを務めていたMark Kern氏がCEOに再任、さらに先週には同じ創業メンバーでありWoWのアートディレクターを務めていたWilliam Petras氏がRed 5を退職、その後今回の事態が起こるという流れになっています。

さらにMark Kern氏がCEOに再任したタイミングで同氏は古いRed 5が死んだと宣言し、なんと新しい大株主として中国のオンラインゲームを多く手掛け、中国国内のWorld of Warcraftを運営していたThe9(第九城市)の名前が挙げられたという驚きの内容が記されています。今回のレイオフでは28人の社員が同スタジオを去っており、その中には財務会計の責任者や総務人事関係の人員、そして美術スタッフの80%、さらにIT部門も含まれているとの事で、今回の再編成がRed 5の実権をThe9が握るための物では無いかとの話も出てきています。

Red 5が採用したOffset Engineの技術デモ

Red 5の未発表MMOは技術的に高評価を得てIntelが買収を行ったOffset Software社のOffset Engine上で動くタイトルとされており、大きな注目を集めていました。この関係が現在どうなっているかは不明ですが、WoWのライセンスを失効した事で94%も売り上げを落としたThe9の思惑や、Mark Kern氏が中国市場に照準を合わせている事などを鑑みると、まだこのきな臭い状況は続きそうな気配です。

Mark Kern氏は近いうちに資金の追加調達についてアナウンスを行う予定でいるとの事で、それにより今後の動向も若干明らかにされるかもしれません。しかし今回のニュースは”元Blizzard”、”大作オンラインゲーム”、”アジアのゲームパブリッシャー”と、なにやら様々な符丁の並び方に既視感を抱かざる得ない内容になっており、ゲームビジネスの難しさや闇を端的に表した象徴的なニュースと言えるかもしれません。

情報元:Kotaku

明日のlatest creationで登場が予想されるApple社製タブレットに早くもゲーム開発を発表したデベロッパが登場

2010年1月27日 18:48 by katakori
sp
アップル タブレット

開催まであと数時間と迫ったAppleのイベント”latest creation”で登場すると噂されるタブレットの存在ですが、早くも対応ゲームの開発を発表した会社が出てきました。タブレット対応のクロスワードパズルを発表したのはiPhoneアプリを手掛けるStand Alone Incで、CEOのBob Gottlieb氏が語った所によると「タブレットがリリースされると予想しています」との事。予想かい!なお、Appleからは当然ハードウェアの仕様書などは受け取っていないとの事です。まさにApple祭りに相応しい暴走ぶりで明日の発表が本当に楽しみです。万が一↓の様な事になったらどうするんだろ……。

アップル タブレット
情報元:Joystiq, イメージ:Nerdcore

[Update] Cliffy BがTwitterで何かを発表する様子です

2010年1月27日 18:20 by katakori
sp
Cliff B

UPDATE2:1月27日16:20
Cliffy Bの発表はロスト プラネット 2の事だけに止まらなかった模様です。今回のTwitterでの発表はロスト プラネット 2の事だったの?と尋ねたファンにCliffy Bが「そうだよ」と返答、「でもメガトンびっくりするようなニュースがまだ控えてるからちゃんと見ててね!」と発言しています。やはり何らかが控えている様子。今週のGTTVでも何かが発表されるか?との憶測も飛び交っていますが、はっきりした情報がありしだい改めてお伝えいたします。

UPDATE:1月27日9:40
昨日お知らせしたCliffy Bの発表は、昨日カプコンとマイクロソフトから発表されたロスト プラネット 2へのマーカスとドムのカメオ出演を指したのようでした。Cliffy Bによる何らかでは無かったのは残念ですが、またマーカスさんとドムに会える事は素晴らしい!

マーカスさんとドムかっけええええ!!!

