Wolfenstein II: The New Colossus

パックマン生誕30周年!E3のアニバーサリーイベントでパックマンは進化する?

2010年5月6日 11:57 by katakori
sp
「パックマン」

今もなお世界中のファンから愛されるナムコの重要キャラクターパックマン、今年はパックマン誕生30周年という事で、国内でも様々なイベントやキャンペーンが展開され、公式サイトでは誕生日までのカウントダウンも行われています。

ナムコはE3で30周年のアニバーサリーイベントを予定しており、招待状が各所に発送された模様です。その招待状にはなんとパックマンの歴史を祝うだけではなく、イベントで「フランチャイズの将来」についても明らかにされる事が約束されています。

これは新しいマルチプレイを備えたゲームセンター用のタイトル「Pac-Man Battle Royale」(パックマン・バトルロイヤル)を指していると思われますが、招待状には「未発表のコンソールタイトル、モバイル、アーケード、その他」が用意されている事が記されており、どうやらこの他にもタイトルが用意されている模様です。

ちなみに今年初めにはバンダイ・ナムコがPac-Man Rally Kart(パックマンラリーカート)の商標登録を行っている事が発見されており、2006年にリリースされたレースゲームのパックマンワールドラリー系のタイトル登場もあり得るのかもしれません。

30周年でパックマンに新たな進化が起こるのか、くれぐれもリアルなパックマンにはならないように今から期待して待ちたいと思います!

「パックマン」
参考画像:リアルなパックマン
情報元及びイメージ:Joystiq

「Halo: Reach」のベータテストが5月14日からシルバー会員もプレイ可能に

2010年5月6日 11:34 by katakori
sp
「Halo: Reach」 ヘイローリーチ

ついにODSTを持つゴールド会員向けにベータテストが開始された「Halo: Reach」、すでに存分に楽しんでいるファンの方達も多いかと思いますが、5月14日から(国内では5月15日の午前2時)シルバー会員でODSTを持つユーザーにもベータテストへのアクセスが可能になる事が明らかになりました。

国内では18日の午前2時頃にはベータテストが終了する事になっていますので、参加予定の方はなるべく早めに準備を済ませておいた方が良さそうです。

情報元:Joystiq

EAが「Medal of Honor」の新トレイラーを公開、発売日が10月12日に決定!

2010年5月6日 10:52 by katakori
sp

Electronic Artsが昨晩シリーズ最新作「Medal of Honor」の新トレイラーを公開し、併せてリリーススケジュールも発表され、本作のリリースが北米で10月12日、ヨーロッパで10月15日に行われる事が明らかになりました。

新しいトレイラーにはLeave a Messageとタイトルが付けられており、家族にメッセージを残す兵士の出撃の様子が描かれたエモーショナルな映像となっています。

なお本作はElectronic Artsによるシリーズの再生とFPSの王座奪還を担っている事が以前から発言されています。Gamasutraが最近行ったEAのボスFrank Gibeau氏へのインタビューでは「Medal of Honorでトップ10に入る為にシリーズをリブートしている」と発言、Gibeau氏は販売戦略にも触れ、まずコアなシューターファンに向けたマーケティングキャンペーンを行い、その後本当のマスマーケットに向けたキャンペーンを展開する2段階に分けた計画を進めていると発言しています。

さらにローンチには巨額の予算が掛かるだろう事を明かし、マーケットでの競争に参加し、多くのライバル達と競合するつもりであると強調しています。そしてGibeau氏はこのリブートにより「Electronic Artsが今後長い間Medal of Honorを手掛けていく事になると信じている」と本作への期待を語っています。

情報元:VG247, Joystiq

シリーズ新作「Assassin’s Creed: Brotherhood」のボックスアートがリーク、来週公式に発表か

2010年5月6日 10:13 by katakori
sp
「Assassin's Creed: Brotherhood」 アサシン クリード

4月末に”Assassin’s Creed: Brotherhood”と”Driver: San Francisco”のドメイン登録がUbisoftによって行われた事が確認されていましたが、昨晩海外情報サイトに「Assassin’s Creed: Brotherhood」のボックスアートが流出し、その存在が明らかになりました。

