5分間に渡る「Dragon Age II」のプレイ映像が登場、オーガとの戦闘や新ダイアログUIも確認

2010年11月8日 11:11 by katakori
sp

モスクワで開催されたIgromir Game ExpoにBioWareが開発を進めているDragon Ageシリーズ最新作「Dragon Age II」がプレイアブル展示され、5分半に及ぶ直撮り映像が登場しました。

クライアントは新ビルドの模様で外見がカスタマイズされたキャラクターに加え、カットシーンではアイコンで選択の内容を判りやすく補足した新しいダイアログシステムも登場、ミニマップやUI周りも刷新され、よりアクション要素が増した戦闘の様子がたっぷりと収められています。

Dragon Age IIのリリースは北米で2011年3月8日、ヨーロッパでは3月11日、対応プラットフォームはPC、PS3、Xbox 360となっています。

情報元:VG247

遂にローグクラスが登場「Dragon Age II」のシネマティックな新トレーラーが公開

2010年10月27日 11:03 by katakori
sp

多くのハードコアRPGファンを虜にした前作”Dragon Age: Origins”から大きく姿を変えた続編「Dragon Age II」は、よりスピーディ且つ激しいアクションに変更された攻撃アニメーション、特有のアートスタイル、Mass Effectを更に改善したダイアログシステム、フルボイスによる主役等、ファンからも戸惑いの声が上がる程の大きな変化を見せています。

しかし、先日にはDragon Age: Originsのセーブデータ引き継ぎによりストーリーに変化が起こる事や、前作で謎の失踪を遂げたモリガンの動向も描かれる事が明らかにされており、大きな変化の影にはBioWareらしい一筋縄ではいかない雰囲気がぷんぷんと漂っています。

そんなDragon Age IIの新トレーラーが公開、今回は新たにローグクラスのエスニックな出で立ちの女性キャラクター”Isabela”が登場、IGNのレビューでは前作のZevranの様にどうやらロマンスオプションを持っている事も示唆されており、スピードと敏捷性を備えた弓スキルとダガーの2刀持ちが可能なキャラクターである事が記されています。

さらにスキルセットには回費用のテレポートや、敵をスタンさせる爆弾、バックフリップなどが使用可能との事。

Dragon Age IIのリリースは3月8日、対応プラットフォームはPCとPS3、Xbox 360となっており、2011年1月11日までに通常版を予約する購入者には無償で20ドル以上の特典が同梱されるSignatureエディションにアップグレードされる事が発表されています。

情報元:VG247, IGN

「Dragon Age II」に限定版のSignatureエディションがアナウンス、2011年1月11日までの予約者が対象

2010年10月15日 15:04 by katakori
sp
「Dragon Age II」 ドラゴンエイジ II

BioWareが本日「Dragon Age II」に期間限定の特典を同梱したSignatureエディションを発表、既に予約済みの購入者を含む2011年1月11日までにDragon Age IIを予約したプレイヤーが全て無償でSignatureエディションにアップグレードされる事になります。

Signatureエディションには以下の様な計20ドル以上の追加コンテンツが含まれています。

  • フルバージョンのDragon Age II本編
  • 追加プレイアブルキャラクターと新ミッションを含むダウンロードコード
  • デジタルサウンドトラック
  • Apostate’s Courage(杖)、Seeker’s Bulwark(盾)、Adder of Antiva(弓)、Might of the Sten(両手剣)を含む専用のインゲーム武器

Dragon Ageでは前作も同様のプロモーションを行っており、序盤のバランスを崩さない程度の便利装備が複数用意されていました。今回の武器にはStenさんの名前見受けられ、物語的にも少し気になる所。ハードコアなRPGタイトルとして人気を博した前作から大きく姿を変える期待の続編Dragon Age II、リリースは3月8日、対象プラットフォームはPCとPS3、Xbox 360となっています。

情報元及びイメージ:BioWare, VG247

「Dragon Age II」は前作セーブデータのインポートが可能に、さらに”Fade”やモリガンに纏わる新情報が

2010年10月6日 15:10 by katakori
sp
「Dragon Age II」 ドラゴンエイジ II

女性主人公が登場する新ビルドの戦闘デモなども行われ、前作のバルダーズゲート的なポーズを多様する非リアルタイム戦闘からアクションRPGかと見紛うようなポップな進化を見せている「Dragon Age II」、プレイヤーキャラクターも前作の3種族×2の計6パターンから、Mass Effect的なシステムになった主人公”Hawke”の男女2パターンに変更され、ビジュアルイメージの大幅な変更も含めた変化の大きさはカジュアル化したとも語られるシーンを見かけます。

