Steamの統計から多くのPCがDirectX 10対応カードを利用している事が明らかに

2010年6月4日 18:32 by katakori
sp
「Steam」

先日Steamによる2010年5月のハードウェアに関する統計結果が公開され、多くのPCゲームがDirectX 10対応カードにより動作している事が明らかになりました。

統計によるとVista或いはWindows 7の利用ユーザーは56.47%に達しており、21.55%のユーザーがXPとDirectX 10/11対応ビデオカードを併用、DirectX 11対応のGPUを利用しているユーザーはなんと3.29%しか存在せず、まだ多くのユーザーがDirectX 10対応GPUを利用している事が判ります。

もちろんNvidiaのFermiカードがまだリリースされたばかりなので当然の結果と言える数字ではありますが、同時に発表されたGPUのシェアではNvidiaが61.88%に対してATIが30.92%と、大きなシェアの差が明らかになっています。そういった事を踏まえるとやはり様々なビジネス事情に左右された10以降のDirectXのリリースが若干ユーザーから剥離した物に感じられます。

情報元:VG247

近い未来の服はこうなる?”発電する靴”に”夢を送信する帽子”のコンセプト作品

2010年6月4日 17:49 by katakori
sp
発電する靴
発電する靴

これはアーティストのAlex Dodge氏が制作した、歩く事で発電する靴に、眠っている間の夢をPCに送信する帽子、タッチ入力デバイスとして機能するシャツのコンセプトプロトタイプのアート作品です。

ブルックリンを拠点とする技術系企業とのコラボレーションで生まれたこの”何か”の発生を担う未来の衣服は、まだ現実の機能を宿す製品ではありませんが、近い未来のユートピアを想起させるには十分なインパクトを持っていると言えそうです。発電する靴……素晴らしい!

発電する靴
夢を送信する帽子
発電する靴
発電する靴
タッチ入力デバイスとして機能するシャツ
情報元及びイメージ:Core77

E3にプレイアブル出展される「Fallout: New Vegas」のエンジンや武器Modに関する新情報が登場

2010年6月4日 16:36 by katakori
sp
「Fallout: New Vegas」 フォールアウト ニューベガス

開催が目前に迫った今年のE3、Bethesdaは”Blink”や”Rage”といったタイトルに加えてシリーズ最新作である「Fallout: New Vegas」をプレイアブルの状態で出典する事が明らかになっています。そんな本作のディレクターを務めるJosh Sawyer氏がXbox360Achievementsのインタビューに答え、様々な新情報が明らかになりました。

ゲームエンジンの拡張や、新要素の武器カスタマイズに登場するMod群、ストーリーに大きく関連するとされるキャンセル済みの”Van Buren“との関係など気になる情報が満載の内容となっています。

  • Fallout 3のワシントンD.C.は暗く淀んだ廃墟だらけ世界だったが、New Vegasでは前作に比べ”青い空”や砂漠、ユッカTumbleweed(砂漠を転がる草)といった植物等、多くの象徴的な”良い”要素が描かれている
    その理由としてSawyer氏は現実世界のラスベガスとワシントンD.C.が相反する意味合いを持つ都市である事を挙げ、多くの場合ワシントンD.C.が従来のアメリカの美徳と未だ若いその歴史について想起させる一方で、ラスベガスはアメリカの悪行を訴える都市であり、ランドマークを破壊し、数年おきに新しい建築物を立て直し、絶えず自分自身を再開発していると語っている
  • 前作とのクロスオーバーはあちこちで小さなポイントが用意されているが、New Vegasはそれ自身の物語を持っている
  • エンジン部分に大きな変化は無いが、新しくエミッション(発光)が含まれるマテリアルシェーダーが追加されている
  • 遠景の建築物やエフェクトを効率良く描写する為に”imposter”と呼ばれるシステムが実装された(代替えの書き割りが用意されるような技術か?)これにより遠景からのカジノの光なども表現される
  • 新しい評判システムには特典を得られる要素もあるが、複数の団体の評判がミックスされる為にペナルティーも発生する
  • 多くの武器Modが登場する。ピストルの拡張マガジン、サブマシンガンのドラムマガジン、レバーアクションライフルの装填アクションのスピードアップ、サイレンサー、サプレッサー等
  • 武器Modはエネルギー武器と爆発武器にも用意、レーザーライフル用の光学照準器(ダメージアップの効果あり)、Fat Manの重量を減らす”Little Boy”等
  • SPECIALシステムが変更され、よりステータス値が意味を持つ様になった
  • 武器の使用にStrength値が要求される
  • Strength値により火器はAimのぶれ変化があり、近接武器と素手は攻撃スピードに影響を受ける
  • Strength値によりグレネードの投擲距離が変化する
  • Charisma値は”Nerve”と呼ばれるサブセットの数値をもっており、コンパニオンの戦闘ボーナスに影響する
  • 広範囲なクラフトシステムを実装、キャンプファイヤーで生肉をステーキに料理したり、カスタムされた弾薬の作成などが可能
  • Van BurenのアイデアをいくつかNew Vegasに採用、ニューカリフォルニア共和国やCaesar’s Legion、Caesar’s Legion、Crimson Caravan、Followers of the Apocalypse等が登場している

