Digital Extremesが「Warframe」イベント“TennoCon 2022”の詳細をアナウンス、開催は7月17日

2022年7月1日 12:01 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Warframe」

本日、Digital Extremesが国内向けのプレスリリースを発行し、2022年7月17日に開催される「Warframe」の大規模デジタルイベント「TennoCon 2022」の詳細をアナウンスしました。

基調講演や開発者Q&A、各種パネルを含むスケジュールをはじめ、最新拡張“デュヴィリ・パラドックス”のワールドプレミア、Twitchドロップを含む豪華報酬/景品など、多数のディテールをまとめた最新のリリース情報とイベントのカウントダウントレーラーは以下からご確認ください。

TENNOCON 2022 デジタルイベントスケジュール: 没入型 Warframe ゲーム内イベント、大量の景品、主要なワールドプレミアを含む、 この夏最も人気のある Twitch のショーに参加しよう。

7 月 17 日の TennoCon では、「デュヴィリ・パラドックス」ゲームプレイの世界初公開や、ゲーム内の新イベント「The Duviri Amphitheater」でデュヴィリの世界を直接体験できるバレットジャンプなど、Warframe に関するニュース、アクティビティ、発表が目白押しです。

Digital Extremes は、7 月 17 日に開催される TennoCon の最前列で、世界中の 7000 万人を超えるWarframe プレイヤーに、コミュニティ活動、開発者パネル、ライブ Q&A セッション、ゲーム内体験、世界初公開の大型 SF アクションゲームのデジタルセレクションへの独占アクセスを提供する準備を進めています。複数のプラットフォームに無料で配信される Warframe のプレイヤーは、事前に Twitch とWarframe のアカウントをリンクすることで、TennoLive 中に非常に人気の高い Titania Prime のドロップを含む、一日を通してレアドロップを獲得するチャンスが得られます。また、Warframe のプレイヤーは、TennoLive の基調講演中にゲーム内に飛び込んで、没入型のリレーイベント「The Duviri Amphitheater」に参加し、Warframe の友達と一緒にデュヴィリの世界を簡単にインタラクティブに見ることができます。

TennoCon の新トレーラーでは、Digital Extremes のコミュニティ・ライブオペレーション担当ディレクターで Warframe の Lotus の声を担当するレベッカ・フォード氏が、世界中の Warframe プレイヤーに心温まるメッセージを送り、TennoCon での新しい没入型ゲーム内リレー体験を予告してから当日の活動スケジュールを公開しました。

YouTube で視聴: https://youtu.be/_cDAd6RZ0tA

「TennoCon は常にコミュニティをテーマとしており、Warframe のプレイヤーを TennoCon に招待することは、いつも一年のうちで最高の楽しみです。今年の TennoCon が本当に忘れられないものになるように、そして少し頭をひねるようなものになるように、私たちのチーム全体が懸命に働いています。

TennoCon では、Warframe の未来に向けた舞台を用意しますので、プレイヤーの皆様がゲーム内で我々と一緒にデュヴィリの世界に足を踏み入れるのが待ちきれません。」と、Digital Extremes のライブオペレーションおよびコミュニティ担当ディレクターのレベッカ・フォード氏は述べています。

Warframe の第 7 回 TennoCon は、日本時間 7 月 17 日午前 1 時に開幕し、独占開発者パネル、ライブ Q&A、景品、コミュニティ活動で盛り上がり、日本時間 7 月 17 日午前 6 時の Warframe のTennoLive 基調講演でクライマックスを迎える予定です。今年の TennoCon に参加するプレイヤーは、様々な方法でデュヴィリの世界を直接体験する機会を得ることができます。TennoLive では、Digital Extremes 社の待望のオープンワールド Warframe 拡張版「デュヴィリ・パラドックス」のライブゲームプレイを世界初公開するだけでなく、TennoCon 2022 のために開発した新しいゲーム内没入型リレーイベント「The Duviri Amphitheater」では、プレイヤーはデュヴィリに素早く移動して、Digital Extremes 社が作成中のワイルドパラドックスのタイムラインと世界を少し体験することができます。7 月 17 日のTennoLive 期間中に没入型のゲーム内リレーイベントに参加するには、Warframe のプレイヤーは星図で地球に移動し、マップから「The Duviri Amphitheater」を選択することができます。

「The Duviri Amphitheater」のゲーム内イベントには、TennoLive が始まる午後 5 時(米国時間)まではアクセスすることができません。

「Warframe」

7 月 17 日に Twitch, Steam, YouTube など複数のプラットフォームで無料配信され、プレイヤーは番組にチャンネルを合わせるだけで、無料のリワードにアクセスできる貴重な機会を見逃すわけにはいきません。Twitch と Warframe のアカウントをリンクして TennoCon の会場に参加すると、以下のリワードを入手することができます。Steam で視聴している方も、以下の手順で TennoCon と TennoLive Drops を請求することができます。報酬は、完了時にプレイヤーの Steam インベントリに配信されます。

「Warframe」

Warframe のプレイヤーは、景品、賞品、ゲーム内コンテンツの素晴らしいラインナップを見逃すことはありません。TennoCon と TennoLive に参加すると、HP OMEN ノートパソコン、HP OMEN キーボード、HyperX ヘッドセットなどのカスタム景品を獲得するチャンスがあります。さらに、HP OMEN Hub にログインすると、Ephemera を含むゲーム内アイテムを無料で入手することができます。TennoCon でのデジタルおよび物理的な景品に関する詳細については、TennoCon ウェブサイトの Digital Extras ページをご覧ください。

「Warframe」

プレイヤーは、新しいオペレータースーツ、アーマーバンドル、バロ・キティアのリレーアクセスなどを入手できる TennoCon デジタルパックで、Warframe の大きな祭典に備えることができます。TennoConグッズを購入することで、TennoCon 限定のシャツ、ピンバッジ(ストラップ、チャーム付き)、デジタルオービターディスプレイ、グリフが追加されます。TennoCon デジタルパックの購入は、TennoCon ウェブサイトをご覧ください。TennoCon グッズパックを購入するには、Warframe ストアにアクセスし、Darvo Merch Deals の一環として、8 月 1 日まで様々な Warframe グッズにさらなる大幅な割引を見つけることができます。

最新のアップデート情報を入手するには、 Twitch, YouTube, Twitter, Facebook,Instagram で Warframeをフォローしてください。Warframe は、PC(Steam、Epic Games Store)、PlayStation®4 およびPlayStation®5、Xbox Series X|S、Xbox One、Nintendo Switch™にて無料でプレイできます。

Digital Extremes について

James Schmalz が 1993 年に設立した Digital Extremes は世界でトップクラスの独立系ビデオゲーム開発スタジオの一つに位置づけられています。Digital Extremes は『Unreal』や『Unreal Tournament』(そしてその全バージョン) を含む、Epic Games の数百万本を売り上げる『Unreal®』フランチャイズ の共同製作から始まり、続いて『Dark Sector®』、PlayStation®3 向け『BioShock®』、『 BioShock 2』のマルチプレイヤー・キャンペーン、『The Darkness® II』の開発を行いました。このスタジオは基本料金無料のアクションゲーム『Warframe®』で同社にとって批評面・商業面で最高となる成功に達し PC, PS5®, PS4®, Xbox Series X|S, Xbox One, Nintendo Switch™では 7000 万人以上の登録ユーザーによるグローバルなコミュニティを誇っています。Extremes に関する詳細については、www.digitalextremes.com にアクセスしてください。『Warframe』に登録するには、www.warframe.com/jaにアクセスしてください。

情報元及びイメージ:プレスリリース

注目タイトルピックアップ

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.