今回リークされたAssassin’s Creed: BrotherhoodのボックスアートはGameStopで使用される物で、Ezioの後ろに仲間と思われるキャラクター達が控えています。ボックスの背面にはゲームの概要も書かれており、伝説のマスターアサシンとなったEzioが仲間を率い、敵の中心地”ローマ”を攻撃するという内容が記されています。

さらに以前から噂のあったシリーズ初のマルチプレイも導入され、プレイヤーは操作するアサシンを選び、彼らが持つ暗殺スタイルを用いてマルチプレイを楽しむ事が出来る事にようになるようです。

さらにGameStopのプレオーダー特典には専用のマルチプレイヤー用キャラクターが用意されている事が記されています。海外ではアルタイルやサム・フィッシャーが登場するのではないかと予想されているようです。

なお今回のリークをうけて、Ubisoftはリークされたイメージの確認を行い、来週より多くの情報を発表する事を明らかにしています。

情報元及びイメージ:Joystiq

「Red Dead Redemption」の無料DLC”The Outlaws to the End Co-Op Mission Pack”が6月に登場

2010年5月5日 22:41 by katakori
sp
「Red Dead Redemption」

本日お知らせした「Red Dead Redemption」に登場する新しいDLCに関するニュースですが、先ほどRockstar Gamesがマルチプレイ用Co-opミッションが盛り込まれた無料DLC”The Outlaws to the End Co-Op Mission Pack”を6月にリリースする事を発表しました。

このDLCはXbox 360とPS3の両方が同時リリースされ、2~4プレイヤー用のマルチプレイCo-opミッションが6種類追加されるもので、DLC用の新たな実績とトロフィーも登場します。さらにRockstarは夏に向けてさらに2つの有料DLCをリリースする予定がある事を明らかにしています。

「Red Dead Redemption」

なお発表に合わせ6つの内3モードの詳細が発表されました。残る3モードについてもまもなくディティールが発表される模様です。

■ Walton’s Gold

Waltonギャング団が支配する金が豊富に産出されるキャンプで戦い、カートに素早く金塊を詰めて去るモード。ギャングは爆発物を装備している。

■ The River

いかだに乗り川を下り、反逆者Nosalidaの拠点を襲撃する。拠点には大量の武器が納められた武器庫があり、敵のいかだはガトリングガンを装備している。

■ Ammunition

メキシコ軍が拠点にした都市Tesoro Azulのゲートを、ヘビーキャノン、ガトリングガン、スナイパーライフルを用いて襲撃する。

「Red Dead Redemption」
「Red Dead Redemption」
情報元及びイメージ:Rockstar Games

新情報大量!「Gears of War 3」ロシア情報紙の特集内容が明らかに

2010年5月5日 20:49 by katakori
sp
「Gears of War 3」 ギアーズ・オブ・ウォー

本日ロシアのゲー情報紙で特集された「Gears of War 3」のイメージをお知らせしましたが、その特集内容が明らかになり始めました。イメージに見られた航空母艦らしき物が新たなベースとなるRaven’s Nestと呼ばれる物である事や、ストーリーの導入部、さらに新たな処刑に関する新要素まで山盛りとなっています。

  • 前作の終わり以降、マーカスとドム達はRaven’s Nestと呼ばれる航空母艦に避難した
  • ゲームはRaven’s Nestから開始される
  • Raven’s Nestを敵から守らねばならず、Raven’s Nest上のトマト畑を守るミッションがある
  • COGのプレスコット議長がマーカスに父親アダムが生きている事を明かす
  • ローカスト達はLambentにより拠点を追われた
  • Lambetは今回の主な敵となる
  • Lambetは一度に2、3人のCOG兵士と渡り合える程に強力
  • Lambetの触手はカバーエリアにも攻撃してくる
  • 有機的な爆弾を地下に射出するグレネードランチャーが登場する、これにより敵のカバー状態を攻撃可能
  • 新兵器のダブルバレルショットガンは2発の弾丸を装填可能だが、一度に2発を発射する事も可能
  • 発火性手榴弾の新グレネードが登場
  • 新登場のメカはSilver-Backと呼ばれ、弾数制限のないマシンガンとグレネードランチャーを装備(こちらは弾数制限有り)
  • 全ての武器にユニークな処刑行動が登場
  • ペンデュラムランサーでは敵の喉を掻き切る
  • ショットガンは首折り
  • モーターは頭部粉砕
  • 火炎放射器では相手を内側から炎で焼き尽くす
  • 新しいミートシールドでは捕らえたローカストのアーマーにグレネードを押し込み前方へ蹴り出す事ができる