Gears of Warシリーズでお馴染みのCliffy B、現在は未発表のプロジェクトをのんびり進めているとのでしたが、Twitterで何やら発表を行うようです。

Cliffy B曰く「Kick ass news soon. VERY soon. Watch this space…」との事でびっくりするようなニュースを用意している様子。果たしてNatalの新プロジェクトか、まさかGoW3か、流石にそれはないか……Shadow Complex絡みでしょうか。尚、この投稿が4時間前なので、ぼちぼち動きがあるかもしれません。続報ありしだい改めてお伝えいたします。

情報元:The Lost Gamer

BlizzardのWoWチームの元メンバー達により立ち上げられたRed 5 Studiosがレイオフを敢行、開発中のMMOはどうなる

2010年1月27日 18:12 by katakori
sp
Red 5 Studios

2005年にBlizzardのWorld of Warcraftの開発チームに所属したメンバー達が立ち上げ、鳴り物入りでMMOの開発を発表したRed 5 Studios、創設メンバーにはWoWチームをリードしたMark Kern氏も名前を連ねており大きな注目を集めました。しかしその後具体的なタイトルの発表などは行われず、開発が難航している事や上海スタジオの閉鎖、そしてTribesを手掛けたデザイナーScott Youngblood氏が同スタジオに参加した事などが伝えられていましたが、どうやら現在も状況は好転していないようで、レイオフが敢行されたとのニュースが聞こえてきました。

Gamasutraの報告によると、今回のレイオフは30人に及ぶそうで、上海スタジオが閉鎖された2009年4月以前に100人を雇用したとの同社CEOのMichael Weingartner氏の発言を併せて考えると30人規模のレイオフはRed 5 Studiosにとってかなりクリティカルな物である可能性が高いと言えそうです。2006年には1850万ドルの資金調達を行い、韓国のWebzenとも提携した同社ですが、その提携も昨年終了した事が伝えられており、MMOタイトルの開発続行は絶望的ではないかとの見方も出ているようです。

世に山ほどある元Blizzardの誰それによるなんちゃら、成功した物の例は本当に少なくゲームビジネスの闇が感じられる展開を迎える事が多い印象ですが、やはり個人の才能以上に組織力やビジネス的な体力が物を言う世界だという事でしょうか。非常に続報と行く末が気になるニュースです。

情報元:Gamasutra

任天堂は2007年にNatalを開発する3DV Systems社のモーションコントローラを採用しなかった

2010年1月27日 17:23 by katakori
sp
Wii

今年の年末商戦を大きく賑わすであろう各プラットフォームのモーションコントローラーですが、Xbox 360のNatalとPS3のArkのいずれも具体的なプロダクトについては未だ謎が多く、各社とも調整のフェーズが続いているようです。そんな中CVGが、任天堂が現在のNatalを開発しているイスラエルの3DV Systems社からNatal的なWii向け周辺機器の提案を受けたものの、その結果採用しなかったと報じました。なお、この後3DV Systems社はマイクロソフトに買収されProject Natalの開発に参加する事になります。

3DV Systems社が任天堂に提案した物はカメラでプレイヤーをトラッキングし、音声認識と組み合わせてコントロールを行うという物で、採用されなかった原因として任天堂の価格に乗せる事が出来なかった事と、Natalでも議論の的になっているレイテンシが原因だったとされています。真実の程はわかりませんが、大きな注目を集めている分野だけに興味深い話題と言えそうです。

情報元:Edge

「Modern Warfare 2」のカットシーンを担当したスタジオがIWの次回プロジェクトに参加、既に開発が進められている

2010年1月27日 16:41 by katakori
sp
「Modern Warfare 2」 モダンウォーフェア 2

Modern Warfare 2のシングルプレイでは印象的なカットシーンが様々見られましたが、これらのカットシーン群の多くを担当したのがロンドンにあるアニメーションスタジオ”SPOV”です。先日海外情報サイトのdevelopがSPOVにインタビューを行ったところ、同スタジオがInfinity Wardの次回プロジェクトに参加し、既にカットシーンの制作を始めている事が明らかになりました。

プロジェクト自体はまだ恐らくプリプロ以前の段階ではないかと思われますが、カットシーンの制作まで始まっているInfinity Wardの次回作が一体何なのか、CoDシリーズでは無い!や実はMMOをなどと色々な憶測が飛び交っていますが、何らか開発は進められている事は間違い無い様子、続報が非常に楽しみです。

