David Jaffe氏の新作「Twisted Metal」は”T”(13歳以上)レーティングを目指す

2010年6月21日 11:12 by katakori
sp

すっかり取り上げるタイミングを逃してしまいご紹介が遅れてしまったDavid Jaffe氏の新作「Twisted Metal」、E3で行われたソニーのプレスカンファレンスにて最後の最後で良い所を全部を持って行ったサプライズ登場にファン大歓喜!な復活となりました。

という事でめでたく復活と相成ったTwisted Metalは、スピンアウトを除けばなんと9年ぶりの復活となる訳ですが、全く勢いは衰えていないばかりか、久しぶりに登場したSweet Toothのトチ狂いっぷりは以前にも増して強烈で、ゲーム内容も開いた口が塞がらないようなカオスな物でした。

E3での直撮プレイ映像、これでTを目指す……だと?

ゲームの詳細については改めてお伝えしますが、先日Jaffe氏が今作のレーティングについて発言し、本作が“T”レーティング(13歳以上)を目指している事が明らかになりました。これは氏のtwitterにて発言されたもので、本当はM (17歳以上)タイトルにしたいが多くのビジネス的な利点を損なうことになるとして、Tを目指す旨を記しています。これにより、多くのターゲットへの訴求や、販売店からの支援、そしてTVコマーシャルの放送可能な枠が増える事などを明かしています。

久しぶりのフランチャイズ復活で、Eat, Sleep, Play初のAAAタイトルでもあり、やはり多くの新規ユーザーに楽しんで貰いたいところ。Jaffe氏には是非ぎりぎりのラインを攻めて頂きたいと思います。

情報元:CVG

レイマンがフルHDタイトルとして復活!「Rayman Origins」はエピソード形式に

2010年6月21日 10:21 by katakori
sp
「Rayman Origins」 レイマン オリジン

E3で行われたUbisoftのプレスカンファレンスで発表されたMichael Ancel氏の新作「Rayman Origins」、素晴らしい2D映像を実現するUbiArts flameworkを用いて作られる今作では、Michael Ancel氏以外のアーティストが手掛ける個性的なレベルデザインも楽しみの1つとなりそうです。

そんな今作の公式blogがオープンし、新しい情報が明らかになり始めました。まず今回利用されるUbiArts flameworkではフルHD(1920×1080)で60fpsで動作し、2Dアニメーションの作成に特化した画像変形やループ技術を実現する物だそうで、オリジナルのアートワークからHDクオリティの背景やアニメーションを多く生成する事が可能となっています。また、フルHDによりアーティストの作品をより魅力的に見せる事が出来る事も利点として挙げられています。

なお、各コンソールへどういった出力が行われるか、詳細については今の所明らかにされていません。

さらに本作はエピソード形式でリリースされる事が明らかにされており、一先ず年内に1作目をリリースする予定である事が記されています。価格についてはゲームのサイズと比例する物になると記されており、XBLAやPSNといったダウンロードタイトルになる事が予想されます。

さらに本作のアートワークを手掛けているアーティスト達の作品が5作品公開されており、いずれも素晴らしいクオリティながら全く違ったテイストとなっているので、エピソードはアーティストによって分けられるのかもしれませんね。久しぶりのレイマン復活がこの様な驚きと共に果たされるとは……リリースが今から楽しみです!

「Rayman Origins」 レイマン オリジン
「Rayman Origins」 レイマン オリジン
「Rayman Origins」 レイマン オリジン
「Rayman Origins」 レイマン オリジン
「Rayman Origins」 レイマン オリジン
情報元及びイメージ:Joystiq, Ubiart’s blog

スリルとサスペンスとハッピー!傑作CGアニメーション「Something Left, Something Taken」

2010年6月19日 19:13 by katakori
sp

今週は皆さんも平日の日常に加えて夜中のE3開催でお疲れの方も多いのではないでしょうか。サプライズ続きでゲーマーには激しい一週間、お疲れ様でした!という事で、マジメなゲームニュースばかりが続いたリフレッシュに、今年のインディペンデントな映像フェスで賞を総なめにしまくった素晴らしいCGアニメーション「Something Left, Something Taken」をお届けします。

この作品は独特のテイストとローファイさ、クラフト感溢れるキュートな映像山盛りで、内容は休暇を楽しむ為に出かけたカップルが乗り合わせたタクシーの運転手が、実はゾディアックな殺人……というもの。

CGアニメは技術やアートへの偏重が見受けられる作品が多い中この「Something Left, Something Taken」は10分という短編映像ながら、素晴らしいストーリーワークで見たものを虜にします。単純にストーリーが面白いCG短編映像は珍しいかも。ハッピーな映像でリフレッシュしてまた来週から頑張りましょう!