新しいミートシールドがかなり愉快な事になっていて、なんというか笑ってしまうほどの過激さは次回もしっかりと健在の様子ですね。さらにダブルバレルショットガンの2発同時ショットはマルチで猛威を振るいそう……全くもって楽しみとしか言いようがありません。

「Gears of War 3」 ギアーズ・オブ・ウォー
マーカス達の新しい拠点aven’s Nest
「Gears of War 3」 ギアーズ・オブ・ウォー
マシンガンとグレネードランチャーを装備した新登場のメカSilver-Back
情報元及びイメージ:CVG

LucasArtsはウーキー族が主人公のスターウォーズタイトルを考えていた、が……

2010年5月5日 17:13 by katakori
sp
ウーキー
Star Warsシリーズ屈指の萌えキャラチューバッカ

先ほどシリーズ続編「Star Wars: The Force Unleashed II」のリリースが10月26日に決定した事をお伝えしましたが、なんとLucasArts内部でスターウォーズフランチャイズの新タイトルとして、ウーキー族が主人公のオープンワールドなアクションタイトルが考えられていた事が明らかになりました。が、残念ながらジョージ・ルーカス氏本人の判断からボツにされたとの事。

これはSStar Wars: The Force Unleashed IIが特集されたGamePro誌に掲載されたHaden Blackman氏のインタビューから明らかになったもので、2005年当時、LucasArtsではビデオゲーム新作によるスターウォーズフランチャイズの新展開を計画していたそうで、ウーキー族が主人公のタイトルを始め、幾つかのアイデアを考えられていたとの事。この内の1つがどうやらThe Force Unleashedシリーズへと結実した様です。

当時考えられていたこのウーキー族のタイトルはオープンワールドのゲームで、AT-STの掴んでストームトルーパーに投げつける様なスーパーヒーロータイプのゲームだったとの事。Blackman氏はマーベルコミックのハルクが活躍するオープンワールドタイトル”Hulk: Ultimate Destruction”にインスパイアされた物だった事を明かしています。

いやウーキー可愛いですが、見て見たいようなそうでもないような……という事で、このアイデアはジョージ・ルーカス本人により新フランチャイズはキャラクターのインタラクションとダイアログを重視する必要があるとの理由でボツになりました。……たしかにウーキーだらけのゲームだったらストーリーがよくわからない……かも。

情報元およびイメージ:1up

Infinity Wardから新たに1名がRespawn Entertainmentへ

2010年5月5日 16:27 by katakori
sp
「Infinity Ward」 「Respawn Entertainment」

スタッフの流出とRespawnへの移籍が止まらないInfinity Ward関連のニュースですが、新たに人事とリクルートスペシャリストを務めていたKristin Cotterell氏がRespawn Entertainmentへ移籍した事が自身のLinkedInプロフィールから明らかになりました。これでRespawnへの移籍は18名となりました。

先日Ubisoftを退職した事が明らかになった、Splinter CellやFar Cry 2を手掛けたClint Hocking氏の移籍もされるRespawn Entertainment、集団訴訟の件もあり、まだまだ騒動は収まりそうにありません。なお、退職及び移籍者のリストを最新の物に変更いたしました。

(続きを読む…)

「Star Wars: The Force Unleashed II」のリリースが10月26日に決定

2010年5月5日 15:15 by katakori
sp
「Star Wars: The Force Unleashed II」 スターウォーズ

昨年末のVGA 2009でサプライズ発表されたシリーズ続編「Star Wars: The Force Unleashed II」、長らく続報が聞こえてこない本作ですが、本日公式Facebookにて本作のリリースが10月26日に行われる事がアナウンスされました。

今月に入り海外情報紙のGameproでは特集も行われており、続編が前作の終わりから6ヶ月後の物語である事や、ライトセーバーを二刀流で戦う主人公の様子、雨天での迫力ある戦闘、舞台となるケイト・ニモーディア(クローン大戦後期の重要な戦場の1つ)の都市などが掲載されていました。今回のリリース発表に併せ続報の登場が期待されます。

オープンワールドRPG「Two Worlds II」のリリースが9月14日に決定!

