遂に北米リリースが決まった「Two Worlds II」のボックスアートと予約特典の愉快な”Sordahon”Tシャツが登場

2010年12月15日 18:10 by katakori
sp
「Two Worlds II」 トゥーワールド II

リリースに関するトラブルが続いていた「Two Worlds II」でしたが、先日遂にTopWareがSouthPeakからイギリスの販売権利を買い上げる事でアメリカとイギリスの正式な発売日が決定、共に1月25日にリリースを迎える事が明らかになりました。

そんな中、SouthPeakが北米版のボックスアートと予約特典を発表、ヨーロッパでは伝統的なハイファンタジー感でプロモーションを行ってきたTopWareでしたが、やはりSouthPeakはプロモーションで続けてきたおバカ路線でどうしても売りたいらしく、敵キャラクター”Sordahon”をメインに据えばかばかしいプロモーション映像を公開してきた”Sordahon’s Journey”の流れを汲むTwo Worlds IIのTシャツを用意しました。

あのビニール感溢れるSordahonがばーん!と描かれたTシャツには(Sordahonの映像は最後に掲載した動画でご確認ください)「YEAH, I LIKE TO KILL」(うん、俺は殺すのが好きだ)と書かれており、とてもアメリカで着て歩けるとは思えない物騒なデザインとなっています。SouthPeakは一体Two Worlds IIをどうしたいんだww

なお、予約特典にはTシャツだけでなく10ドルの値引きも用意されており、購入予定の方には嬉しい特典となっています。

今回の予約特典やこれまで行われたプロモーション、そしてトラブルも含めSouthPeakとTopWareには販売の路線に大きな見解の差が見られ、その辺りが根本的な部分で今回のトラブルに大きく関係している様にさえ見受けられます。なお、以下にはヨーロッパでTopWareがリリースした限定版”Royal Edition”の紹介映像を掲載してありますので、この辺りを比べて頂けると今回のTシャツがより楽しめる事と思います。

という事で色々愉快な事情に悩まされるTwo Worlds IIですが、ゲーム自体は抜群に面白く、ハードコアRPG好きにとってプレイ必須のタイトルである事には違いありません。また、2011年2月17日にリリースされる日本語版では伝統的なファンタジー作品として紹介されており、こちらも大いに期待!です。

(続きを読む…)

マリオとクッパの壮絶な抗争を”GTA”風に描いた映像作品「The Brothers Mario」が凄い!

2010年12月15日 17:07 by katakori
sp

これは多くのコメディ映像作品を手掛けるThe Country Clubの新作「The Brothers Mario」のトレーラー映像です。見ての通りマリオとクッパの戦いをGTA風に描いた物で、イタリアンマフィア映画の香りも漂わせるお約束に満ちたパロディ作品となっています。

マリオとクッパ、そしてピーチ姫以外にもルイージやクリボー、ヨッシーにキノピオからハンマーブロスまで様々なキャラクターが登場、見た目が全く違うのに何となくな記号的表現ですんなり理解できるのがマリオの偉大な所!

大爆発を背に全く振り返らないナイスガイなマリオが、街にはびこるクッパのダニども全員を死刑に処す!な勢いで火炎瓶を投げる様はもう完全に別の誰かになっている様な気がしないでもありませんが面白いから問題ありません。今後完全版が作られる事はあるのか、非常に楽しみなファンメイドムービーがまた1つ増えました。

ファンメイドムービー「Modern Warfare 2 meets Metal Gear Solid」のエピソード3がパワーアップして登場!カオス……

2010年12月15日 16:46 by katakori
sp

高クオリティなファンメイドのゲーム映像作品が多く登場する昨今ですが、その中の1つにModern Warfare 2とMetal Gear Solidを融合した「Modern Warfare 2 meets Metal Gear Solid」が存在します。

この作品はActivisionのBobby Kotick氏とマカロフ、そしてリキッド・オセロットが手を組んだ勢力に対し、我等がスネークとちょっと綺麗なゴーストが愉快に立ち向かうという物。

今回公開されたエピソード3ではKill ZoneやらMass EffectやらFalloutまでごちゃごちゃに混ぜ込み、これまで以上にカオスな事態が展開、いちいち突っ込んでいたらキリが無い最高に頭の悪い(褒めています)作品に仕上がっています。素晴らしい!

