「Thief」

2014年7月に浮上した噂を経て、昨年3月にスクウェア・エニックスが映画化を正式にアナウンスした新生「Thief」ですが、映画“LEGO ムービー”の製作総指揮や“ヒックとドラゴン”シリーズのプロデューサーを務めたロイ・リーが率いる映画化の進捗に注目が集まるなか、本作の映画化権を取得したプロダクション“Straight Up Films”が公式サイトを更新し、映画化と併せて未発表の続編開発が進められているとアナウンスしました。

(続きを読む…)

「Call of Duty: Black Ops III」

先日、待望のお披露目を果たし、5月16日のPS4版ローンチが目前に迫るBO3のアンデッドサーガDLC「Call of Duty: Black Ops III Zombies Chronicles」ですが、新たにメタルギアシリーズでお馴染み新川洋司氏を起用した“Zombies Chronicles”の素敵なポスターイメージが公開され話題となっています。(PS4版の予約特典となるダイナミックテーマにも氏のアートワークが用いられている)

新川洋司氏が描いたタケオとニコライ、デンプシー、リヒトーフェンの素晴らしいポスターは以下からご確認下さい。

(続きを読む…)

「MZ-80C」

本日、星のカービィやハコボーイ!シリーズで知られる株式会社ハル研究所が、1970年代から1980年代に活躍したパソコンを1/4サイズで再現する新ハード「PasocomMini」(パソコンミニ)を発表し、シリーズ第1弾として1979年に発売されたシャープの名機“MZ-80C”を10月中旬に発売することが明らかになりました。

手のひらサイズに生まれ変わるPasocomMiniの“MZ-80C”は、Raspberry Pi A+をベースに、HDMIのモニタ出力やマイクロUSB電源、USBポートを搭載し、SmileBASICやMZ-80のハードウェアエミュレーションが動作する本格的な小型パソコンで、当時の人気ゲームを3本同梱しており、6月1日には予約販売が開始されるとのこと。

(続きを読む…)

「Overwatch」

先日、20日間に及ぶ“アップライジング”イベントを終えた「Overwatch」(オーバーウォッチ)ですが、本日Blizzardが7年前に起こったオムニック過激派とオーバーウォッチの戦いを描いたPvEコンテンツ“アップライジング”モードの統計情報を発表し、イベント中にプレイされた“アップライジング”の累計マッチ数が1億4,550万6,333回に達していたことが明らかになりました。

また、オーバーウォッチとヌルセクターそれぞれの勝利数や破壊されたオムニックの数、難易度別の勝利率など、多数の興味深いディテールが判明しています。

(続きを読む…)

「魂斗羅」

5月8日、ドニー・イェン主演の“スペシャルID 特殊身分”や“戦国”といった作品で知られる中国のプロダクション北京星光灿烂影业有限公司(Beijing Starlit Movie and TV Culture)が、えすのサカエ氏の人気コミック“未来日記”と“ビッグオーダー”、そしてコナミの人気アーケードゲーム「魂斗羅」の実写映画化を発表し、映画版“魂斗羅”のポスターとティザートレーラーを公開しました。

(続きを読む…)

「 Overkill’s The Walking Dead」

先日、OVERKILL’s The Walking DeadやPsychonauts 2、System Shock 3、PAYDAY 2といった注目作の新情報をお披露目するライブ配信“Star Stream”の実施をアナウンスした“Starbreeze”ですが、本日深夜の放送が迫るなか、Starbreezeが新作「OVERKILL’s The Walking Dead」のファーストルック解禁を予告し、詳細な放送時刻を発表しました。

(続きを読む…)

「BioWare」

予てから、オリジナルの“Mass Effect”と“Star Wars: Knights of the Old Republic”を生んだチームが水面下で開発を進めていることが報じられていた「BioWare」の新IPですが、本日行われたEAの2017会計年度業績報告において、本作の発売延期がアナウンスされ、2019会計年度内(2018年4月1日から2019年3月31日まで)のリリースを予定していることが明らかになりました。

(続きを読む…)

「Need for Speed」

昨年5月に新作のプロジェクト始動が報じられ、今年2月にはEAのCEO Andrew Wilson氏が発売時期と進捗を報告していたGhost Gamesの「Need For Speed」シリーズ最新作ですが、本日EAが国内外の公式サイトを更新し、2017年内に登場する最新作のディテールを報告。タイトルの名称や概要は不明ながら、一部の仕様や主な要素に関する情報が判明しています。