そんな中、NowGamerがDragon Age IIのリードデザイナーMike Laidlaw氏にインタビューを行い、外見のポップさの奥に所謂BioWare的な要素が多く見え隠れする興味深い新情報が明らかになりました。

まずLaidlaw氏が明らかにしたのは前作のセーブデータがインポート可能である事でした。主人公がまったく違う人物である事や、舞台がかなり北方へと移動した事など含め薄いと思われた前作との関連ですが、やはりBioWareだけにそんな簡単な話ではないようで、前作の決定や人物・種族の出来事がDragon Age IIの歴史や世界に大きな影響を与えるとの事。

さらに、Laidlaw氏は先日オリジナルのDragon Age: Originsに登場した最新DLC”Witch Hunt”にて、エンディング以降の”その後”が描かれる事となったMorriganについて言及、彼女が抱いた意志は明確にDragon Age IIにも大きな影響を与える事を示唆しています。

そして前作の物語の中でポイントとなる出来事が多く描かれた精神世界の様な空間”Fade”がDragon Age IIに再び登場する事を明言、Fadeに非常に危機的なシチュエーションが用意されている事を述べた氏は、まだこの詳細については多くは明かせないと語っています。

Morriganの登場や前作のプレイ内容の影響等、カジュアル化の印象とは別にBioWareらしさはしっかり裏側で息を潜めている様子で、ますます続報が楽しみになったと言えそうです。

情報元:VG247

[PAX 10] 「Dragon Age II」女性主人公の姿やストーリーに絡む新情報が登場

2010年9月8日 15:54 by katakori
sp
「Dragon Age II」 ドラゴンエイジ II

先日まで開催されていたPAX Primeではプレイアブル展示されていた「Dragon Age II」、会場の様子はgamescomに引き続きストリーミング中継が行われていましたが、残念ながら引きのカメラ映像しか用意されず内容までは確認出来ませんでした。さらに会場では女性版主人公の姿も展示されていた事が明らかにされていた本作ですが、本日女性主人公の姿と共に新しいスクリーンショットが公開、イベントでのデモから判明した新しい情報等も明らかになりました。以下、新情報のみ抜粋してお届けします。

まず、前作に比べコンソールプラットフォームを強く意識したとされる戦闘システムについて、かつてのポーズを併用しつつパーティメンバーへの指示を与える戦闘方法が引き続き採用されていると共に、マウスとホットキーを多様するTorchlight等のアクションRPGタイトルに見られるような戦闘スタイルが可能だった事が明かされています。

また、Dragon Age IIでは”framed narrative”と名付けられた”劇中劇”のストーリテリングの手法が用いられており、キャラクターが”誰か”に対して物語を語って聞かせる事でストーリーが進むスタイルになっている事が明かされています。(例:1987年の映画”プリンセス・ブライド・ストーリー”では、病気の孫の為におじいちゃんが”プリンセス・ブライド”のお話を語って聞かせる事で物語が進む)

前述の”framed narrative”手法で進められるDragon Age IIは、ドワーフで本作のナレーションを努めるキャラクター”Verrick”が異端審問官のCassandraに出来事を伝える事で進められます。ゲームの重要なシーンに挿入されるカットシーンでは、2人の間で主人公の過去が話され、Cassandraが主人公の全てを知りたいと願う理由にどうやらストーリーの重要な要素が秘められている模様です。

また、展示されたデモの戦闘シーンはDarkspawnの一群と戦うgamescomと同様の物だった様ですが、今回のデモの終了時にはFlemethらしきドラゴンが登場した事が記されていました。

「Dragon Age II」 ドラゴンエイジ II
情報元:Examiner, イメージ:Worthplaying

[PAX 10] 「Dragon Age II」の主人公”Hawke”の女性版がPAXでお披露目、会場ではPS3版も展示など新情報まとめ

2010年9月4日 16:26 by katakori
sp
「Dragon Age II」 ドラゴンエイジ II

昨晩BioWareの公式TwitterがPAX会場の「Dragon Age II」ブースにて女性主人公(キャラクター作成時に性別が選択可能)を発表する事をtwitしました。