まだ今後も続くこのModern Warfare 2 meets Metal Gear Solid、プライス大尉達の墓標に誓ったスーサイドミッションの成功は成し遂げられるのか、新エピソードの登場が今から楽しみです。なお、以前のエピソードを以下に掲載しましたので、興味のある方はこちらもご覧頂くと今後の展開もより楽しめるかと思います。

記念すべきエピソード1
馬鹿さ加減に磨きがかかったエピソード2

「OK Go」の新作がまたどえらい素敵!GPSを装備してロサンゼルスの街をみんなでパレード

2010年12月15日 16:29 by katakori
sp

前回はSamsungとのコラボでトーストを焼いて作ったストップモーションアニメーションを公開したアメリカの人気バンド「OK Go」、さらに以前には新曲”White Knuckles”でワンコ達と信じられないシンクロを見せた脅威のPVをお届けしましたが、今度は新たにレンジローバーとのコラボで実現した素敵なパレードの様子を公開しました。

今回のプロモーションは特設サイトで公開されているGPSアプリケーションを利用し、利用者達の足跡を描く事でアートを作ろうという物。映像はOK Goがそのプロモーションの一環として実際にGPSを装備しパレードした様子を収めた物。

公開された映像はこれまでに見られた様な驚く様なアイデアと圧倒的な作業量から出来上がったPVでは無いものの、OK Goがなぜいつも”楽しそう”なのか、その根本的なコアの一部が見え隠れする興味深い物で、一緒に楽器を持ってパレードする仲間たち、そしてそれを見て何が起こってるのかと楽しそうに眺めたり嬉しそうに声を掛ける街の人達も含め、所謂本能的な”Fun”がたっぷりと収められてる様に感じます。

これまでのPVも含め、今も昔も変わらない素敵なゲームに出会った時のワクワクするような感じにも似たOK Goの作品からは、Naughty DogやBungie、RockstarやCliffy B、Ken Levine氏といったスター達が手掛けるゲームに出会った時の”楽しい”気持ちに共通する何かを感じます。みんな楽しそうで素晴らしい!

「Uncharted 3: Drake’s Deception」は前作の拡張エンジンを利用+キュートなおまけ

2010年12月15日 15:18 by katakori
sp
「Uncharted 3: Drake’s Deception」 アンチャーテッド 3

今朝方キャンペーンCo-op登場の可能性をお知らせしたNaughty Dogの期待作「Uncharted 3: Drake’s Deception」ですが、新たに本作で利用されるゲームエンジンが前作のエンジンを拡張した新しいバージョンが採用されている事が明らかになりました。

これはイタリアの情報サイト4NewsItaliaがNaughty Dogに対しTwitterで質問したところ寄せられた回答から明らかになった物で、前作の時点でもPS3のCellとSPUを限界まで使い倒したと評されたエンジンがさらなる拡張を迎える事がはっきりと言明された事となります。

今作では砂や水、炎といった流体周りの大きな革新に挑戦する事が既にNaughty Dogから言及されており、先日公開されたインゲーム映像からもそのダイナミックな様子の一端を窺い知る事が出来ました。恐らくファンの期待を大きく超えるイノベーションが実現されるであろう新エンジンの完成度に期待が高まります。

