大規模な環境破壊や国家の解体によって崩壊した近未来が舞台となる「Battlefield 2042」の世界設定と架空の歴史に関する情報が公開

2021年6月10日 1:34 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Battlefield 2042」

先ほど、多彩なマップと固有の能力を持つスペシャリストのラインアップをご紹介した「Battlefield 2042」ですが、マルチプレイヤー専用タイトルとなる最新作のストーリーテリング手法や設定に注目が集まるなか、新たに国内公式サイトが更新され、2042年にアメリカとロシアが一触即発の事態を迎えるに至る架空の歴史が明らかになりました。

今回公開された設定は、2031年から2042年までの約10年間に起こった世界崩壊の流れをまとめたもので、大規模な海面上昇や世界恐慌による既存の国家の解体に始まり、国家を失った数億規模の人々が新たに形成した非国家系集団“ノーパット”の台頭、復興に向けて彼らが社会基盤の一部となってしまった“ニューノーマル”の概念、70%を超える人工衛星が墜落しインターネットや衛星通信技術が根底から失われた世界規模の“ブラックアウト”、ノーパットによる代理戦争の本格化など、現代の社会が抱える様々な課題を巧みに反映した非常に興味深いトピックとダークな未来予想がまとめられていますので、気になる方は今後の(シングルプレイヤーキャンペーンを用いないマルチ環境でのストーリーテリング手法を含む)続報に必要な基礎情報として、一度全体的な流れを確認しておいてはいかがでしょうか。

2042へようこそ

世界が戦争の瀬戸際に立つなか、人類史上最大の危機により、国を持たない新たな種類の兵士が生まれる。ここまでの道のり

混沌の10年

2031年。

世界を窮地に陥るのにかかった時間はわずか約10年だった。海面の上昇、経済の崩壊、連合の破綻…ニュースには様々な見出しが踊り続ける。

2033年10月9日:「世界初のカテゴリー6に相当する嵐“ハリケーン・ゼータ”」

2034年1月11日:「世界的な食糧難および燃料不足により第二の世界恐慌が発生」

2035年8月8日:「ドイツの崩壊に引き続き、欧州連合が正式に解散」

ノーパットの台頭

時代に置き去りにされ、行き場をなくした者たちは安全な地を求めて複数の寄せ集め集団を形成した。家族、農民、医者、エンジニア、そして兵士…全く異なる出自を持っていた、かつて恵まれていた者や貧しかった過去を持つ者は困難な情勢のもと、ともに生きることを決心したのだ。

メディアは彼らを「ノン・パトリエイト」(非国家系)と呼ぶ。それに対し…彼らは自分たちを「ノーパット」と呼んだ。

ニューノーマル

2037年。

人類は「ニューノーマル」に適応する。エネルギー革命、砂漠の灌漑、水理堤防、そして防潮堤が海岸の町を救い、農地を開拓し、サプライチェーン(供給連鎖)を再構築していく。安定を求める願いは、一部の国家による国境の再解放に繋がった。

しかし、12億人の人間を祖国に帰還させる方法はない以上、ノーパットはあらゆる経済、軍事、社会政策の決定における不変の一部となっていく。ノーパットの多くは、自分たちを締め出した政府のことを未だに不信感を抱いており、再同化の呼びかけに応じていない。ノーパットのリーダーが世に現れ、以前の国籍にとらわれない新しいアイデンティティの構築を促し、旧世界とニューノーマルの間には超えてはならない一線があると主張する。#WeAreNoPats(#私たちはノーパットだ)が彼らのスローガンになった。

世界の再建が進むなか、アメリカとロシア間で対立の火花が散り、最後の2つの超大国が急速に変化する世界の支配権をめぐって争う。

2040年の大停電

2040年。

突如発生したスペースデブリ(宇宙廃棄物)の嵐により「ケスラー効果」が引き起こされ、この影響で全ての周回軌道衛星のうち70%強が機能不良に陥り、地球に落下する。原因は不明。

これに続く大停電が大規模な破滅を引き起こす。航空機が墜落。通信網が崩壊。すでに混乱が起きていた世界のサプライチェーンは停止状態に入る。石油、穀物、石炭の価格が急激に高騰。不確かな情報ではあるものの、10万名の命が失われたという。

危機に瀕するこの世界は常軌を失った。インターネットはない。道しるべはない。安全を見守るものはない。嵐を予測できるものはない。

世界的な不信感は一夜にして高まる。他人を監視できる者はいなく、他人を信用できる者もいない。ロシア、アメリカともに、大停電の原因になったのは向こうの国だと主張するなか、一部の者はこの事件の背後でノーパットが暗躍しており、政治的混乱の種を撒こうとしていると疑う。

緊張が高まるなか、ノーパットに所属するかつて軍事および戦闘訓練を受けたスペシャリストが武装したタスクフォース(任務部隊)として立ち上がった。

開戦間近

食糧と燃料の不足は、アメリカとロシア間の影の戦争に火をつけた。一見もっともらしい否定論拠​を用意するため、両国は彼らに戦争の分け前の一部を与えることを餌にして、ノーパットのタスクフォースを編成する。

2042年。

開戦が間近に迫った。ノーパットにはどちらの勢力につくかを決定し、大国のためではないにしろ、自分たちの未来のために戦うしか選択はない。

情報元及びイメージ:EA

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.