情報元:TINY INVENTIONS

[E3:2010] E3のハイライトならぬローライトシーンをまとめた秀逸な映像がGTで公開!

2010年6月19日 18:11 by katakori
sp

多くのサプライズが登場し大盛況の内に閉幕した今年のE3、開催前から噂話やサプライズの連続で本当に楽しい数日間でしたが、やはりこの盛り上がりを作ってくれたのはゲーム開発者やパブリッシャーのお馴染みの面々!捨て身のパフォーマンスで楽しませてくれた多くの関係者に感謝で一杯です。

という事で今回はGametrailersが編集したE3のハイライト……ならぬ愉快なローライトシーンを集めた映像をご紹介!いつもお馴染みの皆さんが本気で取り組んでいるからこそ楽しめる腹筋崩壊映像が満載となっています。

それにしても……いつも自信満々で力強いReggie氏の珍しい笑顔の破壊力は並々ならぬじわじわ加減、そして全体を通してあまりにも強いコナミのターン!GTが見せる編集の妙も素晴らしく、来年は一体どんなステージを見せてくれるか、今から楽しみです。

じゃあ今度は火でどうだ!アメージングな”火”アニメーション!

2010年6月19日 17:29 by katakori
sp

先日は机の上をキャンパスにブロックを用いてハイクオリティなアニメーションを実現した”my desk is 8-bit”をお届けしましたが、エクストリームなアニメーションならこれでどうだ!と言わんばかりに蝋燭の”火”を用いたストップモーション作品が登場しました。

内容は見ての通りのハイクオリティでPongにテトリスにパックマンの見事な動きが再現されています。この作品の制作したbrusspup氏は制作に2週間掛かったと述べ、多くの火!大量の煙!そして熱い!すごいストレスだった……と語っています。さぞ熱かったろう……。

情報元:tec.nologia.com

[E3:2010] 1UPが選ぶE3に登場したベストルックなタイトル10選!

2010年6月19日 16:16 by katakori
sp
「Top 10 Best Looking Games of E3」
全て新モデルで挑む「Marvel vs. Capcom 3」

昨日大盛況の中閉幕したE3ですが、1UPが今年のE3に登場したタイトルからベストルックな10タイトルを発表しました。これだけでも今年のE3の注目作品達のレベルの高さが伺える驚愕のラインアップと言えるのではないでしょうか。しっかし並べると凄い!

「Top 10 Best Looking Games of E3」
水口哲也氏の新作「Child of Eden」、美しすぎる!
「Top 10 Best Looking Games of E3」
お馴染みCrytekから映像技術の総合デパート「Crysis 2」
「Top 10 Best Looking Games of E3」
ウォーレン・スペクター氏の「Epic Mickey」制限の中でのデザインが秀逸
「Top 10 Best Looking Games of E3」
みんな大好きCliffy Bの「Gears of War 3」、Unreal Engineは今も表現力上昇中
「Top 10 Best Looking Games of E3」
Flowerを開発したTGCの新作「Journey」、これまでのタイトルと違ったテイストも魅力的
「Top 10 Best Looking Games of E3」
久しぶりのカービィ新作「Kirby’s Epic Yarn」これはたまらん!
「Top 10 Best Looking Games of E3」
Guerrillaの新作「Killzone 3」今回も物凄い映像を見せてくれそうです
「Top 10 Best Looking Games of E3」
ご存じカーマックの新作「Rage」、未だに謎の多いタイトルながら今回はカーマックも本気
「Top 10 Best Looking Games of E3」
大神で知られる木村氏と竹安氏のコンビで開発が進められている「El Shaddai」何度見ても謎だらけ!
情報元及びイメージ:1UP

レーザーモノクルサイトは男の浪漫、だが装着するおっさんが非常に怖い

2010年6月19日 13:22 by katakori
sp
「レーザーポインター」

本サイトではお馴染みの何でも作ってしまえレシピサイトInstructablesに片眼鏡のレーザーサイトが登場しています。そんなもん自作できるのか!作り方などはレシピを見てもらうとして、これを作ったLemonieさん!おっちゃんこええし、いくらなんでも出オチすぎだよ……。

上の動画がレーザーモノクルサイトを実際に装着した紹介映像ですが完全にホラー、ゆっくり近づいてくるなwwwあとまぶしいからこっちを照らすな……。

ちなみにこれを装着すると下の写真の様に見えるとの事。アイテム自体は浪漫なのになぁ……おっちゃんがおもしろすぎる!

