「Army of Two: The 40th Day」のマルチプレイに新モード、Extractionの存在が明らかに

2009年10月23日 15:55 by katakori
sp

様々なゲーム性の改善が盛り込まれ前作の問題点をクリアにして生まれ変わる「Army of Two: The 40th Day」、今作はプロモーションも愉快な物が多く何かしらの突き抜けた気配が感じられる魅力的なタイトルになっています。同タイトルのマルチプレイに新しく「Extractionモード」が追加される事が明らかになり、その映像が公開されました。

このExtractionモードはGears of War 2のHordeモードの様な物で4人のチームで次々押し寄せる敵のWaveを生き延びると言う物。映像では最終的に多くの敵に囲まれてしまうプレイヤー達の絶体絶命な様子が見られます。なお、当モードは1月12日から予約者に向けて一般公開より先に1ヶ月間の独占プレイ期間が設けられています。

Army of Two: The 40th Dayはヨーロッパでは2010年の1月8日、北米では1月12日リリースの予定で、対応プラットフォームはXbox 360、PS3、PSPとなっています。

情報元:Destructoid

月に帰るナイスアイデアを思いついたラビッツ!「Rabbids Go Home」の新トレーラーが公開

2009年10月23日 15:27 by katakori
sp

いよいよ海外では10月27日にリリース、11月26日には日本語版も発売されるdoope!全力でイチオシの可愛いタイトル「Rabbids Go Home」の新トレーラーが公開されました。今回は月へ帰るナイスアイデアを思いついたラビッツの顛末は……というもの。はぁぁぁぁもう可愛くて可愛くてなんなんだこいつはけしからん……。あともう少しでラビッツ達に会えるかと思うともう居ても立ってもいられません。しっかし毎度のことながらクオリティが無駄に高い!

情報元:GoNintendo

iPhoneで5000タイトル以上のゲームの実績や操作方法、搭載モードまで色々見られる「GameCenter」アプリがリリース!

2009年10月23日 15:16 by katakori
sp
iPhone App Game

アメリカのゲームレンタルサービスをオンライン上で行っているGameFlyが新しくiPhoneアプリをリリース(※ iTunesが開きます)、「GameCenter」と名付けられたこのアプリは5000タイトル以上の海外ゲームタイトルの詳細やゲーム関係の最新ニュースなどが見られるというすぐれ物。

タイトル別に用意された発売済みのタイトルに、ニューリリース、そして近日発売の物がプラットフォーム別に分けられており、個別のタイトルに対して以下の様な情報を事細かに確認する事ができます。

  • プラットフォーム
  • パブリッシャー
  • ジャンル
  • リリース日
  • ESRBレーティング
  • ユーザーレーティング
  • ゲーム概要
  • HDD使用量
  • 使用コントローラ
  • ゲームモードの種類
  • 対応ビデオ解像度とオーディオ
  • オンライン要素
  • 操作方法
  • 実績やトロフィーのリストと内容
  • IGNのレビュー

本当に様々な情報が確認できる便利なアプリとなっています。さらにアプリ上からGameFlyのレンタルも利用できるようになっており、本アプリ自体は無料ですが、15日間以上の使用にはGameFlyのアカウント登録が必要になっています。さらに今後のアップデートで各タイトルのトレーラーやiPhoneからのレビュー登録、レーティングの投票なども行えるようになるとの事。非常に便利なんですがGameFlyのアカウント登録が有料なのが痛い所です。しかし、すでに同サービスを利用されている方には素晴らしく便利なアプリになる事は間違いなさそうです。

情報元及びイメージ:Shacknews

テッセレーション効果が凄い!PC版「Colin McRae: DiRT 2」のDirectX 11デモンストレーショントレーラーが登場

2009年10月23日 14:25 by katakori
sp

Codemasterが開発を進めているレースゲーム「Colin McRae: DiRT 2」コンソール版はすでに先月発売を迎えましたが、PC版のDiRT 2はDirectX 11対応を果たすために開発を続行北米で12月1日にリリースが行われます。本日、DirectX 11対応でDiRT 2がどのように生まれ変わるのか実際に感じられるDirectX 11を用いたデモンストレーション映像が登場しました。

映像では主にDirectX 11の新機能であるテッセレーション機能にスポットが当てられており、布の表現に用いられている様子や、大量に配置された観衆、そして非常に効果が感じられやすい動的なディスプレイスメントマッピングが適用された水面の表現、そしてライティングや数々のポスプロ効果が確認できます。水面の表現などは本当に素晴らしく美しい物に仕上がっており、DirectX 11での効率化がかなりリッチな表現へと昇華されている事が感じられます。