「Red Dead Redemption」無料DLC”Outlaws to the End Co-Op Mission Pack”のリリースが6月22日に決定

2010年6月4日 16:24 by okome
sp
「Red Dead Redemption」 レッドデッドリデンプション

既にアナウンスが行われていた「Red Dead Redemption」のマルチプレイ用Co-opミッションが盛り込まれた無料DLC”Outlaws to the End Co-Op Mission Pack“のリリース日がXbox 360とPS3共に6月22日に決定した事がRockstar Gamesから発表されました。なお合わせてDLCの新しいスクリーンショトも公開されています。

さらに来週末頃には同作のマルチプレイの接続性、お尋ね者であるMo van Barrなどに関する問題の修正を含むアップデートが各プラットフォームに向けて予定されている事も明らかになっています。

「Red Dead Redemption」 レッドデッドリデンプション「Red Dead Redemption」 レッドデッドリデンプション「Red Dead Redemption」 レッドデッドリデンプション
情報元及びイメージ:Rockstar Games, Rockstar Games

ぐうううう可愛い……ラブリーなスチームパンクXbox 360コントローラー!

2010年6月4日 15:28 by katakori
sp
「Xbox 360」 コントローラー

この素晴らしくラブリーでスチームパンクなXbox 360コントローラーはMorbidstix氏がカスタムした物で、現在ebayに出品中です。握り部分には本皮が使用され、カスタマイズされたボタンに、アンティークな木目仕上げされたコントローラーは機能性も完全に保たれており、カギとセットになったガイドボタンもしっかりその役割を果たしています。

気になるお値段は現在120ドル、欲しい……!

「Xbox 360」 コントローラー
情報元及びイメージ:Hawty McBloggy

「Dirt 3」の開発は順調、”F1 2010″の技術が採用される予定

2010年6月4日 15:16 by katakori
sp
「Dirt 3」 ダート 3

今年の3月に存在が明らかになったシリーズ最新作の「Dirt 3」ですが、現在Codemasterでは様々なプロジェクトが並行して進められている状態ながら本作の開発が順調に進められている事がMCVのインタビューで語られています。

Codemasterのブランドマネジャーを務めるNewby-Robson氏は、本作がこれまで通り内製のEGO Engineによる開発が進められており、9月発売予定の”F1 2010″に採用されている動的なエフェクト技術がDirt 3にも利用される事を明らかにしています。

具体的なエフェクトの内容については記されていませんが、F1 2010では動的な天候の変化が実現されており、晴天時の陽炎や雨天のウェットな状態が美しく表現されるだけでなく、それがマシンの挙動にも影響する様に設計されており、ゲームプレイに戦略的な要素を持たせる事に成功しています。Dirt 3ではこの辺りの動的なシステムが採用されているのかもしれません。さらにRobson氏はDirt 3では新登場のゲーム要素に加えて、幾つかの要素が復活する事も明言しています。

ちなみに前作Dirt 2はローンチ以来170万セールスを達成し、Codemasterの重要なフランチャイズとして成功を収めました。来るDirt 3は同社にとって、フランチャイズ拡大の役割を担うナンバリングタイトルとなりそうです。

情報元及びイメージ:MCV

噂:Rock Bandで知られるHarmonixがNatal用のダンスゲームを開発中?

