ESRBに続いて「PEGI」が“ランダムアイテムを含むゲーム内購入”の有無を示すレーティング表示の導入を発表

2020年4月15日 10:24 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「PEGI」

先日、北米のビデオゲームレーティングを担当するESRBが“ゲーム内購入”の有無を通知するインタラクティブ要素の導入を開始し話題となりましたが、新たに欧州のレーティング審査を手掛ける「PEGI」がESRBに続いて“ランダムアイテムを含むゲーム内購入”の有無を示す通知の導入をアナウンスしました。

PEGIは2018年9月からゲーム内購入の表記を導入していましたが、今回の変更は有料のランダムアイテムを持つタイトルに「 (Includes Paid Random Items)」の文言を付与するもので、PEGIが指定する“有料のランダムアイテム”には、購入前に入手できるアイテムを正確に知ることができないルートボックスやカードパック、プライズホイールといった要素が含まれます。

また、有料のランダムアイテムを持たない“ゲーム内購入”有りのタイトルには、従来通りゲーム内購入の要素のみがレーティング表示に付与されるとのこと。

情報元及びイメージ:VG247, PEGI

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.