(続きを読む…)

「Risk of Rain 2」

2Dローグライクシューター“Risk of Rain”と傑作ステルスアクション“DEADBOLT”を生んだインディーデベロッパHopoo Gamesが、本日スタジオの開発Blogを更新し、次回作となる続編「Risk of Rain 2」を発表。なんと2Dスクロールを廃し、スタジオ初の3Dタイトルとして開発を進めていることが明らかになりました。

報告によると、開発は既に6ヶ月に渡って進められており、非常に初期段階のビルドを撮影した初のインゲームフッテージが登場しています。

(続きを読む…)

「 Portal 2」

先日、figma Atlasの予約受付開始をご紹介したグッドスマイルカンパニーの“Portal 2”フィギュアですが、新たにグッドスマイルカンパニーが公式ストアGOODSMILE ONLINE SHOP国内Amazonにて、Atlasに続く「figma P-Body」の予約受付を開始しました。

公式ストア分の“figma P-Body”予約受付期間は、2017年5月9日(火)12:00から2017年6月7日(水)21:00まで、価格は8,800円(+税)、出荷は2017年11月を予定しています。

(続きを読む…)

「The Elder Scrolls Online」

6月6日の配信がいよいよ目前に迫る“The Elder Scrolls Online”の大規模拡張コンテンツ“The Elder Scrolls Online: Morrowind”ですが、新たにCandylandが2002年の“The Elder Scrolls III: Morrowind”とTESOの最新拡張を並べた「Morrowind」地方の新旧比較映像を公開しました。

馴染み深いSeyda NeenやVivec、Balmoraの懐かしい景観と、700年前の同地域を描いた“The Elder Scrolls Online: Morrowind”の見事な進化が確認できる最新映像は以下からご確認下さい。

(続きを読む…)

「The Elder Scrolls」

The Elder Scrolls ArenaからSkyrimまで、ナンバリングタイトル5作品と主要な拡張パックを網羅したディスク9枚組の豪華なボックスセット「The Elder Scrolls Anthology」(2013年9月発売)ですが、昨晩この分厚いボックスセットが購入者の命を銃弾から救ったという、まるで映画のような事件が発生し大きな話題となっています。

これは、昨晩velorokさんが“Prey”をプレイしていた際に、隣の部屋で発砲された銃弾が壁を貫通し、velorokさんの側にあった“The Elder Scrolls Anthology”がこの銃弾を受け止めたというもの。velorokさんは、大きな破裂音とガラスが割れる音が聞こえた際、最初は電球が破裂したかと考えたものの、プレイしていたモニタの左側の壁に銃の弾痕と、貫通時に巻き上がった埃を目の当たりにし事態を把握。その後、銃弾を探したところボックスセットの内部に弾丸と破壊されたディスクを発見したと報告しています。

(続きを読む…)

「Injustice 2」

5月16日の海外ローンチがいよいよ1週間後に迫るNetherRealm StudiosのDC格闘シリーズ最新作「Injustice 2」ですが、新たにWarner Bros. Interactive Entertainmentが60万ドルの賞金を用意したPS4版のチャンピオンシップシリーズを発表。秋のシリーズシーズンファイナルに向けて世界中で4つのトーナメントを実施することが明らかになりました。

発表に併せて、北米とヨーロッパ、中南米のプロ選手が激突する“Injustice 2 Pro Series”、アメリカ在住のゲーマーを対象とするGameStopのトーナメント“Injustice 2 GameStop Hometown Heroes”、ベネルクス三国とフランス、ドイツ、北欧地域、イタリア、スペイン、イギリスのゲーマーを対象とする“Injustice 2 Path to Pro Tournament”、アルゼンチンとチリ、メキシコ、ペルーのゲーマーを対象とする“Injustice 2 Liga Latina”の4トーナメントを紹介するプロモーション映像が登場しています。

今回は、この映像に加え、グリーン・ランタンとグリーン・アロー、ダークセイドのムーブセット解説映像をまとめてご紹介します。

(続きを読む…)

「Dead Island 2」

先日、10ヶ月ぶりの生存確認をご紹介したばかりの新生「Dead Island 2」ですが、新たにパブリッシャーDeep Silverが声明を発表し、本作が“Sumo Digital”の下で現在も開発中だと明らかにしました。

(続きを読む…)