2010年6月4日 14:41 by katakori
sp
「Harmonix」 Natal

現在Rock Band 3を開発中である事が判明しているHarmonixですが、GameInformerによると別のプロジェクトが進められている模様です。これはNatal用のダンスゲームとされており、Moveでの開発が行われているかどうかは不明だとされています。

ヨーロッパではJust Danceが大きな成功を収めており、Xbox 360でもNatalにおけるカジュアル層向けのタイトルとして、ダンスゲームが有力なジャンルに挙げられる事は順当と思われます。真偽の程は開催が間近に迫ったE3で明らかになるでしょうか。

情報元及びイメージ:GameInformer

キャプテンアメリカに続いて映画「THOR」の雷神ソー衣装デザインも登場

2010年6月4日 12:22 by katakori
sp
「THOR」 雷神ソー

昨日チャームポイントの小さな羽が無くなったキャプテンアメリカの衣装デザインをお届けした所ですが、昨晩さらに映画「THOR」の主人公である雷神ソーの衣装デザインも登場、これまでオフィシャルショットで少しだけ姿を現していたクリス・ヘムズワース演じるソーの姿が明らかになりました。

さらに初めてムジョルニア(ミョルニル)のデザインが登場したのも注目すべき点で、青い光に包まれたムジョルニアのクールな事!サイズも色んな意味で素晴らしいバランス!元々ソーの実写化ほど難しいテーマは無いと思われてきましたが、ともすれば即通報レベルの変態になりそうなソーを現実的なヒーローに落とし込んだ所は素晴らしいと言えそうです。はめ込んだ感に溢れるクリス・ヘムズワースの顔が何だか少し笑ってしまうのが不思議な所はご愛敬。

映画”THOR”には、ヘンリー五世やオセロ、ハムレットと言った作品で知られるケネス・ブラナー監督が起用されており、父ちゃんのオーディンにはアンソニー・ホプキンス、ヒロインにナタリー・ポートマンが登場し、日本からは浅野忠信さんがホーガン役に起用されており、一体どんな映画になるのか……さっぱり想像が追いつかない恐ろしい作品になりそうです。なおスタン・リー御大の出演も明らかになっています。

「THOR」 雷神ソー

という事でキャップとソーの衣装デザインが明らかになった訳ですが、先日もお伝えしたとおりこの衣装が今後彼らが出演するゲームタイトルにどういった影響を与える事になるかが気になる所。セガのソータイトルはこの衣装デザインになる事は予想の範囲内ですが、もし”Marvel vs. Capcom 3″に登場するとなった際にどうなるのか……。多少気の早い話ではありますが、この辺りの流れも頭に入れておけば今後のキャラクター予想などもより楽しめるかもしれません。

「THOR」 雷神ソー
チラ見せで登場していたオフィシャルショット
情報元及びイメージ:Collider, Collider

「Assassin’s Creed: Brotherhood」のマルチプレイは街の人混みの中で行われる

2010年6月4日 11:33 by katakori
sp
「Assassin's Creed: Brotherhood」 アサシンクリード ブラザーフッド

イギリスのPSM3誌で8ページに渡る「Assassin’s Creed: Brotherhood」のプレビューが行われ、マルチプレイや物語に関するいくつかの情報が新たに明らかになりました。本作ではシリーズ初のマルチプレイが導入され、かなりユニークな物になる事が示唆されて来ましたが、事前情報通りかなり面白そうな内容になっています。

特集の内容によると、本作のマルチプレイではサン・ドナートやローマと言った都市の小さなセクションを舞台に8人対戦を実現、これまでのタイトルと同様に多くの市民が存在する街の中でステルスやそれぞれの戦闘スキルを用いて他プレイヤーを暗殺するという物。シリーズでこれまで行ってきた暗殺ミッションの対象が他プレイヤーになると考えると相当に緊張感のあるプレイが実現されそうです。

また特集にはシングルプレイも相当に巨大な物が用意されている事が記されており、ネタバレになるので詳細は控えますが前作の黒幕○○の息子が今回の重要なターゲットとなる模様。そしてデズモンドの物語もしっかりと描かれている様子です。

情報元:CVG

今年の「BlizzCon」チケットは30分で売り切れ!