こちらはすでに会場にて展示してあるとの事で続報待ちの状態ですが、これ以外に会場から複数の新情報が登場しており、PS3版の展示が行われるなど注目すべき内容が明らかになっています。詳細は以下からご確認ください。

  • 会場にはPS3版Dragon Age IIがプレイアブル展示、ゲームプレイはXbox 360と同一の物に見えた
  • 会場には女性版主人公の姿が展示、プレイヤーはキャラクター作成時に顔の調整が可能
  • PAXのデモはローグと20のhurlock達の間に起こる戦闘からスタート、ローグは機敏な動きで、敵を転ばせることが出来、ショートソードの2刀流で戦闘を行っていた
  • ローグはテレポートアタックが可能で、クローク、スタングレネードの投擲、近接時は剣で戦闘を行う
  • 敵のターゲット選択はD-padで行う
  • Dragon Age IIの開発チームの90%が前作の開発に関係したスタッフ
情報元:VG247, GameInformer

「Dragon Age II」に無料のインゲーム武器プレゼントキャンペーンが実施、先着5万名まで

2010年8月23日 15:27 by katakori
sp
「Dragon Age II」 ドラゴンエイジ II

BioWareが2日前に配信した「Dragon Age II」のニュースレターから無料のインゲーム武器が貰えるキャンペーンが行われている事が明らかになりました。

これは本作の公式サイトに掲載されているFacebookの”いいね!”ボタンを押して(Facebookの登録が必要です)、BioWare Newsletterの購読を登録する事で得られる物で、先着5万名に9月中にメールにてアイテムコードが送られるとの事。なお、既にNewsletter登録済みの方はいいね!ボタンを押すだけです。

どんな武器が貰えるか詳細は明らかにされていませんが、前作でも限定アイテムには程よいバランスの便利アイテムが揃っていただけに今回も期待出来そうですね。

情報元:Spawn Kill

[gamescom 2010] 「Dragon Age II」はスキルシステムに改善、GC会場のデモでは新キャラクター達も登場

2010年8月19日 12:08 by katakori
sp
「Dragon Age II」 ドラゴンエイジ II

gamescomのElectronic Artsのプレスカンファレンスにて、迫力の新トレイラーと共に2011年3月8日のリリースが明らかになったBioWareのシリーズ続編「Dragon Age II」ですが、本日さらに新しいスクリーンショットが3枚登場、Hawkeの姉妹であるBethanyと新しい女性キャラクターがその姿を現しています。

さらに会場では先日開催されたComic-Conで確認された物よりも新しいビルドのデモが出展されており、これまでのデモで見られた山頂でのDarkspawnとの戦闘後にカットシーンが登場し、すでにアートワークなどで姿が見られた本作のストーリーテラーを務めるドワーフのVarickと異端審問官のCassandraの登場が確認されたとの事。

また今作ではスキルシステムも変更されており、前作では線形に強化していくしか方法のなかったプレイヤーの成長システムが改善され、盾キャラから2ハンドソードキャラといった様に別のビルドへも簡単に変更可能になっている事が明らかにされています。

「Dragon Age II」 ドラゴンエイジ II
「Dragon Age II」 ドラゴンエイジ II
情報元及びイメージ:VG247, GameSpot

[gamescom 2010] 「Dragon Age II」の新トレイラーが登場、北米リリースは2011年3月8日に

2010年8月18日 0:43 by katakori
sp

先ほどgamescom 2010のElectronic ArtsプレスカンファレンスにてBioWareが開発を手掛けるシリーズ続編「Dragon Age II」の新しいトレイラーが公開、さらに本作のリリースが2011年3月8日である事が明らかになりました。

新しく公開されたCGIトレイラーでは今作で大きくデザインが変更され角が生えたQunari族と主人公Hawkeとの迫力に満ちた戦闘が描かれ、追い詰められたHawkeにArchdemonとの関係を想起させるシーンがフラッシュバック、何らかの力に目覚める様子が収められています。

「Dragon Age II」の種族別アートワークが登場!PC版は様々な独自要素が廃止、コンソールがメインターゲットに

2010年8月9日 12:10 by katakori
sp
「Dragon Age II」 ドラゴンエイジ II

先日は大きくイメチェンしたQunari族のアートワークが公開された「Dragon Age II」ですが、新たにQunari族を含めた人間・エルフ・ドワーフの4種族の男女別アートワークが登場、アナウンス時から見られる今作のデザインテイストの変化が如実に感じられるデザインとなっています。