「レーザーポインター」
情報元及びイメージ:technabob

これならいつアポカリプスになってゾンビに襲われても大丈夫だ「The Axe Sling」!

2010年6月19日 13:07 by katakori
sp
「斧ホルダー」

ゾンビ対策には必須の近接武器であるハンドアックス、これでいつアポカリプスが来ても大丈夫。ちなみに165ドルで販売されています。でも、これだと素早く取り出せないような気が……。

「斧ホルダー」
ナイスイケメン
情報元及びイメージ:Fashionably GEEK

「3DS」の立体視映像、7歳以下の幼い子供には見ない様勧めるとReggie氏が発言

2010年6月19日 12:44 by katakori
sp
「3DS」

先日行われた任天堂のプレスカンファレンスにて素晴らしいタイトルラインアップと共に発表され大きなサプライズとなった任天堂の新型携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」、ゲーム機では初のメガネを必要としない3D立体視の実現で大きな注目を集める本機ですが、初めての機能だけあって健康への影響について論じられています。

任天堂アメリカのReggie Fils-Aime社長は3DSについて、健康に関する問題はないと発言し、健康分野のエキスパートと仕事を進めており、広範囲な試験を行った上で、任天堂が最良で最も素晴らしい製品だけを市場に出していると語っています。

しかし、Reggie氏は近年の3D映画等で出されているメッセージと同じく、幼い子供はまだ目のための筋肉が十分に形成されていない事から3Dイメージを見ない様に勧めると発言、これが標準的な内容である事を強調し、かつて任天堂がリリースしたバーチャルボーイも同様であった事を明らかにしています。さらに、Reggie氏は”幼い子供”の境界が7歳あたりだろうと発言しました。

今回のE3展示ではプレイ時間も短い事から、3D立体視に関する頭痛や吐き気などについて報告は見られませんでしたが、やはりリリース後の長時間プレイに伴う健康への影響は、3D映画やTVでの立体視プレイと同様に全く無いとも言い切れないようです。

情報元及びイメージ:VG247

[E3:2010] 今年のE3への出席者数は4万5600人、2009年から4600人増

2010年6月18日 15:13 by katakori
sp
「E3 2010」

E3を運営し、米国のESRBレーティングの管理なども行うEntertainment Software Association(以下:ESA)が来年のE3スケジュールを発表、2011年の開催は6月7~9日で同じくロサンゼルスのコンベンションセンターにて行われる事になります。

この発表に併せて、今年のE3での出席者数が4万5600人であった事が発表されました。2009年の出席者が4万1000人だった事から4600人増で、イベント規模が大きくなった事が明らかになりました。

出展は300に達し、昨年は78ヶ国からの出席者が参加しましたが、今年は90ヶ国からの出席者がE3会場を訪れた事も併せて記されています。出展タイトルも大幅に増えており市場規模の勢いが感じられる結果となりました。

なお、2000年以降の過剰なお祭りイベント化(2005年は7万人が参加)の反動で規模が縮小された2007年の参加者は1万人、2008年には5000人と開催規模の縮小と共にゲーム産業の勢いにも衰えが感じられた状況から一転、正常な規模拡大が実現された様に思える近年のE3、来年以降の動向にも注目です。

情報元及びイメージ:Joystiq, CNET Reviews

[E3:2010] 頓挫したかと思われた映画「Gears of War」はまだ生きている、プレスリリースに進行中と記載

2010年6月18日 11:26 by katakori
sp
「Gears of War」 ギアーズオブウォー

先日E3会場の近くで行われたXbox 360のショーケースパーティにCliffy Bが登場、先日すでにお知らせしたビーストモードの紹介を行い、人気HipHopアーティストのIce-Tが新キャラクターのGriffinを演じる事などが発表されました。

