“Celeste”を生んだMatt Makes Gamesが2Dアクションアドベンチャー「Skytorn」の開発中止を正式に報告

2018年12月31日 18:02 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Skytorn」

Red Dead Redemption 2や新生God of Warと並ぶ高い評価を得て、2018年を代表するインディーの傑作となった超高難易度プラットフォーマー“Celeste”ですが、2013年のアーケードアクション“TowerFall”に続いて見事な作品を生んだMatt Makes Gamesの動向に注目が集まるなか、スタジオのリードプログラマNoel Berry氏が今後の計画について言及し、“Celeste”以前から開発を進めていた新作「Skytorn」の開発を正式にキャンセルしたことが明らかになりました。

PS4とPC/Mac/Linux向けの対応を予定していた“Skytorn”は、ポストアポカリプス世界の空が舞台となる2Dアクションアドベンチャーゲームで、プロシージャルなワールド生成とメトロイドヴァニア要素を兼ね備えた野心作として注目を集めていましたが、2016年には小規模なサイドプロジェクトとして誕生した“Celeste”の計画が本格化し、開発を一時中断。2017年6月には、“Celeste”の完成後に改めて“Skytorn”の開発を再始動すると報じられていました。(参考:公式Tumblr

参考:2016年11月に公開された“Skytorn”のプレビュー映像、空中に浮かぶ島が舞台となる

“Skytorn”のキャンセルを報告したNoel Berry氏によると、4年近くに渡って多くの時間とエネルギーを“Skytorn”の開発に注ぎ込んだものの、ゲーム世界のプロシージャル生成とメトロイドヴァニアのテーマが調和せず、ランダムな世界で展開するストーリーと進行が徐々にリニアなものとなる一方で、プロシージャル要素を排することは、ゲームのコンセプトそのものを失うように感じられ、この問題を解消しないまま開発を継続したことから、リニアなアドベンチャーの要素が色濃くなるにつれて、プロシージャル要素そのものが意味を失ってしまう状況に陥っていたとのこと。

Noel Berry氏は、こういった作品の中核が安定しないまま(事態の好転に期待し)アートアセットやコンテンツのブラッシュアップを継続したものの、“Celeste”の完成と成功を経て、“Skytorn”を再始動させるか、それとも全く新しいプロジェクトに着手するか、ビジネス的に困難な選択に直面したと説明。結果として、“Skytorn”の開発にまつわる経験を他に代えがたい教訓とし、新しい計画に取り組むことを決定したと伝えています。

今のところ、Matt Makes Gamesの新プロジェクトに関する詳細は不明ですが、来年には何らかの新しい情報がアナウンスされるとのこと。

「Skytorn」
参考:以下、キャンセルとなった“Skytorn”のスクリーンショットやアートワーク
「Skytorn」
「Skytorn」
「Skytorn」
「Skytorn」
「Skytorn」
「Skytorn」
「Skytorn」
「Skytorn」
「Skytorn」
「Skytorn」
情報元及びイメージ:PC Gamer, Medium, Skytorn

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.