映像はさらにもう一本公開されており、こちらも超ド派手なレースの様子が確認できるCodemasterの近年のタイトルらしいスタイリッシュな映像が楽しめます。

情報元:Shacknews

Ezioの長い人生のドラマを描く「Assassin’s Creed II」、新デベロッパーズダイアリーが公開

2009年10月23日 11:17 by katakori
sp

年末商戦のビッグタイトル御三家「Assassin’s Creed II」、今作のストーリーでは主人公となるEzioの憎しみと復讐のドラマが30年にわたって描かれる事が明らかにされています。お馴染みのデベロッパーズダイアリーが公開され、今回はEzioの長い年月による移り変わりが確認できる物になっています。おっさんEzioかっこいい……

なお映像では今作から導入された鎧などの装備で見た目が変化する様子なども見られます。Assassin’s Creed IIは、PS3とXbox 360版が北米で11月17日、EUでは11月20日にリリースされる予定で、残念ながらPC版のリリースは2010年第1四半期への延期が発表されました。

情報元:Joystiq

おっもしろそう!「Left 4 Dead 2」のお約束の嵐が吹き荒れる新しい映像がリーク

2009年10月23日 11:00 by katakori
sp

前作よりも倍以上にパワーアップした大キャンペーンも展開され、内容も盛りだくさん!新要素もたっぷり追加された期待の続編「Left 4 Dead 2」、本タイトルの新トレーラーと思われる映像がリークされました。

このトレーラーはシネマティックな物で、前半の埃っぽいライティングから台詞回しチェンソーからエレベーターまで、あれこれゾンビとホラー映画のお約束感たっぷりで本当に楽しそうな映像に仕上がっています。いよいよショッピングセンターも舞台として登場する事になったLeft 4 Dead 2、リリースは11月18日で対応プラットフォームはPCとXbox 360となっています。

情報元:Joystiq

PC版「Modern Warfare 2」の必要動作スペックが明らかに

2009年10月23日 10:40 by katakori
sp
MW2

マルチプレイに関する大改革で熱い論議が続いているPC版「Modern Warfare 2」ですが、GAMESTOPの広告から同タイトルの必要動作スペックが明らかになりました。

OS: Windows XP/Vista
CPU: AMD 64 3200+、Intel Pentium 4 3.0Ghz以上
メモリー: 512MB (Vistaの場合は1GB)
グラフィック: Shader 3.0対応256MB以上のビデオメモリを搭載したビデオカード
(GeForce 6600GT以上、またはRadeon 1600XT以上)
ハードディスク: 16 GB以上の空き容量

CPUの要求速度以外は割と一般的なスペックでプレイ可能なようです。大改革に伴って混沌とした状況が続いているPC版Modern Warfare 2ですが、いよいよ発売まで20日を切りました。リリースは11月10日、Xbox 360とPS3と同時リリースとなっています。

情報元及びイメージ:Joystiq

「Call of Duty: World at War」のマップパックの売り上げが7000万ドルに達する

2009年10月22日 19:22 by katakori
sp
CoD WaW

Activisionは「Call of Duty: World at War」でリリースされた3つのマップパックの販売による売り上げが7000万ドルを越えたことが明らかになりました。それぞれが10ドルで販売されているので、単純に700万単位のマップパックが販売された事になります。

これはGamasutraが行ったアメリカ人がどれくらいCall of Duty: World at Warに金銭を費やしたかを調べた結果から明らかにされたもので、リリースが待たれる「Modern Warfare 2」や海外では大流行のGuitar HeroやDJ Hero等も考えると、ゲームビジネスの中でダウンロードコンテンツの重要性はどんどん増している状況にあると言えそうです。

情報元:Eurogamer, イメージ:Flickr

「Mr.PAIN」の開発元Idol Mindsがソニーの予算削減によりレイオフ

2009年10月22日 18:57 by katakori
sp
Mr PAIN

コミカルなゲーム性で海外でも大人気だったPSNタイトルの「Mr.PAIN」ですが、同タイトルの開発元であるコロラドのデベロッパIdol Mindsが大規模なレイオフを敢行した事が明らかになりました。Gamasutraによると、Idol Mindsはソニーの予算削減によりスタッフの半数を失った状態にあるとの事。