さらに公式フォーラムにてフランスのゲーム情報紙が行ったDragon Age IIのリードデザイナーMike Laidlaw氏へのインタビュー内容が掲載され、PC版に関する残念な情報が明らかになりました。どうやら今作ではコンソールへの対応を重要視し、前作で様々用意されていたPC版独自の要素は廃止される模様です。

Mike Laidlaw氏は、PC版だけの要素だったBaldur’s gateスタイルの見下ろし視点が廃止される事、さらにはMODツールとして同梱されたToolsetの廃止も明らかにしています。氏はこれらがコスト的な理由である事を挙げ、コンソール重視の開発が進められている事を示唆しています。

PC版で楽しんだファンには本当に残念なニュースとなってしまいましたが、MODの開発が意外と盛り上がらなかった事や、Dragon Age IIがよりストーリー駆動なタイトルになる事、DLCや拡張パックの登場なども加味するとビジネス的には確かに避けられない決断なのかもしれません。

情報元及びイメージ:Nightmare Mode, Galaxy Next Door

「Dragon Age II」のQunari族に大きな変化が……なんと角が生えた!

2010年7月31日 10:13 by katakori
sp
「Dragon Age II」 ドラゴンエイジ II

ハードコアRPGの続編として期待を集める「Dragon Age II」、Comic-Conで具体的な情報なども登場し、徐々にその輪郭が明らかになりつつあります。

本作では登場キャラクター始めdarkspawn達にもデザイン的な変化が見られますが、前作ではStenが仲間キャラとして登場したQunari族も大きな変化を果たした事が新しいアートワークから明らかになりました。

QunariはThedas北地域のPar Vollen島とSeheron島に住む大型のヒューマノイドで、前作の舞台であるFereldenでは高級な傭兵として以外目にする事はほとんど無い謎の種族です。前作で屈強な戦士として登場したStenは大男ではあるものの、比較的人間に近い姿形でした。

新しいアートワークからはどこから見ても悪魔的な容姿に加え、なんと角まで生えています。これについてDragon Ageのリードライターを務めるDavid Gaider氏は、一部のQunariを除けば彼らは角を持っていると発言、角が無いまま生まれるQunariも存在するが、特にそれは”足りない事”とは考えられてはいないと説明しています。

さらに角が無いQunariは彼らの社会において特別の役割を果たす運命にある事も語られており、角のない彼らは宗教的な法の執行者である”Ben-Hassrath”と呼ばれる職や、他の種族への使節として活躍する事になるのだそうです。

今回は北方が舞台になる事や、力の入ったアートワークからはDragon Age IIではQunariの社会が前作よりも深く描かれる可能性も感じられます。前作でどこかちょっと変わった思考や文化的な違いを見せつけたStenさんのファンは期待!です。

「Dragon Age II」 ドラゴンエイジ II
情報元及びイメージ:GameInformer

「Dragon Age II」の開発映像が公開、UIは大幅に変更!戦闘の様子も確認

2010年7月27日 18:19 by katakori
sp
「Dragon Age II」 ドラゴンエイジ II

BioWareが開発を進めているシリーズ最新作「Dragon Age II」、デビュートレイラー公開はGamescomまでお預けですが、先日のComic-Conでのクローズド展示では戦闘のデモも行われたとの事で、開発が順調に進められている様子が窺えます。

そんな本作の開発を手掛けるBioWareのエドモントンスタジオの様子をGameInformerが映像で公開、Dragon Age IIのアートワークやサウンド、そしてまるでDragon Ageとは思えない大幅に簡素化されたUI、しっかりした戦闘は行われないものの、新しく生まれ変わったdarkspawn達が主人公Hawkeを攻撃する様子等が確認できます。

Dragon Age IIでは前作から大きくアートワークのテイストが変更される事が明らかにされており、その一端は今回の映像からも大きく感じられます。主人公の種族が固定で映画的な経験が強化されるという本作、BioWareの新たな挑戦とも言えるタイトルとして今後も大きな注目を集める事となりそうです。

「Dragon Age II」 ドラゴンエイジ II
先日公開されたHawkeの新アートワーク
情報元及びイメージ:GameInformer, GameInformer