2010年6月4日 11:11 by katakori
sp
「BlizzCon 2010」

毎年本当にチケットを取るのが難しい事で知られる人気のファンイベント「BlizzCon」、今年のチケットは6月2日と5日の2回に分けて販売されますが、争奪第1ラウンドの2日に用意されたチケットが30分で完売した事が明らかになりました。

最後のチャンスは現地時間の6月5日の午前10時、こちらも恐らくマッハで売り切れる事は間違いなさそうです。ちなみに去年のチケットはなんと8分で売り切れ……。BlizzConの人気の程が計り知れない物である事が良くわかるニュースでした。

情報元:VG247

カプコンの新たなゾンビゲーム?「Zombie Cafe」の商標登録が発見

2010年6月4日 10:59 by katakori
sp
「Capcom」 「カプコン」

昨晩Capcom Interactiveが米国特許商標庁へ新たな商標登録を行った事が発見されました。登録名は「Zombie Cafe」とされており、どうやらゾンビ関連の”何らか”の模様。

出願内容にはコンピューターゲームソフトウェア、ダウンロード可能である事、モバイルデバイスへの対応など型どおりの内容が記されていますが、ダウンロードを行わないゲームの一時使用を含むエンターテインメントサービスとの記載があり、ダウンロードコンテンツのハブやソーシャルネットワーク用のアプリケーションである可能性も考えられます。

最近では他の大手パブリッシャーによるゾンビ関連の商標登録も幾つか見つかっており、ゾンビ関連ゲームはまだまだ多くのゲーマーを楽しませてくれそうです。

情報元:GameInformer

「Killzone 3」の”brutal melee system”が良くわかるティザートレイラーが登場

2010年6月4日 10:46 by katakori
sp

Guerrilla Gamesが開発を進めているシリーズ最新作「Killzone 3」、意欲的な新要素を多く取り入れた本作は物語やゲームプレイの改善も進められ大きな注目を集めるタイトルです。そんな本作のティザートレイラーが昨晩公開され、今作で新登場する派手なキルムーブが特徴の近接戦闘”brutal melee system”にスポットが当てられた映像が描かれています。

映像では、本作の主人公を務めるセブがヘルガスト兵の頭に蹴りを喰らわせ、銃床で殴りかかるといったシーンが印象的に描かれ、最後にはヘルガスト兵のヘルメットを被るセブの姿が映し出されています。何故そんな展開に……。今後明らかになるであろうKillzone 3の物語に期待が高まります。

情報元:Joystiq

アサシンクリードに新プロジェクト?謎のティザーイメージが公開

2010年6月4日 10:22 by katakori
sp
「Assassin’s Creed」 アサシンクリード

昨晩UbisoftのUbiWorkshopというTwitterアカウントが新しいプロジェクトのティザーイメージを公開しました。そこにはアサシンクリードシリーズとの関連を伺わせる鷹やACの符丁と共にピラミッドやエジプト人らしきキャラクターが描かれたGrzegorz Domaradzki氏によるアートワークが掲載されていました。

Grzegorz Domaradzki氏はこれまでPSPでリリースされたAssassin’s Creed: Bloodlinesのアートワークも手掛けた人物で、やはりアサシンクリードとの関係が予想されます。UbiWorkshopはこのイメージが現在開発中の“Assassin’s Creed: Brotherhood”との関連が無い事を明言しており、また、Ubisoftはこのプロジェクトがゲームに関する物ではない事をアナウンスしました。

そうすると映画やコミック化といった展開が考えられますが、UbiWorkshopの所在地がモントリオールとなっており、そこにはお馴染みのUbisoftモントリオールスタジオの他に、これまでアサシンクリードやGhost Recon: Future Soldierの短編映像を手掛けてきたUbisoft Digital Artsが存在する事でも知られています。さてどういった展開が待ち受けているのか、近々行われると予想される公式発表を楽しみに待ちたいと思います。

情報元:VG247, イメージ:UbiWorkshop

「Spider-Man: Shattered Dimensions」に3人目のスパイダーマン”Spider-Man 2099″が登場!

2010年6月4日 9:54 by katakori
sp
「Spider-Man: Shattered Dimensions」 スパイダーマン

これまで移植タイトルなどを多く手掛けてきたカナダのBeenox Studiosが開発を進めているスパイダーマンのアクションタイトル「Spider-Man: Shattered Dimensions」、今作では4つのスパイダーマン世界が描かれるとして、すでにお馴染みピーター・パーカーが主役のスパイダーマンと1933年のニューヨークを舞台にした”Spider-Man Noir”の登場が明らかになっていました。

昨晩新たなスパイダーマンのイメージが公開され、近未来が舞台のSpider-Man 2099が3人目のスパイダーマンとして登場する事が判明しました。Spider-Man 2099はとある企業の人体実験によりスパイダーマン化させられてしまったミゲル・オハラという科学者が主人公の作品です。Spider-Man 2099は通常のスパイダーマンと違い鋭いかぎ爪を持っている事が特徴で、他のスパイダーマンが持たない様々な能力を持ち合わせています。