この原因とされる”ソニーの予算削減”というのがどういう規模の物で、他のスタジオまで及ぶ物なのかはまだ明らかになっていません。Idol MindsはCoolboardersシリーズ等でもヒット作を生んできたデベロッパーで500万本以上のタイトルを販売してきたとの事です。

情報元:Develop, イメージ:Mr.PAIN公式サイト

パイ好きなWinterbottom氏は80時間のエピックなゲームにもう疲れました

2009年10月22日 18:43 by katakori
sp
P.B.Winterbottom

パイ好きな変なおっさんWinterbottom氏が大量増殖しながらパイを追い求めるカオスなパズルゲー「The Misadventures of P.B.Winterbottom」、60年代テイストに味わい深いモノトーンのアートワークになぜか良いリズム感と笑うしか無いような何らかの過剰さで一度見たら忘れられない素晴らしいおっさんの佇まいも併せて、当サイト期待のおもしろそうなタイトルの一つです。

先日GamasutraがThe Odd Gentlemenの設立者Matt Korba氏に行ったインタビューによると同氏は近年のボリュームが多いエピックなタイトルよりも、短いプレイ時間で満足できるタイトルに注目しているそうで、こういったタイトルの開発はインディーなデベロッパの強みでもあり今後の方向性の一つとも言えそうです。

という事でThe Misadventures of P.B.Winterbottomも恐らくぎゅっと内容物が詰まった濃い物になるのではないでしょうか。LucidytyやMachinariumの様な素晴らしいタイトルの潮流がこれからも続いていく事を期待しています。本作はXBLAで2010年初頭に2Kからリリースされる予定です。

情報元:Joystiq

美しい……「Assassin’s Creed II」の新スクリーンショットが登場

2009年10月22日 17:45 by katakori
sp
Assassin's Creed II

前作に比べゲーム性も大きくパワーアップしたとされる期待の続編「Assassin’s Creed II」、海外の情報サイトに新しいスクリーンショットが登場しました。これまでに見たことの無いシーンなどが確認できるハイクオリティな映像が確認でき、これらからもゲーム性のバリエーションが大きく拡がっている事がありありと感じられる物になっています。
短編映画化や三部作以上の展開など、ゲームを越えたコンテンツホルダーを目指すと公言するUbisoftの今後を占う大事なIPとなりそうなシリーズ最新作Assassin’s Creed II、北米で11月17日、EUでは11月20日にリリースされる予定で、対応プラットフォームはPC、PS3、Xbox 360となっています。

Assassin's Creed II
Assassin's Creed II
Assassin's Creed II
Assassin's Creed II
情報元:VG247, イメージ:gamikaze

マスターチーフvs. プレデター!な絶妙にクオリティが高いお子様コスプレ

2009年10月22日 17:27 by katakori
sp
halo vs pred
プレデターちっちぇえ!

マスターチーフとプレデター、どっちが強いのか!あまりに出オチなネタではありますが、クオリティが高いような…そうでないような、そして両ヒーローを演じる二人の凶悪な可愛さになんとも良い感じのテイストを醸し出している素晴らしいコスプレ写真が公開されています。ご両親達が一生懸命作ったりしたのでしょうか、手作り感満載なのに良いシルエット!そして何よりこの子達が本当に楽しそうで何よりです。

halo vs pred
チープなのにかっこよい
halo vs pred
良いマスク!
halo vs pred
halo vs pred
そして良い笑顔!
情報元:Hawty McBloggy, イメージ:Flickr

「Operation Flashpoint: Dragon Rising」のネットワーク最適化のパッチがDLCと共に登場

2009年10月22日 16:22 by katakori
sp
Operation Flashpoint

リアル系のFPSの代名詞とも言えるOperation Flashpointシリーズ、今月リリースされた同シリーズ最新作となる「Operation Flashpoint: Dragon Rising」相変わらずのハードな内容でコアなFPSファンにはたまらないタイトルに仕上がっています。

今月末に最初のダウンロードコンテンツが登場する予定になっていますが、このDLCにはネットワークパフォーマンスの最適化パッチも含まれているとの事で、本作を楽しんでいるプレイヤーには必須の物となりそうです。さらに今後もいくつかのDLCが予定されているようで、近いうちにアナウンスが行われる予定となっているようです。

情報元及びイメージ:That VideoGame Blog

HELL YEAH!「Brutal Legend」のケーキ!