2010年5月5日 14:16 by katakori
sp
「Two Worlds II」

昨年からリリースの延期が重ねられていたポーランドのReality Pumpが開発を手掛けるオープンワールドタイプのRPG「Two Worlds II」、もともと拡張パックとして開発していた物をナンバリングタイトルとしてリリースする事となった本作ですが、2010年春登場とされていたローンチが再度延期、しかし今度はしっかり日にちも明言され、今年の夏9月14日にリリースされる事が明らかになりました。

オープンワールドタイプのRPGとしてなかなか骨のある佳作だった前作Two Worldですが、今作の開発はかなり難航した様子で、その内容については多くは明らかになっていません。今作では前作のエンディング以降勢力を広げたDark Lord Gandoharが支配するAntaloor世界を舞台に、妹を救う為に旅するヒーローを演じる事となります。※ 姉かもしれません……。

今作では大量のミニゲームにAIの向上、Demons魔法の新しい管理システムと錬金術のシステムが刷新、さらにアイテムの分解や作成が可能になった新しいクラフトシステムが実装される事になっています。

前回お知らせしたデモンストレーションの直撮り映像では若干開発が進んだ様子が見受けられましたが、果たしてどうなる事か。リリース日も決定し、いよいよ後が無いTwo Worlds II、頑張れReality Pump!

情報元:Joystiq

「Red Dead Redemption」のDLCが明日公式アナウンス

2010年5月5日 13:42 by katakori
sp
「Red Dead Redemption」 レッドデッドリデンプション

5月18日のローンチにとうとう2週間を切ったRockstarの新作「Red Dead Redemption」、先ほど公式Twitterにて本作のダウンロードコンテンツの公式アナウンスが現地時間で明日の朝行われる事が明らかになりました。これに先んじてDLCの物と思われるイメージが一枚公開、どうやらマルチプレイ絡みのDLCである事が見て取れます。

パワードスーツ!?ロシアのゲーム情報紙で「Gears of War 3」特集

2010年5月5日 13:00 by katakori
sp
「Gears of War 3」 ギアーズ・オブ・ウォー
ドムさん……

先月、満を持して発表されたGears of Warシリーズ最新作「Gears of War 3」、リリースまであと1年程の本作は、まだその詳細はほとんど明らかにされていません。そんな中ロシアのゲーム情報紙がGears of War 3を特集、その内容がスペインの情報サイトに掲載されました。内容については今の所画像を見て得られる物しかありませんが、COG(統一連合政府)にパワードスーツが登場し、海上ベースにLambent?と思われる敵の姿などが確認できます。

「Gears of War 3」 ギアーズ・オブ・ウォー
「Gears of War 3」 ギアーズ・オブ・ウォー
パワードスーツ?逆関節だからロボットかな……COGのSilverback
「Gears of War 3」 ギアーズ・オブ・ウォー
右は誰だろう……
「Gears of War 3」 ギアーズ・オブ・ウォー
Lambentに埋められたローカスト達……
「Gears of War 3」 ギアーズ・オブ・ウォー
「Gears of War 3」 ギアーズ・オブ・ウォー
「Gears of War 3」 ギアーズ・オブ・ウォー
「Gears of War 3」 ギアーズ・オブ・ウォー
情報元及びイメージ:eldojogamer

「Fallout: New Vegas」新登場のハードコアモードには実績あり、そして……

2010年5月5日 12:21 by katakori
sp
「Fallout: New Vegas」 フォールアウト.
ナイスショット!