残る一人のスパイディが誰になるのか……いやハムは登場するのか!以前当サイトにて残りのスパイディ予想記事を紹介しておりますので、興味のある方はそちらをご確認下さい。Spider-Man: Shattered Dimensionのリリースは9月7日、対応プラットフォームはPS3、Xbox 360、Wii、DSとなっています。

「Spider-Man: Shattered Dimensions」 スパイダーマン
「Spider-Man: Shattered Dimensions」 スパイダーマン
「Spider-Man: Shattered Dimensions」 スパイダーマン
情報元:CVG, イメージ:All Games Beta

Treyarchの「Call of Duty: Black Ops」が最良のCoDタイトルとなる5つの理由

2010年6月3日 18:55 by katakori
sp
「Call of Duty: Black Ops」 コールオブデューティー ブラックオプス

Treyarchが現在開発中の「Call of Duty: Black Ops」、本作が語られる際にはそのゲーム性に止まらず、どうしてもInfinity Wardを巡るModern Warfareシリーズのトラブル、そしてModern Warfare 2のゲーム性との比較などがしばしば見られ、様々なビジネス事情が絡みつく側面が見えてしまう複雑なタイトルとなってしまいました。

これまで華やかなInfinity Wardのタイトルに比べて通好みなナンバリングタイトルであった事は否定しきれないTreyarchのCoDタイトルですが、Call of Duty: Black OpsではこれまでのTreyarchらしさもそのままに、驚く程エピックなタイトルになりそうな予感を孕む素晴らしい作品に仕上がりそうな気配に満ちています。

今後のCoDフランチャイズの動向を左右する重要なタイトルを担う事となったTreyarchがModern Warfare 2を越える成功を収める事が出来るのか、あまりに巨大なModern Warfare 2の成功を前に疑問を持つプレイヤーも確かに見受けられます。そんな中、IGNがCall of Duty: Black Opsが最良のCoDタイトルたり得る5つの理由を発表しました。

■ 冷戦の舞台設定

これまでのFPSジャンルでは冷戦を大きな視点で描くタイトルはほとんど存在していませんでした。Operation Flashpointが例外としてかろうじて挙げられるかもしれませんが、ベトナム戦争のみを描いたタイトルを挙げてもVietcongやMen of Valor、Battlefield Vietnam等が存在するものの、驚く程その数が少ない事が判ります。

Treyarchはこの多くのデベロッパが手を付けてこなかった冷戦を数十年にまたがるボリュームで、歴史に残されなかった黒い任務を通じて描ききろうとしています。この物語を描くためにTreyarchは東西からベテランの戦争経験者の協力を得ており、膨大な歴史の検証などを含めた上でCall of Duty: Black Opsを作り上げようとしています。

■ 切り替え可能になった弾薬

弾薬の切り替えはFPSタイトルとして決して珍しい特徴とは言えませんが、これまでのCoDシリーズでは弾薬切り替えは採用されていませんでした。Call of Duty: Black Opsではドラゴンブレス弾と爆発性の矢の登場で、とうとう弾薬の切り替えが可能になった事が明らかになりました。

新登場のスコープ付きクロスボウでは通常の矢を用いればステルススタイルなプレイが可能で、爆発性の矢を利用すればゴア表現を備えた派手なプレイが楽しめるといった具合に、弾薬の切り替えにより異なるスタイルのゲームプレイが楽しめる様になっています。

現在の所、弾薬についてはこの2つしか登場していませんが、Treyarchはこれ以外にもシングルとマルチ共に多くの弾薬を登場させる事を明言しており、これによりCoDシリーズは新たなプレイ要素を得る事となりそうです。

■ ノンストップアクション

これまで2回のデモンストレーションが行われ、ウラル山脈を舞台にしたSR-71が登場する”WMD”レベルに加え、ヘリコプターが登場するベトナムが舞台の”Slaughterhouse”レベルが登場しました。

WMDレベルのゲームプレイはSR-71ブラックバードの上昇から眼下の地上部隊への指示、そして潜入ミッションへと流れますが、なんとこの間一度もカットシーンは存在せず、プレイの変化が起こるポイントも全てがシームレスに繋がれ、ブラックバードのコクピットから見える静けさに満ちた地球の満ち欠けからウラル山脈の雪景色まで、全ての時間が所謂”ゲームプレイ”だった事が明らかにされています。