「Dragon Age II」のComic-Conクローズド展示から新しい戦闘システムに関する新情報が登場

2010年7月23日 15:43 by katakori
sp
「Dragon Age II」 ドラゴンエイジ II

先日BioWareの新作「Dragon Age II」がComic-Conにてクローズド展示が行われる事をお伝えしましたが、会場での展示ではプレビューデモが行われているとの事で、新しい戦闘システム等に関する情報が登場しました。

すでに戦闘に関するコントロールがPCとコンソールでそれぞれに特化された物になる事が明らかにされていますが、ポーズを多用するストラテジックだった前作の戦闘に比べて今作では分隊管理の要素が強化され、よりスムースなプレイが可能になっている様子です。明らかになった新情報については以下からご確認下さい。

  • Comic-Con会場では山頂のステージを舞台にオーク集団との戦闘が行われた
  • 展示はXbox 360版
  • 戦闘はXボタンに剣の強打が、Yボタンに剣の突打攻撃、Bボタンに回転攻撃が割り当てられていた
  • 右トリガーでアタックの別セットに切り替え可能で、これにより合計6アクションが一度に使用可能
  • 戦闘行動はそれぞれリチャージ時間有り、1つの行動だけで戦闘をこなす事は出来ない
  • 戦闘でのアクティブなキャラクターは前作同様切り替え可能で、非コントロールキャラクターはAIで運用される
  • パーティーメンバーには左の十時キーから大まかな指示を出すことが可能で、Mass Effect 2のシステムに似ている
  • スペルセットのUIは戦闘がポーズされる
  • ダイアログには”good”(良い反応)、”nasty”(不快な反応)、”badass”(悪い反応)の3タイプにカテゴライズされる
  • それぞれにはアイコンが付与されており、直感的に判断できるUIとなっている
  • “good”はオリーブの枝、”nasty”はギリシャ演劇の仮面、”badass”は赤い拳で表現される
  • イントロのカットシーンではDragon Age Originsの物語が改めて語られ、新しいプレイヤーも問題なく世界観を理解しプレイ可能
  • タイトルスクリーンにはDLCの存在を現す”Downloadable Content”オプションが存在していた
情報元:IGN

「Dragon Age II」がComic-Conにてクローズド出展、Mass Effectからは”あの人”が主人公のコミックが登場

2010年7月17日 14:38 by katakori
sp
「Dragon Age II」 ドラゴンエイジ II

アナウンスが行われて間もないBioWareのシリーズ新作「Dragon Age II」、連日新しい情報が登場している本作ですが、デビュートレイラーはGamescom開催に合わせて発表される事が明らかにされています。

すでにGameinformer最新号での特集内容をお知らせした本作ですが、来週サンディエゴで行われるコミックの祭典Comic-Conにクローズド出展される事が公式フォーラムから明らかになりました。

クローズド展示(Sneak Peak)との事で映像や情報の登場は期待出来そうにありませんが、どのような状況だったかは伝えられるのではないでしょうか。

なお、Comic-Con会場ではDragon Age IIだけではなく、Star Wars the Old Republicや関連コミックも出展される事が明らかにされています。コミックはDark HorseによるMass EffectコミックとIDWによるDragon Ageのコミックが登場する事になっていますが、このMass Effectコミックがなかなか興味深い事になっています。

Comic-Conで発表される新コミックMass Effect: EvolutionはなんとMass Effect 2で最もミステリアスで個性的な思想と信念を持ったキャラクター”Illusive Man”が主人公のタイトルで、Mac WaltersとJohn Jackson Miller、そしてOmar Franciaの”Mass Effect: Redemption”チームによる新作です。

本作ではIllusive Manの若い頃の話が描かれており、Illusive Manがどのようにして”Illusive Man”たる存在となったか、そしてCerberusがどのような経緯で生まれる事になったかが描かれているとの事。時代設定は人類がトゥーリアンと最初のコンタクトと戦争を行った時期で、公開されたカバーアートには若きIllusive Manがトゥーリアンに銃を突き付ける様子が描かれています。

コミックではIllusive Manの”良心”も描かれているとの事で、Mass Effect 2をプレイしたシリーズのファンには非常に気になる内容となっています。これはリリースが楽しみ!という事でBioWareのあれこれ、続報をお楽しみに!

「Mass Effect」 マスエフェクト

GameInformer誌の「Dragon Age II」特集がリーク、主人公の妹メイジにFlemethも登場?