2009年10月22日 16:11 by katakori
sp
Brutal Legend

とうとうリリースを迎えたジャック・ブラックとティム・シェーファーの「Brutal Legend」、海外でもなかなかの高評価で好調の様です。二人ともプロモーションにひっぱりだこで憎めない二人の可愛さの相乗効果でより楽しそうなタイトルに仕上がっていると言えます。そんなMETAL!なBrutal Legendのリリースを祝ってかケーキが登場しました。

アックスにフライングVに謎のドクロ!METAL!血糊も十分なハイクオリティなケーキに仕上がっています。Double Fine Productionsが開発したヘビーメタルアクションのBrutal Legendは、10月13日にリリースされました。対応プラットフォームはPS3 とXbox 360となっています。

情報元及びイメージ:technabob

マイクロソフトCEO、Steve Ballmer氏がXbox360用の周辺機器としてBlu-rayドライブを取り入れる可能性を示唆

2009年10月22日 15:34 by okome
sp
Blu-ray

先日GizmodoがマイクロソフトCEOのSteve Ballmer氏に行ったインタビューの中で、同氏はBlu-rayドライブをXbox360用の周辺機器として用意する可能性があることを明かしました。

Steve Ballmer氏は「私たちがXbox 360にBlu-rayを導入する必要があるかどうかは分かりませんが、ユーザーは周辺機器でBlu-rayドライブを手に入れることができるでしょう」と発言し、Blu-rayドライブをXbox 360内部に内蔵せず外部アクセサリーとして取り入れる可能性がある事を示唆しました。

この発言に対しマイクロソフトは「私たちの将来の計画に関するコメントをする準備はまだありません」とSteve Ballmer氏の発言を撤回しています。

情報元及びイメージ:1UP

続報:いよいよイベント開催前日、レゴマリオはどうだ!はやく閉じてあげて……

2009年10月21日 18:44 by katakori
sp
レゴマリオ
こわいこわい

2週間にわたってお知らせしてきたオランダのゲーム情報サイトGAME MANIAとレゴビルダーのDirk Van Haesbroeck氏が製作している世界最大のレゴマリオ、22日から開催されるレゴの祭典「LEGO WORLD」に出品するべく作り始められたマリオですが、いよいよ開催直前となり日本時間では明後日辺りからイベントが始まると思われます。

本日の進み具合ですが顔半分くらいまで!出来ています。ヒゲも完成し、微妙に目も現れ始めています。しかし形が複雑になってきてグロいことこの上ない……急いで閉じてあげて欲しい気持ちで一杯です。しかし泣いても笑っても既にイベント直前!Haesbroeckさん頑張ってええええええええ!

レゴマリオ
かわいい
レゴマリオ
こええ!こええ!
情報元及びイメージ:Game Mania

PC版「Modern Warfare 2」のマルチプレイに関する詳細が発表、「IWnetのスタートは改善」

2009年10月21日 10:46 by katakori
sp
MW2

先週末に発表されたPC版「Modern Warfare 2」のdedicatedサーバが廃止される問題は瞬く間に署名運動まで発展し、すでに10万を超える状態にまで炎上する騒ぎとなってしまいました。かなり思い切ったInfinity Wardの改革とdedicatedサーバ廃止のインパクトが強く詳細な情報の発表が待たれていましたが、昨晩Robert Bowling氏からの発表がありました。

Robert Bowling氏によると、まず今回の騒ぎは誤解でありあくまでIWnetのスタートは改善である事を強く強調しています。さらに心配の種とされていたMOD導入に関する問題もInfinity WardはMODの存在を重要視しており優先度が高く設定されているとの事。そしてIWnetのスタートがこれまでのInfinity WardのPCタイトルに関連する投資の中で、最大の物である事も明かされています。

大枠の概要としてはこれまでの様に自由なdedicatedサーバの立ち上げが廃止され、全てのマルチプレイサーバがIWnet管理下に置かれ、これまでのdedicatedサーバに変わる物として集中管理される事になります。プレイヤーはアドホック型の様な気軽さで、これまでのdedicatedサーバ的な快適な対戦を楽しめ、著作権侵害やハック、そしてチート等からのストレスからも解放されるという近年の新しいシステムの一長一短を良いとこ取りでまとめた様なシステムであるようです。憶測の域を超えませんが国内大手の対戦サーバの台数の調整等も恐らくここに関係しているのではないでしょうか。