情報元:Develop

「Halo: Reach」の新モデルとこれまでを比較してシリーズの変遷を見る

2010年1月27日 16:03 by katakori
sp
「Halo: Reach」 ヘイローリーチ

午前中にNobleチームのキャラクター紹介を行った「Halo: Reach」ですが、Bungieの公式サイトに本作の新モデルと過去のモデルを歴代順に並べ、Haloシリーズにおける進化の変遷が確認できる記事が公開されました。実際に並べて見るとHalo: Reachが大きくブラッシュアップされて素晴らしいクオリティに達している事が判ります。

公式サイトではHalo: Reachのテクスチャ解像度が2倍になった事、そしてポリゴン数もかなり増えている事が明らかにされました。なお掲載されているモデルは左からHalo: Combat Evolved、Halo 2、Halo 3、そしてHalo: Reachとなっています。今回掲載した画像は等倍サイズの画像にリンクしてありますので、是非大きなサイズで確認してみて下さい。

「Halo: Reach」 ヘイローリーチ
マリーンの進化、Reachの凄みがはんぱない
「Halo: Reach」 ヘイローリーチ
ライティングの進化が良く判るビークル比較
「Halo: Reach」 ヘイローリーチ
進化が著しいグラントですが、1のがえらい可愛いw
「Halo: Reach」 ヘイローリーチ
エリートは随分形も変わっています
情報元及びイメージ:Bungie.net

続報:Ubisoftが著作権被害に対抗する新ツールをローンチ

2010年1月27日 15:28 by katakori
sp
著作権侵害

昨年7月に行われたUbisoftの収支報告会でYves Guillemot氏が各プラットフォームにおける世界的な著作権侵害の状況を明らかにし、PC用の新ツール開発を発表しました。先日いよいよその新ツールがローンチされ「The Settlers 7: Paths to a Kingdom」のベータテストに採用された事が明らかになりました。なお、これによりUbisoftはこれまで利用してきたStarForceの採用を取りやめる事になります。

この新ツールは前述の通りPC用の物で、ネット認証が必要な物になります。認証にはUbi.comへの接続とアカウントの作成が必要になります。また、ディスクレスの起動にも対応、インストール回数の制限も無く無制限である事が記されています。さらにゲームのセーブデータをUbisoftのサーバに保存、任意のPCからそれらにアクセスする事が可能になります。どうやらこの新ツールは北米で3月16日にリリースされるAssassin’s Creed 2のPC版にも採用される模様です。

Ubisoftは実績システムやコンテンツ販売等を統合した同社のタイトル向けサービスUplayの運用を昨年の11月から開始しており(詳細は過去記事へ)、すでにそちらでもPC版Assassin’s Creed 2の用意が進められています。今回の対策ツールがUplayとの連携も上手く進められる物であればとても魅力的ではないでしょうか。

情報元:Edge

Xbox Live Marketplaceの1月と2月のリリーススケジュールがアナウンス

2010年1月27日 12:53 by katakori
sp
Xbox 360

マイクロソフトは先ほどXbox Live Marketplace1月と2月中のリリーススケジュールを発表、DLCやアバター、アーケードタイトルに値引きタイトル等の価格やスケジュールが明らかにされています。詳細は以下の様になっています。

■ Xbox LIVE Deal of the Week:
2月2日: Splosion Man 400msp

■ Xbox LIVE Games on Demand:
1月26日: Dead Rising and Halo Wars
2月2日: Medal of Honor: Airborne

■ Xbox LIVE Arcade:
1月27日: KrissX(クロスワード的なパズルゲーム) 800msp
2月3日: Chime(音楽パズルゲーム) 400msp

■ Xbox Avatars Marketplace:
1月28日: Assassin’s Creed
2月4日: Valentine’s Day and Carnival collections

■ Game Add-Ons
1月27日: Pinball FX Excalibur Table 240msp
1月28日: Assassin’s Creed II: Battle of Forli 320msp
2月2日: Halo 3 Mythic 2 Map Pack 800msp

