Wolfenstein II: The New Colossus

精巧なミニチュアを用いる独創的なアドベンチャー「Trüberbrook」のKickstarterキャンペーンが遂にスタート

2017年11月15日 19:12 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Trüberbrook」

今年9月中旬にKickstarterキャンペーンの実施に関する発表をご紹介した独btfの独創的なSci-Fiアドベンチャー「Trüberbrook」(PS4/Xbox One/Nintendo Switch/PC/Mac/Linux)ですが、本日予定通り8万ユーロ(約1,070万円)の調達を目標とするKickstarterキャンペーンがスタートし、初日で早くも6万3,000ユーロを超える調達を達成しています。

“ツイン・ピークス”や“X-ファイル”、“TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ”、“ストレンジャー・シングス”といった人気ドラマにインスパイアされた“Trüberbrook”は、冷戦下の1960年代ドイツが舞台となるポイント&クリック型のSci-Fiアドベンチャーで、主人公であるアメリカ人物理学者Tannhauserが一見のどかに見える田舎町に隠されたSci-Fi的ミステリーを追う物語を描いています。

また、本作はライティングまで入念に作り込んだミニチュアモデルをフォトグラメトリーで3D化し、その後CGキャラクターとポストエフェクトを追加する珍しい手法を採用しており、実写ともCGともつかない非常に印象的なアートスタイルとゲームプレイが確認できるKickstarterキャンペーンのプロモーション映像が登場しています。

btfの開発者達がヒーローと崇めるロン・ギルバートがスタジオを訪れミニチュアを見学する様子も確認できる最新映像と、素敵なキャラクターデザイン、ゲーム内のインタラクションが確認できるイメージは以下からご確認下さい。

新たに公開されたKickstarterキャンペーンのプロモーション映像
「Trüberbrook」
「Trüberbrook」
「Trüberbrook」
物理学を学ぶアメリカ人学生“Tannhauser”、好奇心旺盛で社交的な本作の主人公
「Trüberbrook」
村の謎に取り憑かれたヒロインGretchen Lemke、古人類学を学ぶドイツ人学生
「Trüberbrook」
舞台となるTruberbrookの古い大邸宅に暮らす謎の発明家Lazarus Taft
「Trüberbrook」
ミニチュアを熱心に見つめる我等がロン・ギルバート

マウス操作に反応する主人公の環境インタラクション

コントローラーによる操作とツリー構造のダイアログが確認できる

従来のポイント&クリック型操作となるマウスと
視線に追従するコントローラー操作の違いが分かる

「Trüberbrook」
以下、主要キャラクター達の素敵なコンセプトアート
「Trüberbrook」
「Trüberbrook」
「Trüberbrook」
「Trüberbrook」
「Trüberbrook」
「Trüberbrook」
「Trüberbrook」
情報元及びイメージ:Kickstarter

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.