前作Uncharted 2の開発時に公開されたエンジンの特徴を収めたデベロッパーズダイアリー映像

InsomniacとCo-OptimusからNaughty Dogへクリスマスカードが

「Uncharted 3: Drake’s Deception」 アンチャーテッド 3

世界中のデベロッパ達と仲が良いNaughty Dog、特にInsomniacとはスタジオも近くお互いに切磋琢磨する長年の友人である事が知られています。そんなInsomniacとゲームのCo-op情報を扱うCo-OptimusがNaughty Dogに可愛らしいクリスマスカードを送付、先ほどNaughty Dogがありがとう!とそのイメージをtwitterで公開しました。

両方ともまぁなんとも可愛らしいカードで微笑ましい限りですが、さらにInsomniacがNaughty Dogの”ありがとう”にイェィ!と返し、なんともクリスマスらしい仲の良い様子でファンを楽しませてくれています。ここには不毛な対立構造も争いも見られず、世界中のファンやデベロッパから愛され、ゲームの楽しさを存分に追求するNaughty DogとInsomniacが持つ本質的な”何か”が見え隠れする様な気さえします。

情報元:N4G, イメージ:Twitpic

Remedyおめでとう!「Alan Wake」がTime誌のGOTYで1位に、最も成熟したタイトルと評価

2010年12月15日 12:14 by katakori
sp
「Alan Wake」 アランウェイク

Remedyが虎の子の”Max Payne”IPを売り飛ばし、7年の歳月を掛けてようやく完成させたサイコロジカルスリラー「Alan Wake」、Remedyは今作が失敗したらヘルシンキでホットドッグを売って暮らすとまで言い放った物の、文字通り”類を見ない”良作ながらセールスは奮わず、シーズン形式で予定されていたDLCの計画も残念ながら頓挫してしまいました。

さらにリリース後には続編への意欲は十分ながらもマイクロソフトとのビジネス的な関係から続編の計画が進められない状態にある事を明かし、RemedyがLimbo(地獄の入り口、三途の川的な場所の事)に居るとの発言も見られ今後の動向が心配されていました。

そんな中、昨晩TIME誌のゲーム・オブ・ザ・イヤー企画にて2010年のトップ10タイトルが発表、なんとAlan Wakeが1位に選ばれRed Dead RedemptionやHalo: Reachを抑え今年のナンバー1に輝きました!おめでとう!

TIME誌はAlan Wakeについて、今年多くのゲームタイトルがMレーティング(17歳以上向け)を冠したが、そのどれもAlan Wake程に成熟しているとは感じられなかったと評価。Alan Wakeが実現した最も大きな勝利はメタファーをゲームプレイへと変換した事だと述べ、メタ認識とヒッチコック的なサスペンスの融合はAlan Wakeのゲームプレイにユニークで楽しい体験をもたらし、今年最も素晴らしいゲームへと完成させたと絶賛しています。

今回の栄誉はTIME誌の評価という事で、Remedyにとっては本当に喜ばしい評価に違いなく、先日開催されたVGAや今回のTIME以外にも多く行われている多くの大手メディアによるアワードの結果如何によってはDLC全部入りのAlan Wake GOTYバージョンのリリースだって夢では無い……かも?!

しばらくネガティブなニュースが続いていたRemedyだけに、こういった高い評価がマイクロソフトのジャッジを後押しする事を願って止みません。

なお、TIME誌の今年の10タイトルは以下の様な結果となっています。

  • 1位:Alan Wake
  • 2位:Angry Birds
  • 3位:Red Dead Redemption
  • 4位:Halo: Reach
  • 5位:Super Mario Galaxy 2
  • 6位:Limbo
  • 7位:Super Meat Boy
  • 8位:Super Street Fighter IV
  • 9位:Starcraft II
  • 10位:Mass Effect 2
情報元:TIME, CVG