4月末にフランスで行われたBethesdaのプレスイベントから、Obsidianが開発中のシリーズ最新作「Fallout: New Vegas」のハードコアモードに関する新たな情報が出てきました。

本作のハードコアモードの内容については事前情報から、プレイヤーは水を飲む必要があり、弾薬が重量計算され、さらにstimpackの効果が瞬間では無くなり徐々に回復する事になった事が明らかになっていますが、本作のリードデザイナーを務めるChris Avellone氏がvg247に語ったところによると、プレイヤーがハードコアモードのプレイが厳しいと感じれば、いつでもノーマルゲームに戻す事が出来るとの事。

しかしその逆は不可で、ノーマルゲームからハードコアをオンにする事は出来ません。そしてハードコアモードを選択したプレイヤーの為に各プラットフォーム用に実績とトロフィーが用意されているとの事です。

なお、Avellone氏はハードコアモードを導入した理由について触れ、フォーラム等で前作Fallout 3のゲームプレイが簡単すぎたとのフィードバックが多く見られた事を挙げています。これに応え、十分に手応えのあるゲームプレイを実現するハードコアモードの登場という運びとなったようです。前作を遊び尽くしたプレイヤーには初回プレイをどうするか、悩ましい(嬉しい)選択がまた1つ増えたと言えそうですね。

情報元およびイメージ:vg247vg247

クレイトスのスパルタ時代の前日譚が描かれるPSP版シリーズ新作「God of War: Ghost of Sparta」が正式アナウンス

2010年5月5日 1:40 by katakori
sp

UPDATE:5月5日1:40

「God of War: Ghost of Sparta」 ゴッドオブウォー

先ほどティザーサイトの盾アイコンが4段階目に到達し、「God of War: Ghost of Sparta」の公式サイトがオープンしました。サイトにはティザーサイトに見られた雨の中に立ち尽くすクレイトスが描かれており、自身の悪夢と立ち向かうクレイトスの闇を想起させるようなイメージとなっています。

※ 以下アップデート前の本文です。

「God of War: Ghost of Sparta」 ゴッドオブウォー

先ほどPlaystation.blogにてGod of WarシリーズのPSP版新作「God of War: Ghost of Sparta」が発表されました。開発はChains of Olympusに続いてReady At Dawn Studiosが担当し、SCEAのサンタモニカスタジオと共同作業が進められているとの事。なお、リリースは2010年後半を予定している事が明らかにされています。

今作では前作に比べ25%もプレイボリュームが増やされ、改善された武器システムなどが新しく用意される模様、スケールの大きな映像表現を実現するとの事で、発表に併せて数点のスクリーンショットも公開されました。

「God of War: Ghost of Sparta」 ゴッドオブウォー

気になるストーリーはクレイトスがGod of Warとなる前日譚との事で、クレイトスがスパルタの戦士であった頃からGod of Warへのアセンションを果たすまでの物語が描かれているようです。ゲームではクレイトスにつきまとう悪夢も描かれ、長らく謎だったクレイトスのタトゥー、傷跡、そして家族について、ついにスポットが当てられる事となるようです。

先日存在が明らかになった謎のティザーサイトに見られたスパルタの盾のマークはGod of War: Ghost of Spartaを表す物だったようですね。ティザーサイトはまだ3段階目の状態ですが、こちらでもいずれ新たな情報が登場するのかもしれません。また、E3でも発表が予定されている模様、続報が楽しみです!

「God of War: Ghost of Sparta」 ゴッドオブウォー
「God of War: Ghost of Sparta」 ゴッドオブウォー
情報元およびイメージ:Playstation.blog

「Crysis 2」には巨大エイリアンやナノスーツと同等の力を持つ新エイリアンが登場する

2010年5月5日 1:23 by katakori
sp
「Crysis 2」

Crytekのエグゼクティブプロデューサーを務めるNathan Camarillo氏が「Crysis 2」に登場するエイリアンについて語り、ナノスーツと同じ能力を使ってくるエイリアンに加え、カバーエリアを破壊する巨大なエイリアンが新たに登場する事が明らかになりました。

Camarillo氏はナノスーツと同じ能力を使うエイリアンについて、プレイヤーが持つナノスーツの能力を全て使うことが出来ると発言、マップを横切る大きなジャンプや、スプリントなど駆使するタフなエイリアンがプレイヤーに挑戦するだろうと述べています。