※表記の”msp”はマイクロソフトポイントです。

情報元:The Lost Gamer

「Spec Ops: The Line」は次のE3で大量に新情報が明らかになる、プレイの様子が見られるインタビュー映像が登場

2010年1月27日 12:39 by katakori
sp

昨年末のVGA 2009でサプライズ発表された2K Gamesの新作TPS「Spec Ops: The Line」、Spec Opsシリーズの最新作となる本作は荒廃したドバイが舞台になる衝撃的な映像でデビューしました。これまで発表以降の情報は少なめの本作でしたが、昨日GTにインタビュー映像が登場し次のE3で新情報やトレーラー等多くの発表が行われる事が判りました。なおインタビューではリードデザイナーを務めるCory Davis氏が登場し環境の破壊要素や分隊管理、キャラクターのカスタマイズ、そしてプレイ中の行動の選択等について語っています。

新しいデベロッパと思われるYager Developmentが開発を担当するSpec Ops: The Line、シングルプレイに加えマルチプレイも擁する本作はUnreal Engine 3を用いて開発が行われており、2010年Q4から2011年の間にリリースされる予定となっています。なお、対応プラットフォームはPC、Xbox 360、そしてPS3となっています。

どの能力が使いたい?「Red Dead Redemption」のGameStop予約特典のファンが投票が開始!

2010年1月27日 12:23 by okome
sp
「Red Dead Redemption」

昨年12月の初めに「Red Dead Redemption」のGameStopでの予約特典をファンが投票して決定する事が可能になるとの話がデベロッパであるRockstar Gamesから発表されていましたが、昨日その投票がGameStopで開始されました。

今回のファン投票では今作の主人公であるJohn Marstonのカウボーイ道具一式を下記の3種類の中から選択し、最も得票数の多かった物が予約特典として製品に同梱されるようです。この特典はゲーム開始時にすぐに利用できるようになるわけではなく、ゲーム内でのチャレンジが終了した後にアンロックされるとの事です。投票できる3タイプの詳細は以下のようになっています。

THE SAVVY MERCHANT(経験豊富な商人)
弾薬や銃を通常の半額で買うことが出来る

THE DEADLY ASSASSIN(凄腕の暗殺者)
ターゲッティングに関係する”Dead Eye”スキルの再使用が1/2に短縮

THE EXPERT HUNTER(熟練したハンター)
狩りの際に通常の2倍の量の毛皮が得られる

「Red Dead Redemption」
商人のモーゼルが超いかす!
「Red Dead Redemption」
ASSASSINの戦闘の様子
「Red Dead Redemption」
ナイフで熊に挑むハンター……リアル藤原組長ライフが満喫できるのか!!!

個人的にはハンターライフがとても気になります……。情報元には”skins and hides”(皮と皮革)と記載されており、これら売ることで糧とする事を意味するのか、それとも生産とか可能なのか?!ウエスタンなオープンワールドを生活系のんびりライフも楽しめるタイトルになっていたりしたらと妄想するだけでたまらなくなってくるRed Dead Redemptionは北米で4月27日にリリースの予定で、対応プラットフォームはPS3とXbox 360となっています。

情報元及びイメージ:That VideoGame Blog

「Halo: Reach」主役を務めるNobleチームの面々はどんな奴らなのか?キャラクター紹介第一弾!

2010年1月27日 11:52 by katakori
sp
「Halo: Reach」 ヘイローリーチ

先日開催が発表されたマイクロソフトのゲームイベント”X10″でも新情報が発表される事が明らかになった期待のシリーズ最新作「Halo: Reach」、今作ではNobleチームと呼ばれる小隊が主人公を務める事になります。同チームには重火器要員からステルスキャラ、スナイパーまで個性豊かな面々が揃っており、本作のプレイを豊かにするキャラクター達となりそうです。

そんなNobleチームの個々のメンバーをお馴染みGameinformerが紹介し始めました。現在CARTERとEMILEの二人が紹介されており、さらなるメンバー紹介が進められる様子です。一先ずキャラクター紹介の第1弾としてこの二人をご紹介、残りのメンバーも日を改めてご紹介させて頂きますのでお楽しみに!