噂:「Uncharted 3: Drake’s Deception」にキャンペーンCo-opが実装か?Gamestopの商品ページから

2010年12月15日 11:18 by katakori
sp
「Uncharted 3: Drake’s Deception」 アンチャーテッド 3

昨日は遂にプレイ映像がLate Night With Jimmy Fallonにて公開されたNaughty Dogの次回作「Uncharted 3: Drake’s Deception」ですが、昨晩Gamestopの商品ページにキャンペーンCo-opを指していると思われる以下の様な記載が発見され注目を集めています。

■ ゲームディテール

  • Co-opモード:有り
  • オンラインプレイ対応人数:1~3プレイヤー・オンラインCo-op、1~12プレイヤー・オンラインマルチプレイ
  • プレイ人数:1~2プレイヤー
  • オンライン/マルチプレイ機能:有り

ここでは1~3人プレイに対応するオンラインCo-opとは別に、通常プレイを指すと思われるプレイ人数を別項目で1~2人対応と記されており、これがキャンペーンCo-opを指しているのでは無いかと海外では予想されています。キャンペーンCo-opが実現される事となれば、やはりサリヴァンがプレイヤーキャラクターとして登場するのか、真偽の程に注目が集まります。

情報元:CVG

2011年リリース予定の大作を時系列に並べて見ると……来年はただ事では無い一年になりそうで凄い

2010年12月15日 10:58 by katakori
sp
「2011」

先日開催されたVGAにノミネートされたタイトル群達を見渡すと、2010年が驚く程に豊作だった事が身に染みる凄まじいラインアップとなっています。どれがGOTYを取ってもおかしくないレベルのタイトルが並ぶ本当に素晴らしい一年でした。

しかし、VGAで発表された新タイトル群はそれ以上に強烈なラインアップとなっており、間違い無く今後のゲーム産業を牽引していくであろうタイトルの姿が見受けられました。

熱狂渦巻いたVGAも無事終了し、冷静に来年のタイトルを考えてみると、当サイトのサイドバーにて注目タイトルに選んでいる2011年リリースタイトルはMarvel vs. Capcom 3、Portal 2、Dragon Age II、The Witcher 2、L.A. NoireにBatman: Arkham City、Gears of War 3と、もう字面だけでお腹一杯になるレベルの濃い大作が並んでいます。

という事で、ちょっと想像を超えるカオスな事になりそうな2011年のビッグタイトルリリーススケジュールをIGNがイメージでまとめ発表、ただ事ではない状況になっている事が明らかになりました。2月~3月のプチ年末商戦に11月のホリデーシーズンのカオスさはどう控えめに見ても今年以上の物に感じられ、一体2011年がどんな1年になるのか、今から楽しみなスケジュールとなっています。

なお、以下の図表では左部のオレンジ色が詳細なスケジュールが発表されていないタイトル、右側が日付のはっきりしているタイトルとリリース月が判明しているタイトルとなっています。また、ゼルダ新作”The Legend of Zelda: Skyward Sword”や”XCOM”等、記載されていないタイトルもあり、今後このイメージは順次更新されていくとの事。

(続きを読む…)

昨日の海外ゲームニュース注目トピックス(2010/12/15)

2010年12月15日 10:18 by katakori
sp
「Battlefield: Bad Company 2 Vietnam」迫力の新トレーラー

ネイサン・フィリオンがVGA会場に登場、「Halo: Reach」の功績を称えるメモリアル上演の様子

2010年12月14日 19:13 by katakori
sp

先日開催されたVGAでは5部門にも及ぶノミネートを獲得しながらもBest Multiplayer Gameの受賞のみに終わったBungieの「Halo: Reach」、今年の受賞タイトル達は本当にどれがGOTYを獲得してもおかしくないレベルの物が多数並んでいる事もあり、本当に熱い戦いが繰り広げられた事が判ります。

しかしBungie最後のHaloタイトル”Halo: Reach”が成し遂げた功績はゲームプレイや技術的な面まで多方面に渡る輝かしい物である事に間違いはありません。そんな状況もあってかVGA会場では特別にHalo: Reachを紹介する為のステージが用意され、Halo 3とODSTに登場し、自身が大のHaloファンでもある俳優ネイサン・フィリオンが登壇、Halo: Reachの魅力を圧倒的な映像と共に紹介しました。