2010年7月16日 11:10 by katakori
sp
「Dragon Age II」 ドラゴンエイジ II

先日はBioWare自らが自社のタイトルで最も成功したIPだと明言したDragon Ageシリーズ、現在続編である「Dragon Age II」の開発が進められていますが、GameInformer誌最新号の特集記事がリーク、新しいスクリーンショットが数点登場しました。

掲載されたスクリーンショットには新たに女性メイジが登場し、大きくデザインが変更されたdarkspawnのHurlock達が多く映し出されています。掲載内容はこれまでにお知らせしたダイアログUIの変更や主人公であるHawkeに関する情報等が記されています。

さらにドイツの情報サイトGameStarに、GameInformer誌に掲載されたスクリーンショットなどを含む大量のプレビューが登場、情報元がドイツ語なので誤訳の可能性がありますが、主人公のHawkeにメイジの姉妹が登場する事や、前作に登場したモリガンの母Flemethも再登場する事が明らかにされています。詳細は以下でご確認下さい。

  • Hawkeの姉妹の名は”Bethany”、クラスはメイジ(スクリーンショットに登場)
  • 異端審問官の”Cassandra”がアートワークに登場、彼女は英雄であるHawkeに興味を示している
  • ドワーフのキャラクター”Varric”がアートワークに登場、彼はHawkeと共に旅する仲間で、Dragon Age IIで只一人のナレーターを務める
  • 前作にも登場したモリガンの母親である魔女Flemethも再登場の可能性あり
  • Hawkeは前作に登場した重要人物Teyrn Loghainの元で連合を呼び集めていた

スクリーンショットや新たに登場したアートワークは以下でご確認下さい。

(続きを読む…)

「Dragon Age II」のPC版とコンソールでは戦闘方法が変わる?さらにダイアログも進化

2010年7月13日 18:24 by katakori
sp
「Dragon Age II」 ドラゴンエイジ 2

今朝はすっかり垢抜けて良い意味でBioWareらしからぬ初スクリーンショットが公開された期待の続編「Dragon Age II」、先日お馴染みRay Muzyka氏から今作の主人公”Hawke”に関する様々な情報が明らかにされましたが、さらに戦闘システムやMass Effect 2スタイルのダイアログを更に進化させたシステムが実装される等、新しい情報が明らかになりました。

今回の内容もRay Muzyka氏から明らかにされたもので、前作では箇条書きが並ぶバルダーズゲートスタイルだったダイアログシステムが、Mass Effect 2に採用されたサークル状のダイアログシステムに刷新され、さらに選択部分にはどういった種類の反応を返すか、アイコンやシンボルで見た目に判りやすく補足が行われる事が判りました。これは国内のプレイヤーには嬉しい改善!

さらにプラットフォーム別の戦闘システムについても言及、前作でもPC版のみがBG的な見下ろし視点でプレイ出来る等、若干の差別化が図られていましたが、コンソール版との違いはさほど大きくない物でした。今作では前作と同じアプローチのストラテジックな戦闘はPC版のみになるとの事で、コンソール版はPC版を模倣するシステムではなく、よりコンソールに適合した戦闘システムに刷新される旨が記されています。

さらに本作のプロデュサーを務めるMark Darrah氏はDragon Age IIがシリーズ未プレイの新規ユーザーのための”新しい入り口”としての役割も果たす物になる事をアピール、しかし時代設定が前作と並行した物である事が判った本作が前作のプレイヤーにも十分満足出来る事も併せて補足されており、何らかの関連を匂わせています。

情報元:Greywardens

方向性が大きく変わった?「Dragon Age II」初のスクリーンショットが登場!

2010年7月13日 10:09 by katakori
sp
「Dragon Age II」 ドラゴンエイジ II

これまで数点のアートワークとカバーアートが登場し、そして先日は今作の主人公である”Hawke”に関する新情報をお知らせしたBioWareのシリーズ続編「Dragon Age II」ですが、昨晩GameInformerにて最初のスクリーンショットが2点公開されました。

登場したスクリーンショットにはdarkspawnのHurlockとOgre、そしてHawkeの戦う様子が描かれており、キャラクターのモデリングなども大きく改善されていますが、そもそものデザイン的な方向性から手が入れられている気配が大きく感じられます。