この会場で行われたインタビューでCliffy Bが2007年から製作が難航している映画”Gears of War”について「どうなるかわからない状態」と発言、ハリウッドではこういう事が起こると述べ、今はこれだけしか言えないとなかなか思い通りに進んでいない状況を明らかにしています。

しかし、Gears of War 3のGriffin役にIce-Tがキャストされた事などを記したプレスリリースには、映画の計画が今も進められている事が記載されており、2007年に発表され2009年公開と予定されていた映画版の計画が頓挫した訳ではない事が明らかになっています。

情報元:Electronic Theatre

セガ新ハードの計画は無し「私たちはソフトウェア会社」とMike Hayes氏が発言

2010年6月17日 20:45 by katakori
sp
「セガ」

昨日から噂に上っていたセガが新ハードを開発中とのですが、Sega WestのボスMike Hayes氏がこれを笑って否定、「私たちはソフトウェア会社で、かつて確かに存在したが、ハードウェアに戻る事は確実にないでしょう」と発言しています。

心配する声も聞かれたこの噂ですが、早々に回収されて一安心のニュースでした。

情報元及びイメージ:vg247

[E3:2010] シルク・ドゥ・ソレイユによるマイクロソフト「Kinect」イベントが公開!

2010年6月17日 18:31 by katakori
sp

先日E3の開催に先駆けて行われたシルク・ドゥ・ソレイユによる「Kinect」イベントの映像が先ほどGametrailersにて公開されました。素晴らしいパフォーマンスと驚きのイリュージョンで今年のE3を飾ったショーがどのような物であったか、気になる方は是非ご覧ください。

[E3:2010] 連射しすぎ……驚愕の「Harry Potter and the Deathly Hallows: Part 1」プレイ映像2連発!

2010年6月17日 15:16 by katakori
sp

今月頭にハリー・ポッターがカバー動作を見せる驚愕のスクリーンショットと、分隊ベースのTPSプレイが収められた映像の登場で度肝をぬいた、ハリーポッター映画のゲームタイトル「Harry Potter and the Deathly Hallows: Part 1」、Electronic ArtsのBright Light Studioによって開発が進められているこのタイトルの新しいプレイ映像が登場しました。

映像にはギアーズ・オブ・ホグワーツ!としか言いようの無いカオスなプレイ映像が納められており、使用する魔法の種類によってスナイパーライフル的な魔法や、シールド魔法、バレットタイム魔法など、一体何のタイトルなのかさっぱり判らない大変な状況になっています。されに映像では実際にハリー・ポッターがカバーする様子が!(※ なお、今回の舞台はホグワーツではありません。)

今回はWii版のプレイ映像ですが、前回登場したプレイ映像といい、内容は恐ろしくカオスなのに妙にクオリティが高いのが何とも言えない魅力を醸し出しており、何故か気になる不思議なタイトルとなっています。これは実際にプレイして楽しみたい!

[E3:2010] 「任天堂が帰ってきた」Cliffy Bが今年の任天堂ラインアップを受けて発言

2010年6月17日 11:24 by katakori
sp
「Cliff B」

今年のE3では「Gears of War 3」と「Bulletstorm」のプロモーションに大忙しなCliffy Bですが、NowGamerのインタビューに登場したCliffy Bに、今年の任天堂の発表を大きく評価する発言が見られました。

今年のE3について聞かれたCliffy Bは、マイクロソフトが勝つかもしれないと語り、手掛けるタイトル達への自信を見せています。さらに、今年の任天堂について触れ「しかし、任天堂は帰ってきたと感じます」と発言、マリオやカービィとゴールデンアイのカムバックが自分にとってとても嬉しい事である事を明かし、マリオギャラクシー2に打ちのめされた事、そして今後もこれらのタイトルを楽しんでいきたいとの旨を発言しました。

任天堂の大ファンとして知られながら、Microsoftをパートナーに多くのコアゲーマーを魅了するタイトルを産み出し続けるCliffy B、プラットフォーム間の争いなどがしばしば見受けられる中、競合相手の功績を正当に認め敬意を示すクリエイターの存在はとても良い物だと感じました。イケメン!

情報元:NowGamer

[E3:2010] サプライズ山盛り登場!任天堂プレスカンファレンス総まとめ

2010年6月16日 3:22 by katakori
sp
「3ds」

先ほどE3の任天堂プレスカンファレンスが行われ、多くのサプライズが登場しました。一先ず今回のダイジェストをまとめてお知らせします!