CG処理も施された映像ではHalo: Reachの印象深いシーンがたっぷりと盛り込まれ、如何に本作がエモーショナルでエピックなタイトルであったかを存分に感じられる内容となっています。年々ゲームの消費スピードは早くなり、賞レースも激しくなる近年ですが、勝敗から離れ功績を称える場が設けられた事は今年のVGAにおける印象的な1シーンだったとも言えそうです。

「Angry Birds」が5000万ダウンロードを突破、ニューヨークでは”Angry Birds Day”イベントを開催

2010年12月14日 18:47 by katakori
sp
「Angry Birds」の紹介トレーラー

フィンランドのインディーデベロッパRovioが開発を手掛け爆発的なヒットを記録したカジュアルタイトル「Angry Birds」がなんと5000万ダウンロードを突破したとアメリカの大手ニュースメディアCNBCが報じました。

さらにビジネス情報を扱うBusiness InsiderではAngry Birdsのプレイ時間が一日辺り2億分(※ 約380年……)に達し、もはやAngry Birdsは現代のパックマンとも評価しています。

これまでAngry Birdsのセールスについては、先月末にAndroidで700万ダウンロードを達成した事や、 リリースから2日で200万ダウンロードを達成した事、そしてRovioからは10月末の段階でApp Storeでの販売が1000万に達した事が報じられていました。

12月11日は”Angry Birds Day”、ニューヨークで楽しげなイベントも開催

Angry Birdsの好調と人気を受け、12月11日を”Angry Birds Day”としたイベントがニューヨークで開催、会場には思い思いにAngry Birdsを楽しむプレイヤー達が集いコスプレなどを楽しんでいる様子が公開されています。という事でソーシャル分野での思わぬダークホースとなったAngry Birds、さらに記録を伸ばす事になるのか、カジュアルタイトルがビジネス的にも注目を集める中、今後の動向に注目です。

情報元:VG247, GoNintendo

Ninja Mopedの新作が完全に病気……コインをストップモーションでアニメーションさせた映像作品「Insert Coin」が公開

2010年12月14日 18:10 by katakori
sp

かつて大量のレゴを利用した8bitテイストのストップモーション映像作品”Rymdreglage – 8-bit trip”(映像は記事の最後に掲載)を発表したNinja Mopedが新作ストップモーション映像作品「Insert Coin」を公開しました。以前にも増してパワーアップした病気具合は開いた口が塞がらないレベルのクオリティに達しており、想像を遙かに超える凄まじいアニメーションが展開されています。

1つ1つのコインを移動させコマ撮りで作り上げた映像はなんとも滑らかな3D表現を実現しており、そのボリュームとクオリティは後処理で合成した物なんじゃないかと感じさせる程。なお、映像の最後にはメイキングも収められており、なるほどな制作過程と仕組み、そしてやっぱり物量的な意味で頭がおかしいと言わざるを得ない作品となっています。凄い!!

こちらは以前公開されたRymdreglage – 8-bit trip、こちらも凄い

「Forza Motorsport 4」のKinect対応が正式アナウンス、新スクリーンショットも公開

2010年12月14日 16:25 by katakori
sp
「Forza Motorsport 4」 フォルツァ モータースポーツ 4

先日開催されたVGAにてサプライズ発表が行われたXbox 360の代表的なレーシングシリーズ最新作「Forza Motorsport 4」、公開されたトレーラーにはE3で行われたForzaのKinect対応デモを想起させる内容になっており注目を集めましたが、本日マイクロソフトとシリーズの開発を担当するTurn 10がプレスリリースを発表、Kinect対応を正式に発表しました。