Hawkeの顔も前作のキャラクター達と比べるとすっかり垢抜けた印象で、これならキャラクターメイキングでいくら美人さんや男前キャラを作ってもゲーム内の見え方となんか違う……という事の多かった前作よりもカスタムしがいのある物になるかもしれませんね。

「Dragon Age II」 ドラゴンエイジ II
情報元及びイメージ:GameInformer

「Dragon Age II」の新しい主人公”Hawke”に関する5つの事実、なんと時代設定は前作と並行した物に

2010年7月12日 12:05 by katakori
sp
「Dragon Age II」 ドラゴンエイジ II

先日とうとう発表され、BioWareがMass Effectを超えて成功したシリーズだと評したDragon Ageシリーズ最新作「Dragon Age II」、数点のアートワークとカバーアートが公開され、主人公が人間種族の”Hawke”と呼ばれる人物である事が明らかになっています。

Hawkeは故郷を滅亡させたblightを生き残った人物とされていますが、その新たな詳細がGameinformerで明らかにされました。本作の種族が前作の様に選べなくなる事、MassEffectシリーズの様にHawkeもフルボイスで”喋る”キャラクターとなるなど、ゲームシステムに関係する内容となっています。

なお、blightについて少しだけ補足しておくと、blightは前作でも何度か見られたdarkspawn達の小規模な侵攻を指す物では無く、darkspawnにより古い神とされるarchdemonが発見され、眠りから覚めたドラゴン(archdemon)が力を増し地上へ現れる現象を指しています。

ドラゴンの目覚めにより地上の水や作物は腐り、さらに生き残った人やヒューマノイド、そして動物達は疫病に冒され、肉体的な変化さえ伴い、ヒューマノイドはグールに、動物達も突然変異を起こし前作で登場したblight wolfや蜘蛛達が新たに生まれる事になります。なお、前作のblightは5回目のblightである事がゲーム内で明らかにされており、Codexの内容が事実であれば古い神であるarchdemonは7人存在している事から、6回目と7回目のblightが残されている事になります。

前置きが長くなってしまいましたが、上記の事を踏まえてHawkeに関する新情報をご確認下さい。

  • Hawkeは喋るキャラクターになる:前作の主人公は喋る事が無く、所謂RPG的なキャラクターでしたが、Dragon Age IIではより映画的なアプローチを強くする為に喋るキャラクターとして描かれる事になりました。
  • Hawkeの種族は人間:これは主人公の種族を選べない事を意味します。しかし、BioWareがキャラクタークリエイトを無くした事を意味するわけでは無く、種族は選べませんが今まで通りクラスを選び、外観をカスタマイズし、性別を選ぶ事が可能です。
  • Hawkeはただblightを生き残っただけでなく、それを免れた:Hawkeの出身地はFereldenの南北を結ぶ小さな村Lotheringです。前作をプレイした方はリリアナが登場し、その後blightにより闇に飲まれてしまった事を覚えているかと思いますが、HawkeそのLotheringが陥落させたblightを生き残った人物です。その後Hawkeはdarkspawnの脅威と戦わず、Fereldenを後にし北方へと逃げる事になります。
  • HawkeはKirkwallのチャンピオン:Kirkwallは2回目のblightで重要な役割を果たしたFree Marchesの街に存在する有力な団体の1つです。Dragon Age IIの物語のいくらかがKirkwall自体に関する物となり、HawkeはKirkwallのチャンピオンとなる為に行動する事になります。
  • 物語はHawkeにより動かされる:Dragon Age IIはblightや古代の神を殺す為の物語ではない事が明らかにされています。ゲームはHawkeの10年の歴史を描き、プレイヤーは様々な関わりや彼の”後悔”を選択する事となります。その選択にKirkwallのチャンピオンという彼の立場が大きく関わる事になると記されています。

という事でなんと前作とほぼ並行した近い時代設定で描かれる事が明らかになった本作、前作のエンディングを考えると多くの重要キャラクター達の目論見が気になるようなならないような。そして、blightや古代の神とあまり関わりの無い話である事が記されていますが、じゃあアートワークに登場した女性のドラゴンらしき人物は誰なんだ!とか、ボックスアートでHawkeの背景に登場するドラゴンは一体……などなど気になる事が山盛りです。いずれにしても、前作からかなり異なるテイストで登場したDragon Age II、その全貌が明らかにされる日が今から楽しみです!

情報元:GameInformer
sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.