– Wiiタイトル –

■ ゼルダ新作「Legend of Zelda: Skyward Sword」が実演

宮本氏が登壇し新作ゼルダ「Legend of Zelda: Skyward Sword」のデモンストレーションを行いました。Wiiモーションプラスとヌンチャクを剣と盾に見立て、より直感的なゲーム性が実現された事が明らかに。

ムチやカブトムシ、爆弾などそれぞれが特徴的で直感的に利用できるアイテムが登場し、UIにはリングメニューも採用され、非常にプレイしやすい印象を受けました。リリースは来年の予定。E3ではプレイアブル展示されているとの事で動画や新たな情報等は後ほど改めてお知らせいたします。

■ マリオのスポーツゲーム「Mario Sports Mix」が登場

バスケットやホッケー、バレーボールといった複数のスポーツゲームが盛り込まれたマリオのスポーツゲーム「Mario Sports Mix」が登場しました。リリースは2011年に。

■ Miiベースのパーティゲーム「Wii Party」

Miiをベースにした17種類のミニゲームが同梱されたパーティゲーム「Wii Party」がアナウンスされました。リリースはホリデーシーズン。

■ 大人気のダンスゲームに続編「Just Dance 2」が登場

ヨーロッパから火がつき脅威的に一定のセールスを保ち続けているJust Danceに続編「Just Dance 2」が登場。リリースは2010年秋。

■ 噂は本当だった「ゴールデンアイ」がアナウンス

先日から噂に上り、動画などもリークされていたコンソールFPSタイトルの金字塔「ゴールデンアイ」の新作が事前情報通りに登場しました。リリースは年末!

■ ウォーレン・スペクター氏が登場した「EpicMicky」

今回はミッキー帽をかぶらず登場したウォーレン・スペクター氏、未見のステージのプレイデモを上映し、事前情報で報じられたスチームパンクテイストの大幅な採用が無かった事が明らかになりました。蒸気船テイストの2Dステージなども登場。

■ 超キュートなカービィ新作が久しぶりに登場!「kirby’s Epic Yarn」がアナウンス

もう動画を見るだけで十分な程にインパクトの高い7年ぶりの新作「kirby’s Epic Yarn」がアナウンスされました。可愛くて死ぬ!

■ こちらも噂通り!「Donkey Kong Country Returns」が発表

こちらも数日前から噂になっていたドンキーコングの復活が実現しました。「Donkey Kong Country Returns」は横スクロールアクションでドンキーコングらしいハイスピードでテンションの高いゲームプレイの様子が上演されました。

– DSタイトル –

■ 期待の続編「黄金の太陽 DS」が登場

久しく続報の無かった「黄金の太陽 DS」が久しぶりに登場、”Dark Dawn”のサブタイトルが新たに加えられ、リリースがホリデーシーズンに予定されている事が明らかになりました。

– 「ニンテンドー3DS」が登場! –

「3ds」

かねてから登場がアナウンスされていた3D立体視をメガネ無しで実現する「ニンテンドー3DS」が正式に公開されました。リーク基盤通りのレイアウトで、タッチパネルは下画面のみ、アナログのスライドパッドを新たに搭載。DSiとの互換性を保持しています。モーションセンサーとジャイロセンサーを搭載、本体に用意されたカメラで3D写真の撮影が可能で、オンライン機能が大きく強化されています。

会場ではグラス無しのゲーム体験を強くアピール、岩田社長も登場し3DSの魅力を後述のタイトルラインアップなどを合わせ大きなサプライズとなりました。

– サプライズ山盛りの「ニンテンドー3DS」驚愕の対応タイトル! –

カンファレンスに登場した岩田社長は3DSの対応タイトルを紹介、あまりにもメガトン級なラインアップで会場は沸き立ちました。対応タイトルは以下。

  • パルテナの鏡新作
  • メタルギアソリッド:小島監督による製作タイトルとの事
  • ニンテンドッグス:猫も登場する模様
  • バイオハザード:完全新作
  • キングダムハーツ
  • ファイナルファンタジーフランチャイズタイトル
  • チョコボレーシング3D
  • セインツロウ:会場から笑いが聞こえました
  • アサシンクリードタイトル
  • リッジレーサー
  • Madden:EA Sportsタイトル
  • Ninja Gaiden
  • デッドオアアライブ
  • レイトン教授シリーズタイトル