■ マッチメイクとスムースなゲームプレイ

これまで快適なマルチプレイを望む場合には、個々のサーバ管理者によってホストされたサーバをリスト化したサーバブラウザからpingや利用modの内容などを選びながら手作業でプレイする場所を選択してきました。

IWnetではこの手間を全て取り払ってプリセットで用意されたプレイリスト(ゲームタイプやカスタムルールなどが含まれたリスト)の中からプレイヤーが望む物を選択するだけでプレイ可能になります。

この選択に対してIWnetはPingやパフォーマンス、ロケーション、接続環境などからベストなサーバを自動的に提供する事になります。また、プレイヤーランクではなくプレイヤースキルに併せたマッチングもここで行われるとの事です。単純にこれが良い物であるかどうかはサーバや回線品質の問題が絡んで来ると考えられますが、Robert Bowling氏は単純にランダムなゲームを提供するような物ではないと語っています。

■ プレイリストとプライベートマッチ

上記で述べたプレイリストの内容はプリセットを用いた簡易でパブリックな内容と言えます。ライトユーザーには非常に恩恵のある話ですが、クランにとってはやはり練習やクラン戦などで特定のルールにカスタム可能なシステムが必要になります。

プレイヤーはプライベートマッチを始める事ができ、これはこれまでのプライベートサーバを稼働させる事に非常に似たモードであり、完全なコントロールが可能な物であるとの事。ルールを設定し、参加メンバーを設定し、メンバー以外のプレイヤーをキックする事も可能です。

一旦これらを設定すれば、ここに相手のクランを招待したりクラン内でのカスタムルールで練習する事なども簡単に始める事が可能です。さらにここにはMODの設置に関するカスタマイズも含まれるとの事。

■ パーティシステムとフレンドリスト

IWnetでは友人達との対戦もより簡単に行われるようになります。フレンドリストの友人達はオンラインかどうかが判断でき、そこからゲームに招待する事も可能です。パーティに招待されたプレイヤー達は一つのグループとして、グループ単位でゲームからゲームへの移動が可能になります。これはクラン等のプレイでもかなり便利な機能となりそうです。

■ チートとハックからの解放

IWnetでの最大の恩恵はチートとハックの排除だとRobert Bowling氏は述べています。全てのマルチプレイサーバをIWnetでモニタリングと一元管理を行う事により、aim-botや壁抜けハック、先日CoD4でも問題になっていたチート利用者の問題等が全て解決されるとしています。またVAC(Valveの反チートシステム)の導入もこれをボトムアップし、さらに著作権侵害の問題も同時に解決可能な物だとされています。

以上の様な内容が発表されました。雑感としてはやはりサービス開始後の品質が全てと考えられますが、かなり大きな投資をしていると言う事や、実質はdedicatedサーバの廃止ではなく、dedicatedサーバの一元管理とサーバのクラウド化が大きな目的と言えそうです。これに関してはdedicatedサーバの販売も予定されているという噂も聞こえてきており、単純にフリーなdedicatedサーバが無くなるというインパクトに目的と論点がスライドしている状況であるとも言えそうです。

これらの総合的な改善により、プレイヤーやクランは「より簡単に、そして白熱して、自由に」ゲームを楽しむ事ができるとRobert Bowling氏は発言をまとめています。

いずれにしてもリリースされてみないと判らない部分はありますが、これが本当に巨大なシステムで品質の良い物が提供されるのであれば、近年マルチプレイはハードコア化によって死んだ(かつての格闘ゲームブームの様に)とされる市場の状況にも活気が戻るのかもしれません。国内での展開なども併せて気になるところですが、Infinity Wardも並々ならぬ気合いで望んでいる様子で今後の展開に期待してリリースを待ちたいと思います。

あのFuturemark Games Studioによる「Shattered Horizon」のハイクオリティ映像がとうとう公開!

2009年10月20日 16:36 by katakori
sp

グラフィックベンチマークの標準とも言える3DMarkシリーズを開発してきたFuturemark Games Studioが制作中のオンラインのマルチプレイFPS「Shattered Horizon」の超絶ハイクオリティな映像がとうとう公開されました。映像ではFuturemark社らしい美しいモデリングや宇宙空間での特徴的なライティングなど先進的なグラフィックを確認する事ができます。

すでに開発はベータテストなども行われる段階に入っており、年内リリースの予定である事からこれから続報なども増えてくるのかもしれません。なお、Shattered Horizonの対応プラットフォームはPCとなっています。

Shattered Horizon
Shattered Horizon
Shattered Horizon
Shattered Horizon
sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.