噂:Telltaleの「ストレンジャー・シングス」はスタジオ初のUnity採用タイトルか、Varietyが報告

2018年6月26日 9:03 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Telltale Games」

今年1月下旬にUnity関連の開発者募集を開始し、近年様々な問題が表出している内製エンジン“Telltale Tool”から“Unity”への移行が噂されている“Telltale Games”ですが、新たにVarietyがスタジオの元CEO Kevin Bruner氏によるTelltale Gamesの訴訟問題を含め、騒がしい状況が続いているスタジオの背景と低迷の経緯に焦点を当てる独占記事を公開。複数の匿名ソースから情報を得たとして、今年6月にアナウンスされた「ストレンジャー・シングス」のビデオゲーム化タイトルが初のUnity採用作品になると報じ話題となっています。

これは、Varietyが事前情報通りTelltale Games内部で従来の内製エンジン“Telltale Tool”から“Unity”への移行が進められていると報告したもので、先日新トレーラーがお披露目された人気シリーズの最終章“Walking Dead: The Final Season”が最後の“Telltale Tool”採用タイトルになるとのこと。

なお、2019年に延期となった傑作のシーズン2“The Wolf Among Us 2”については、再編とコストカットの犠牲となったという一部匿名ソースの報告が記されているのみで、ともすればWalking Dead最終章とストレンジャー・シングスの間に出かねない続編と苦戦が続くスタジオの動向に改めて注目が集まるところです。

参考:最後の“Telltale Tool”採用タイトルと噂される“Walking Dead”最終章のトレーラー
皮肉なことに最終章のトレーラーは非常に高い評価を獲得している
参考:E3にて行われた“Walking Dead”最終章のプレビューパネル
ライティングやビジュアルエフェクトに広範囲な改善が見られる
情報元:Eurogamer, Variety

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその132
「3コマ:えっ」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.