さらに巨大エイリアンについては獣のような姿をしており、プレイヤーのカバーを破壊し無効にする能力を持っているとの事。プレイヤーが車の影にカバーすれば、この巨大エイリアンは装備したロケット弾で車を撃破し、プレイヤーの行動を阻んできます。

さらにプレイヤーが装備している武器に併せてエイリアンが行動を変えてくる事も明らかにされており、プレイヤーがハンドガンを持っている場合は対峙していても、一旦ロケットランチャーを装備すればエイリアンはカバー行動やサイドステップを行いだすとの事。

なお、Camarillo氏はライバル的なエイリアンの事を”彼”と呼んでおり、その能力も考ればいよいよ人型エイリアンの登場となるのかもしれません。さらに獣タイプのロケラン装備巨大エイリアン……ちょっとギアーズのブルマックが思い浮かばなくもありませんが、新登場のエイリアンの様子からは、やはりCrysis 2が前作よりも所謂ゲーム的な派手さを増したタイトルとなりそうな気配が漂っています。

情報元:CVG

Splinter CellやFar Cry 2を手掛けたUbiのデザイナーClint Hocking氏が退職、気になる行き先は……

2010年5月4日 14:38 by katakori
sp
Clint Hocking

先日見事な復活を果たしたサム・フィッシャーが活躍するSplinter Cellシリーズや、Far Cry 2を手掛けてきたUbisoftのリードデザイナーでクリエイティブディレクターも務めるClint Hocking氏が、先月4月26日に10年近く過ごしたUbisoftを後にした事を自身のblogで明らかにしました。

Hocking氏はUbisoft時代の自分が”あまりにも快適で、満足していた”と述べ、blogではにはそれらを捨てて新天地に向かおうとしている氏の心境が記されています。熱いコールタールの上を歩き、辛い境遇の中で眠る必要があると記したHocking氏の言葉からは、何か大きな決意の元にUbisoftを後にした様子がうかがえます。

今後何かのサプライズが控えているかもしれませんが、vg247にはなんとInfinity Wardメンバーで構成されるRespawn EntertainmentがClint Hocking氏を採用したと聞いたとも記されています。まだ噂段階のこの話、事実であればRespawnはInfinity Wardのリスポーンに止まらないドリームチームの結成を目指しているのかもしれません。

情報元およびイメージ:Joystiq,vg247

コントロール周りなどが改善された「Syphon Filter: Logan’s Shadow」のPS2版が6月1日に登場

2010年5月4日 13:30 by katakori
sp
「Syphon Filter: Logan’s Shadow Encores」

当サイトではおなじみのHipHopGamerのおっちゃんが嬉しそうに予言していたSyphon Filterシリーズの新作リリース、実際はPSPでリリースされたシリーズ最新作「Syphon Filter: Logan’s Shadow」のPS2版が登場という内容だった訳ですが、先日ESRBレーティング通過も発見されていた本作のリリースが6月1日に決定した事が明らかになりました。

開発を担当したのは”Resistance: Retribution”のPSP版を手掛けたBend Studioで、今回の移植にあたり操作システムを刷新、テクスチャの改善なども行われています。なお本作のシナリオは”耽溺者”や”哀国者”のアティカス・シリーズで知られるグレッグ・ルッカが手掛けており、スコアは映画300のコンポーザーAzam Ali氏が担当しています。

情報元:Gamespot

オーストラリアでEAの「Project Red」がレーティング通過、シンジケートのリメイクか

2010年5月4日 12:58 by katakori
sp
Syndicate

Electronic Artsの「Project Red」と名付けられたタイトルがオーストラリアのレーティング機関OFLCの審査を15歳以上対象タイトルとして通過したことが発見されました。※ 現在OFLCが非常に繋がりにくくなっています。

以前、The Chronicles of Riddickの開発で知られるStarbreeze Studiosによるシンジケートのリメイクが進められている事をお伝えしましたが、このリメイクが”Project RedLime“と呼ばれており、今回発見されたProject Redがシンジケートのリメイクではないかと予想されています。

先日はライセンス等契約に関する文書も発見されているシンジケートリメイク、なかなかその姿を見せてくれませんが、どうやら水面下では着々と準備が進められているようです。

情報元:Joystiq
sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.