「MARIO KART 8 DELUXE」

前回、任天堂の人気シリーズ最新作「マリオカート8 デラックス」がNintendo Switchタイトル初の首位を獲得していたイギリス小売市場の週間セールスチャートですが、新たにGfK Chart-Trackが2017年4月30日週の最新販売データを発表し、“マリオカート8 デラックス”が見事2週目の首位を獲得したことが明らかになりました。

また、Dishonoredシリーズで知られるArkane Studiosのオースティンスタジオが開発を手掛けた新生「Prey」は、初登場2位でTOP3入りを果たしています。

(続きを読む…)

「Nintendo PlayStation」

2015年7月3日にその存在が確認され、大きな話題となった初代PlayStationの前進として知られる幻のハードウェア「Nintendo Play Station」ですが、昨年7月から本機の修理を進めていたハードウェア魔改造の鬼Ben Heck氏が最新のThe Ben Heck Showエピソードを公開。発見当初から動作していなかった“Nintendo Play Station”のCD-ROMを遂に修理し、なんとCD-ROM経由でゲームの起動とプレイに成功したことが明らかになりました。

“Nintendo Play Station”は、かつて任天堂とSonyがCD-ROM搭載型のスーパーファミコンとして共同で開発を進めていたプロトタイプで、1991年6月1日から4日にかけてシカゴで開催されたCES会場でアナウンスされたものの、その直後に任天堂がPhilipsと新たな契約を結んだことから両社が袂を分かつこととなり、当時200台存在したプロトタイプは全て破壊されたと考えられていました。(これを機に、SonyはNintendo Play Stationの開発で培った経験を元にコンソール市場への参入を決意。初代“PlayStation”誕生の礎となった)

なお、今回Ben Heck氏が修理に成功した“Nintendo Play Station”は、当時Sony Interactive EntertainmentのCEOを務めたベストセラー作家Olaf Olafsson氏が96年から役員と社長に就任していた投資会社Advanta Corporationの社内に眠っていたもので、2009年にAdvantaが破産申し立てを行った際に管理人として働いていたTerry Dieboldさんがゴミの掃除中にプロトタイプを発見し、その正体や出自を知らないまま保護。数年を経て、Terry Dieboldさんの息子Danさんがプロトタイプの話題を耳にし、父が所有していた謎のハードがまさにそれではないかとイメージと映像を公開したことから、遂にその生存が確認されたという曰く付きの実機です。

発見当初からカートリッジを利用したゲームプレイが確認済みだった“Nintendo Play Station”ですが、この実機をばらしたBen Heck氏がCD-ROM用のDACやコントローラーチップ、リボンケーブル、デコーダー用と思われる不明瞭なチップの確認を進めるなかで、突如として息を吹き返したCD-ROMの挙動とアクセス、エミュレーターを利用したMartin Korth氏のパズルゲーム“Magic Floor”の起動とプレイを撮影した感動的な映像は以下からご確認下さい。

(続きを読む…)

「Dawn of War III」

先日、待望のローンチを果たした人気RTSシリーズ最新作「Dawn of War III」ですが、既に幾つかのHotfixをリリースしたRelicが第1弾パッチの配信を予告。実装が待たれていたマルチプレイヤーの“降伏”機能を導入するほか、サーバの改善を予定していることが明らかになりました。

Relicによると、第1弾パッチは今週月曜配信予定で、続いてサーバの改善を火曜に実施。さらに、今月の終わりには最初のバランスパッチ配信を予定しているとのこと。

また、Gabriel Angelosを巡る物語を描く4話構成のコミックミニシリーズ“Warhammer 40,000: Dawn of War III – The Hunt for Gabriel Angelos”がアナウンスされ、第1話の5月17日発売に先駆けて、数枚のサンプルイメージが登場しています。

(続きを読む…)

「 Marvel Games」

Tomb Raiderの“Crystal Dynamics”と新生Deus Exの“Eidos Montréal”が開発を手掛けるアベンジャーズ作品や、“Insomniac Games”が開発を手掛けるスパイダーマン、“Telltale Games”によるガーディアンズ・オブ・ギャラクシーなど、SEGAとActivision時代の粗製乱造を払拭する本格的なビデオゲーム事業の展開を進めている「マーベル」(Marvel Entertainment)ですが、新たにマーベルのビデオゲーム事業を率いるベテランJay Ong氏がGameSpotのインタビューに応じ、VRに対する取り組みに言及。近くファンを熱狂させるVR関連の発表を幾つか行うと予告し話題となっています。

(続きを読む…)

3 / 50112345...102030...最後 »
sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその111
「言葉のチョイスはそれでいいのだろうか」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.