■ 多くのプレイヤーがBlack Opsのデザインを助けている

World at Warに登場した軍用犬を呼ぶkill streak”Unleash the dogs”はTreyarchのアイデアによる物ではなく、CoDのフォーラムへポストしたファンのアイデアから生まれた物でした。Treyarchは常にファンベースの要求に耳を傾けており、ゲームを形作る事においてプレイヤーからのフィードバックをとても重要視しています。

さらに、当初World at Warに導入予定ではなかったCTFモードがフォーラムでの議論から採用されたという事例もありました。そしてCall of Duty: Black OpsではDedicatedサーバーの復活を望む多くのファンの期待に応えたMark Lamia氏が「用意しない理由が解らない」とプレイヤーを尊重した決断を行っています。

■ ゾンビ!ゾンビ!ゾンビ!

前作World at Warの一番のサプライズと言えばやはり4人Co-opを可能にしたサバイバルモード”Nazi Zombies”です。リリース当時はあまりの斜め上ぶりに賛否両論巻き起こったゾンビモードですが、最終的に多くのファンに愛される愉快なゲームモードとなりました。このあたりのサービス精神旺盛さがTreyarchらしさでもあり、Call of Duty: Black Opsではまだゾンビモードについて言及されていませんが、事前情報では登場が示唆されており、暗号サイトの絡みなどもあって大きく期待が高まる所です。

という事で、Call of Duty: Black Opsが最良のCoDタイトル足りうる5つの理由!お届けいたしました。まだリリースまでの期間も長く、Treyarchからはシングルキャンペーンの開発も途中である事が明かされており、勝負はこれから!といった状況ですが、今回のTreyarchはこれまでと違った”何か”を感じさせるポテンシャルを秘めている事に間違いは無さそうです。様々なトラブルをはねのける素晴らしいタイトルに仕上がる事を期待して、今後の続報を楽しみにしたいと思います。

情報元:IGN

任天堂がE3 2010のカンファレンスを公式サイトでライブストリーミング配信

2010年6月3日 18:04 by okome
sp
「任天堂」 E3

昨日任天堂は今月開催されるE3 2010で行われる同社のプレスカンファレンスの様子を、公式サイトNintendo.com上においてストリーミング中継する事を明らかにしました。任天堂のカンファレンスは現地時間15日の午前9時(日本時間では16日午前1時)から行われる予定となっています。

なお同カンファレンスでは先日発表された「ニンテンドー3DS」やゼルダシリーズの新作、さらに昨年のE3で発表された脈拍測定を行える外部アクセサリー「Wii Vitality Sensor」などに関する情報が明らかになるのではないかとされています。

情報元:VG247

「Alan Wake」の第三弾DLCは今年後半にリリース予定

2010年6月3日 17:18 by okome
sp
「Alan Wake」 アランウェイク

先日リリースを迎えた「Alan Wake」、既に本作の第一弾DLCである”The Signal”、さらに第二弾DLC”The Writer”の配信が予定されていますが、昨日MTV MultiplayerがRemedyのMatias Myllyrinne氏に行ったインタビューの中で本作の第三弾DLCが今年の後半にリリースされる予定である事が新たに明らかになりました。現在の所DLCの詳細や価格等は判っていません。

本作のDLCはTVドラマの様なシーズン形式で描かれていく事が明らかになっていますが、第三弾DLCではどのようなストーリーが描かれる事になるのか、続報が明らかになり次第お伝えします。

情報元:Destructoid

ゴールデンアイ 007やスーパードンキーコングで知られる”Rare”が25周年でロゴを刷新

2010年6月3日 17:03 by katakori
sp
「Rare」

1982年に前身のAshby Computers and Graphics Ltd.が設立され、これまでにZXスペクトラムやアムストラッドCPC、BBCマイクロやコモドール64といった8bitプラットフォームでのゲーム開発に始まり、お馴染みのゴールデンアイ 007やスーパードンキーコングシリーズ等、今も尚多くのファンから愛されるタイトルを産み出してきたイギリスの”Rare”社が設立25周年を祝し、ロゴタイプが刷新され新デザインのロゴが公開されました。

今年初めにはRareのボスMark Betteridge氏が過去タイトルのリメイクを示唆、25年以上に渡るRare社のIP群に不足がない事をアピールしており、今回のロゴの刷新なども含め本格的な活動の再開が期待されます。

「Rare」
情報元及びイメージ:Joystiq
sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.