プレスリリースではE3時のデモンストレーションに見られた自動車のカスタマイズやビューだけでなくコントロールも可能な事を示唆、コンソールの垣根を越えて最も拡張されたみずみずしい自動車体験をプレイヤーに提供する旨が記載されています。

また、プレスリリース発表前にマイクロソフトの広報がIGNに対しKinect対応について言及しており、E3で提示したプレイヤーによる自動車の調査と経験はこれまでに見られなかった類の要素であり、この技術デモがKinectとForzaによる経験を実証したと発言しています。

また、これを経て登場するForza Motorsport 4がコントローラーベースのレーシングと、これまで見られなかったKinectのパワーと自由なコントロールが実現するレーシング経験の両方によりジャンルを再定義するとの意気込みをアピールしています。

今後このカスタマイズ性と操作周りに注目が集まると思われるForza Motorsport 4はXbox 360で2011年秋のリリース予定となっています。

「Forza Motorsport 4」 フォルツァ モータースポーツ 4
「Forza Motorsport 4」 フォルツァ モータースポーツ 4
「Forza Motorsport 4」 フォルツァ モータースポーツ 4
情報元:RipTen, VG247, イメージ:Forza Motorsport

フィギュアにジョイスティックなど豪華な特典が用意された「Mortal Kombat」の限定版と予約特典がアナウンス

2010年12月14日 15:45 by katakori
sp
「Mortal Kombat」 モータルコンバット
フィギュアが同梱されるPS3版の「Mortal Kombat」Kollector’s Edition

先日開催されたVGAでは遂にクレイトスさんが登場した新生「Mortal Kombat」、2011年4月のローンチも気がつけば遠くない時期になった本作に豪華な特典が用意された限定版と大手販売店での予約特典がアナウンスされました。

今回発表された限定版はKollector’s EditionとTournament Editionの2つで、Kollector’s Editionにはアートブックとフィギュアが同梱、Tournament Editionは2万セットの限定版でジョイスティックが特典として用意されています。その他クラシックスキンなどが利用できる大手販売店向け予約特典を含めた詳細は以下からご確認下さい。

(続きを読む…)

Jimmy Fallonショーでの「Uncharted 3: Drake’s Deception」プレイデモ映像が公開

2010年12月14日 15:11 by katakori
sp

先ほどチラ見せ予告映像もお届けした「Uncharted 3: Drake’s Deception」ですが、先ほどLate Night With Jimmy FallonにNaughty DogのChristophe Balestra氏とJosh Scherr氏が登場、プレイアブルなUncharted 3: Drake’s Deceptionを公開し、ホストを務めるJimmy Fallon氏がプレイデモを行いました。

今回のデモに登場したのは屋内レベルとなっており、本作の象徴的な存在とも言える”砂”こそ姿を見せないものの、ダイナミックな炎がレベル全体を覆い尽くす激しいステージとなっており、ドレイクの近接戦闘や銃撃戦、いくつかのインターフェースも確認できる内容となっています。

今回の映像は解像度の面でもう少し詳細な映像が見たい!と言わざる得ない品質ですが、見るからにおかしな量のパーティクルで実現された炎の量やオブジェクト破壊の表現など、早くも続きが気になるプレイが収められており、既に1レベルがプレイアブルの状態にあるとも伝えられているUncharted 3のさらなるインゲーム映像の登場に期待が高まる所です。

「L.A. Noire」の開発映像が12月16日に公開、モーションキャプチャー技術に焦点

2010年12月14日 14:38 by katakori
sp
「L.A. Noire」 L.A. ノワール

Team Bondiが開発を進めているRockstarの次回作「L.A. Noire」、今年のVGAでは”Red Dead Redemption”が見事GOTYを受賞し、L.A. NoireにもRockstarクオリティの革新的なタイトルとして期待が大きく高まっています。