■ Nobleチームプロファイル#1 CARTER-259

「Halo: Reach」 ヘイローリーチ

一人目はNobleチームのリーダーを務める”カーター”ことCARTER-259です。27/08/2520生まれでDURBANのBIKO出身のカーターはチームリーダーとして経験豊かな人物で、冷静かつ行動的、そしてリーダーとしてのカリスマに満ちた心強いキャラクターです。マークスマンライフルを装備し、環境に柔軟に対応する事が可能なキャラクターとして設計されているようです。しかし彼はチームへの指揮のミスでチームメンバー”S-293″を失ってしまい(22/04/2552)、それを自分のミスだと考えているようです。戦闘の判断において何らかの戸惑いを見せる面もあり、このあたりが大きくストーリーに関わってきそうです。

■ Nobleチームプロファイル#2 EMILE-239

「Halo: Reach」 ヘイローリーチ

二人目はステルス戦闘を担当する”エミル”ことEMILE-239です。11/03/2523生まれでLUXORのERIDANUS II出身のエミルはヘルメットのスカルペイントが印象的なキャラクターです。ちなみに彼は惑星john-117の出身なのでマスターチーフと同郷という事になります。彼はナイフによるスニークキルを得意とするキャラクターで、復活したM6G PDWS(通常のM6Gよりバレルが短い物)を装備しています。また、flagとplasmaグレネードも使用可能となっています。

彼はNobleチームのなかでもコミュニケーション的な意味で扱いにくいキャラクターで、UNSC(国連宇宙司令部)が禁止している何らかを取り扱っているそうで、NAVCOM(UNSCの下部組織)に対する命令違反を繰り返している模様。ストーリー的にも一癖二癖ありそうなキャラクターになっています。

情報元及びイメージ:GameInformer, GameInformer

噂:EA Black Boxが未発表のTPSアクションゲームを開発中か

2010年1月26日 18:42 by katakori
sp
BlackBox

Need for SpeedやSkateシリーズの開発を手掛けるEA Black Boxが未発表のTPSアクションタイトルを開発中との噂が聞こえてきました。これはEAでアニーメーションディレクターを務めていたAthomas Goldberg氏のLinkedinから明らかになった物で、EA Black BoxのバンクーバーオフィスでTPSアクションのアニメーション設計を手掛けていたと記述されています。

さらにこれはPhysXのRaycastベースで構築された物で、破壊可能な要素や様々な材質表面や状況に合わせたアクションが可能な物とされており、どうやら以前噂に上がったGunheadではないかと囁かれています。ちなみに現在EA Black Boxが開発を進めているのは5月にリリースされるSkate 3のみとされています。

情報元及びイメージ:VG247

DICEが「Mirror’s Edge」の続編を検討中、そしてEAはさらなるBattlefieldフランチャイズを準備中

2010年1月26日 17:57 by katakori
sp
Battlefield バトルフィールド

昨年12月にEAが敢行したレイオフを発端に「Mirror’s Edge」の続編の存在が危ぶまれる状態にあるとの噂が出ていましたが、Battlefield: Bad Company 2のリリースを控えたDICEがMirror’s Edgeの続編について前向きな検討を進めている事を明らかにしました。

海外の情報サイトNowGamerにBFBC2の総制作指揮を務めるKarl-Magnus Trodesson氏が語った所によると、「公式の発表を行っていないのでMirror’s Edge続編の開発についてはコメントできませんが、私たちは同作を誇りに思っており、今後どう進めるかについて具体的に考えています」と語りました。

同氏はDICEが専らFPSジャンルに専心し、Battlefield franchiseに大きく関わっている事を認めた上で、今後ずっとそうであるとは限らないと明かしています。Mirror’s EdgeはDICEにとってオリジナルIPを作る事ができるか否か確かめる大きなテストの意味も持っていたそうで、DICEはその結果に非常に満足している模様で、近い将来にはFaithとDICEのファンの為に同シリーズにスポットを当てるつもりだと述べています。

さらにKarl-Magnus氏と同じくBFBC2の総制作指揮を務めるPatrick Bach氏はGamerZinesのインタビューに応え、EAが発表済みのBattlefield 3以外にも数多くのBattlefieldフランチャイズに取り組んでいる事を明かしています。Battlefield 3はすでにDICEのストックホルムチームが開発を進めている事が知られており、前述のMirror’s Edgeとの兼ね合いも含め、どのような内容で進められているのか非常に気になる所です。

情報元及びイメージ:VG247, NowGamer
2 / 1112345...10...最後 »
sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.