初代Quakeのエンジンを使用する新作シューター「WRATH: Aeon of Ruin」のコンソール対応がアナウンス、PC製品版1.0と併せて2023年春に発売

2022年9月19日 10:34 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「WRATH: Aeon of Ruin」

往年のBuild Engineを用いた“Ion Fury”に続いて、初代Quakeのエンジンを用いる新作として、2019年11月に早期アクセス向けのローンチを果たした3D Realmsと1C Company、KillPixel Gamesの新作シューター「WRATH: Aeon of Ruin」ですが、週末に開催されたRealms Deep 2022にて本作のコンソール対応がアナウンスされ、PC製品版1.0の配信と併せて、2023年春の海外ローンチを予定していることが明らかになりました。

また、発表に併せて、Mourningvaleのガーディアン“Lady of Ascension”や多彩な敵との戦闘、新武器やレベルを紹介するトレーラーが登場しています。

“WRATH: Aeon of Ruin”の対応プラットフォームはPS5とPS4、Xbox Series X|S、Xbox One、Nintendo Switch、PC

『Wrath: Aeon of Ruin』

君は異国人だ。Ageless海で漂流していたが、死にゆく世界の海岸へと辿り着いた。すべてを覆う闇から現れたのは白衣を纏った姿、気まぐれな魂の指導者(Shepherd of Wayward Souls)だ。ここで君は、生き残った旧世界の守護者たち(Guardians of the Old World)を捕える使命を任される。君は、広大な闇へと突き進み、古代の遺跡を探索して、忘れられた秘密を解き明かしながら、そこに徘徊する恐怖と戦わねばならない。

伝説的なQuake 1エンジンを原動力としている『WRATH』の血には、崇拝すべき90年代シューターゲームのDNAが凝縮されている。『WRATH』は、『Doom』、『QUAKE』、『DUKE NUKEM 3D』、『BLOOD』、『UNREAL』、『HEXEN』といったいつの世代にも通用する正統派ゲームの要素を取り入れ、それを21世紀へと継承している。

並外れた力を持つ武器や強力なアーティファクトを装備した君は、敵を倒すために古代の地下墓所、沈没した遺跡、腐敗した神殿や荒涼とした森へと旅に出ることになる。敵を侮ってはならない。相手は強く、数においても勝っている。この先に待ち受ける危険から生き延びたければ、刃のように研ぎ澄まされた精神を持つ必要があるのだ。

情報元及びイメージ:Steam

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.