先日登場したファーストトレーラーの公開以来、ようやく具体的な情報が出始めたL.A. Noireですが、12月16日に本作の特徴でもあるモーションキャプチャー技術にフォーカスした新たな開発映像が公開される事が明らかになりました。

国内では恐らく17日の公開となるこの新開発映像、ゲームのプレイ性にも直接的な影響を与えるフェイシャルアニメーションなど新たなインゲーム映像の登場にも期待出来そうです。

1947年のロサンゼルスを舞台に”真の推理ゲーム”とも評されるL.A. Noire、リリースは2011年春の予定で対応プラットフォームはPS3とXbox 360となっています。

情報元及びイメージ:Rockstar Games

革新性に期待が集まる「Uncharted 3: Drake’s Deception」の開発は恐ろしい”重圧”、Jimmy Fallonショーの様子もチラ見せ

2010年12月14日 14:23 by katakori
sp
もうすぐ公開予定のJimmy Fallonショーでの様子

先日新スタジオやモーションキャプチャーの様子を収めた開発映像をお届けしたNaughty Dog期待の新作「Uncharted 3: Drake’s Deception」ですが、この映像の中でアニメーションリードを務めるJosh Scherr氏やお馴染みクリエイティブディレクターのAmy Hennig氏が本作の開発におけるプレッシャーについて言及している事が海外で話題を集めています。

Scherr氏は前作Uncharted 2が成し遂げたゲーム業界全体にも影響を与える偉大な革新性を指し、Uncharted 3の開発でこれを超える事を目標にしたチャレンジを”ぞっとする”と表現、正式発表を迎えた現在は当初予想していたよりも大きなプレッシャーに襲われていると述べ、ファンの期待値を裏切る程の革新を成し遂げる為にも自分自身でプレッシャーを課しているとも語っています。

またAmy Hennig氏もプレッシャーについて言及しており、同じくUncharted 3の開発から来るプレッシャーが圧倒的な圧力である事、そしてScherr氏と同様にプレッシャーを自らにも課していると発言。しかし、Naughty Dogの共同創設者Christophe Balestra氏は完璧主義者達が揃う開発チームのプレッシャーについて、外部からのプレッシャーは内部で自ら課すプレッシャーに比べれば、簡単な仕事で取るに足らない事だと語っています。

という事で、Balestra氏に加えて映像で実際に喋っている様子を見ると、結局は所謂”饅頭怖い“的なプレッシャーだと言えるNaughty Dogの新たなチャレンジ、もうすぐ公開されるであろうJimmy Fallonショーでどのような姿を見せる事になるのか、続報をお楽しみに!

情報元:CVG

「World of Warcraft: Cataclysm」が初日330万セールスを達成しPCタイトルの記録を更新

2010年12月14日 13:45 by katakori
sp
「World of Warcraft: Cataclysm」

12月7日にローンチを迎えたBlizzardのMMORPGタイトル”World of Warcraft”の新拡張パック「World of Warcraft: Cataclysm」がリリースから24時間で330万セールスを達成、前拡張パック”Wrath of the Lich King”が持つ初日280万セールスの記録を超え、PCタイトルの初日セールス記録を更新した事が明らかになりました。

Blizzardはこの統計が社内記録と主な販売パートナーからの報告による物で、デジタル販売でのプレオーダーも含めた数値である事を明らかにしています。

また、Blizzardはローンチの為に世界中で1万を超える店舗が深夜販売を行ったと述べ、アメリカ、カナダ、フランス、ドイツ、ロシア、スウェーデン、オランダ、スペイン、イギリス及び台湾で行われた公式のローンチイベントに約15,000人のプレイヤーが出席したと発表しています。

現在World of Warcraftの課金ベースは1200万ユーザーとされており、今回の好調なセールスと高レベル帯向けコンテンツだけでは無く全体的なパワーアップと改善をもたらしたCataclysmが今後どのようなユーザーベースの変化を見せる事となるか、動向に注目です。

情報元及びイメージ:VG247
sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.