[E3:2010] 事前情報をはるかに超えるカオスなパーティーとなった「Activision」イベントのまとめ

2010年6月15日 16:41 by katakori
sp
「Activision」

先日レディガガ姐さんにエミネム、アッシャーにジェーンズ・アディクションまで登場すると噂された「Activision」のプレビューイベントですが、どうやら事前情報などはるかに超える恐ろしいイベントだった模様です。先ほどイベントが終了し、そのイベントの様子をvg247がまとめて公開しました。イベントには5000人が出席し、有名人が山ほど居たそうです。カオスなハイライトは次の様になっています。

  • DJ Z-TripをゲストにUsherがパフォーマンス、その後Deadmau5がく○ラウドなのをいくつかやり、ジェーンズ・アディクションが登場してMountain SongとBeen Caught Stealingをプレイ
  • ストリッパー達と共に「True Crime: Hong Kong」が上映、リリースは来年に持ち越し
  • サウンドガーデンが登場しBlack Hole Sunを演奏、バックはロサンゼルス交響楽団……
  • トゥールのメイナードが登場してボヘミアンラプソディを歌う……なんの冗談だww
  • ここでさらにストリッパーが追加、なんとN.E.R.D.が登場し演奏、踊り狂うストリッパー達、トドメにドラムがトラヴィス・バーカー!!!何イベントだよ……
  • ステージが花火と炎、爆発の中リアーナがパフォーマンス、さらにエミネムが登場して爆発ショーを〆
  • そんな合間にDJ Hero 2とTony Hawk: Shred、そしてGuitar Hero: Megadethが登場!メガデス!

ガガ姐さんが何をやらかしたか記されていませんでしたが、会場には登場していた模様。後ほど映像やイメージなど登場する事を期待して待ちたいと思います。しかし上記の出来事が数時間のうちに同じ会場で行われたと考えると……というかカオスすぎて想像の上をはるか越えるActivisionの本気イベントでした。

こんなことやってるから……いつも守銭奴みたいに言われるんだきっと。でもここまでやれば逆にスカッと気持ちが良い!ほぼゲームに関係のないショーの内容に終始しましたが、あれこれ注目タイトルの続報なども登場している様子。そちらは改めてお知らせいたしますので、お楽しみに!

情報元及びイメージ:VG247

[Update] マイクロソフトの「Kinect」イベントがスタート、シルク・ドゥ・ソレイユも登場

2010年6月14日 13:17 by katakori
sp

UPDATE:6月14日13:17
シルク・ドゥ・ソレイユのイベントがつつがなく終了、価格とリリース時期に関する発表は行われませんでした。詳細は明日現地で行われるプレスカンファレンスに持ち越しとなりました。

UPDATE:6月14日13:07
イベント会場でKinect対応タイトルとしてStar Warsが上演、ライトセーバーとフォースを用いてダースベーダー と戦うゲームとの事。

現在はビデオチャットやKinectによるダッシュボードのコントロールを実演中。映画マイノリティ・リポートに見られた様な操作が実現されているとの事。

UPDATE:6月14日12:35
イベントにて「Kinect」ロゴと名称が公式に確認されました。

「Kinect」
「Kinect」

先ほどマイクロソフトの「Kinect」お披露目イベントがスタートしました。既に小島監督や板垣氏の会場入りも報じられ、Cliffy Bやフェリシア・デイといったお馴染みの面々が顔を揃えているようです。

1時間ほど前までフェリシア・デイがVipルームにてレースゲームとダンスゲームを俳優のBilly Crystalと遊んでいたとtwitしており、プレイアブルの展示が行われている事が明らかになっています。さらに先ほどシルク・ドゥ・ソレイユが登場、水による演出などがあるのか、会場の観客はポンチョのような外套を着せられ、これからパフォーマンスが行われる模様です。

Cliffy Bやフェリシア・デイがキュートな写真をアップしており、会場の盛り上がりが感じられます。Kinectに関する詳細など発表されしだい改めてお知らせいたします。

「Kinect」
「Kinect」
「Kinect」
「Kinect」
「Kinect」
「Kinect」
「Kinect」
「Kinect」
情報元:VG247, イメージ:Gamekyo, Twitter, Twitpic, All Games Beta
sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.